Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
トルコ人アーティストのCDも購入したしなぁ…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

トルコ人アーティストのCDも購入したしなぁ… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2004年11月21日 23:30 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽      BBS


昨日の日記にも書いた通り…
登戸へ行く前に以下のスガシカオ氏の最新作を購入しましたが、、、

帰国後の日記でも記載した通り、トルコでもアルバムを2作購入しております。
このため、家で音楽を聴く時間を意識的に増やしてます。


ちなみに、自分がトルコで購入した作品のアーティストのコト…
皆さん、絶対に知りませんよ。賭けをしたって良い位!


Murat KekilliとRafet El Romanという…
両男性アーティスト(Singer&SongWriter)をご存知の方、おりますか?
「知ってる!」と言った貴方、「自信を持って知っていると言ったけれど、“Murat”を“Murata”と見間違えただけですから。残念!!」としておきましょうか。


なんで、自分も波田陽区の影響を受けなあかんねん…。
忘年会のネタの練習って言われてまうわ(謎)。そもそも、見間違えるかよ…。まぁ、イイけどさ。っていうか、ギター侍の唄って聴いたコトないので聴きたいのですけど。波田陽区にそんなコトを言ったら、「そんな貴方の分は用意してませんから。残念!」と言われそうだけど。


それはさておき…3作共、好作品ですよ。でも、どれも収録時間が短過ぎるかな(贅沢な…)。
スガシカオの作品は日本人の誰かが評価するので、今日の段階では割愛するとして…この日記には日本で発売されているのか、やや微妙なトルコの2作品を紹介しましょうか。両CDは36~37分。アルバムを通じても、4分行く曲が殆どナイので、あの国はそんな御国柄なのかもしれません。


ちなみに、自分の第1希望は、Murat Kekilliの作品で、系統的にはロック。
日本のアーティストで言うと…そうだなぁ、爆風スランプのファンキー末吉氏の様な歌声かな。

アルバムタイトルと同一の浪々と唄う?1曲目の…
“AVARA”という曲がシングルカットされ、トルコ国内では好評を博しているのですが、、、

中東の乾き切った大地の雰囲気が醸し出された…
3拍子のメロディーが非常に心地良い、マイナー調バラード(※前奏含め、全てのパーツがオススメ)。Hakan Pekerという橋幸夫チックな唄い方をするアーティストの超ポップな曲と共に、個人的には記憶に残った曲です。


演歌の様な音階を利用しながら、さり気なく絡むアコースティックギターのフレーズ…。
そして、グイグイと耳を惹き付ける様な重厚なドラミング…コレらは◎。ちなみに、アルバムの作品の中には熱い語りのモノが何作かありますが、また滑稽…。余談ですが、このアルバムはCDケースが割れていた故に半額の700万リラ(630円)で購入しましたが、かなり得してます。


次に、自分の第2希望は、Rafet El Romanの作品。こちらは欧州色が強いかな。
声は、日本にはいないタイプ。

イスタンブールの街中では売り切れていて、空港でようやく手にすることができた最新作。
哀しげなピアノの音をバックに始まり、その後はアコースティックギターとジャングルビート的な打ち込みドラムが中心となるSURGUNという耳障りの良い、欧州風のマイナー調の曲がトルコ国内で好評を博していますが…この手のアレンジ、日本にありそうでナイ作品という印象を受けます。


このため、「日本人にも好まれそうな曲なのだけどなぁ…このアレンジ」と思って、、、
作家的観点から購入した作品です。ちなみに、その他の収録曲は…そうだなぁ、山下達郎氏が好きそうな“硝子の少年”的なアレンジの曲があったり、中東系の曲になりきれていない中東の曲とか、SURGUNの様な哀しげなメロディの曲とか、ソフトなユーロビート系のアップテンポ曲とか…かなりバラエティに富んでます。でも、全体を通すと…中東の砂の香りよりも、“秋→冬へ移り変わる、欧州の季節感を彩った作品”という感じですかね。


おそらく、両トルコ人アーティストの作品に関しては…
日本のCDショップで目にするコトがナイと思われますが、もし何処かで目にするコトがありましたら、日本人の心に沁みる様な作品ですので、騙されたと思わずに、興味本位で手にしてみて下さい。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-A. 作品関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails