Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
金太の大冒険
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

金太の大冒険 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2002年6月 7日 23:30 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽      BBS


分かる人は分かるかもしれません…。
この曲を部署の後輩M氏から借りました(ぉぃ)。木曜日、別プロジェクトだけどトリトンは一緒という後輩M氏と外で昼を一緒に食べたのだけど…持ってるってコトでさ。彼が、早速…今日持って来てくれたという訳! 俺のMOの中のコミックソングコレクション、また増えたぞぉ!!(笑)


ちなみに、なぜこの曲の話をするかというと…
実は、月曜日の打ち上げの後、ウチのプロジェクトの先輩のW氏、S氏と自分の3人で東京駅の八重洲側で23時30分から1.5時間ほどカラオケをしたのです。3人でメチャクチャな曲ばかり唄って、かなり面白かったのですが、W氏が唄ったこの曲は俺の中では違いました。さすが、一時期放送禁止であっただけあり(※何年か前に解禁とか)、よくできた歌詞。で、密かに探そうと思っていたのだけど、あまりに身近なトコにいたという訳(苦笑)


しかし、この曲を作詞&作曲をし…
歌詞で並べた言葉を意識しながら唄っている、つぼイノリオ氏はスゴイよなぁ。言葉遊びをココまでストーリー仕立てにするには、俺は持って生まれたセンスが必要だと思うから、ある意味で本当に尊敬しちゃう。嘉門達夫氏というか、清水国明氏というか…このような方々と気が合うだろうなぁ(謎)。ちなみに、彼の曲には他の曲でもスゴイのがあるみたいだけど、是非聴いてみたいもの。もし、持っている方がいたら貸して下さい...m(__)m

そうそう…金太の大冒険を聴いてて、1つ気になったコトが。。。
“金太の大冒険”と、俺が中高生の頃?赤坂泰彦氏がミリオンナイツというラジオ番組で流行らせた“尾崎家の祖母(まりちゃんズ)”と、メロディー&コード進行がとても似ているの。しかも、よく調べてみると、この2曲…発表された時期が同時期。どちらかがパクったとも思えなくもないぐらい。この件について何かご存知の方がおりましたら、是非教えて下さい...m(__)m

<Postscript>

これを書いてて、何か決まった気がする。
俺からのお礼として後輩M氏のCDRにワザとまりちゃんズの曲を入れて返そう...ぉぃ:爆


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-A. 作品関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails