Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

マサムネの正夢(←言葉遊び) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2004年12月 8日 23:30 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


大分前に書きましたが…
自分は、火曜日は“めだか”というドラマを見ておりますが、スピッツの↑の曲…今年発売された邦楽の中では1番好きかもしれません。草野正宗氏の声も含め、【どこからどう聴いてもスピッツ】って感じがたまらないのです。作曲できる自分に言わせれば、フレーズは別に珍しいフレーズだとは思いませんけど、彼らの場合は華やかさを抑えたアレンジですよね。一時期、打ち込みに傾倒しかけて、【おや…?】って思いましたけど、この曲をキッカケにまた元に戻って欲しいなと願わずにいられません。

で、スピッツの話を続けると、コレはコレで長くなりそうなのでこれ位にして…正夢となった方々と言えば、やはり佐渡の曽我さん御一家でしょう。昨日とか、結構久々にニュースを観ましたけど、北朝鮮に戻ってしまおうかとも思ってたとか…。さらに、唄うコトが大好きな曽我さんが【涙そうそうが好き】とかいうコトが報道されると…もう十分って感じですよ。涙腺脆い自分はコレらだけで涙してしまいそうな気になってしまいますから。

そういえば、曽我さんは新潟県地震の件についてもコメントを残されてました。地震の人も大変だったかもしれませんが、俺は北朝鮮で暮らす方がもっと大変だと思います。捻くれた人が、北朝鮮から戻られた方々に一定金額を支払っている拉致被害者支援法を不服としている記事をたまに見ますけど(不服なヤツは行ってみろって感じですけど…。もっと払ったって良い位でしょう)、佐渡であれば、こういう人は誰もいないコトでしょう。

もし、自分が同じ状況であったならば…東京ですよ。いやぁ、コレはさすがにツライなぁ。毎日マスコミから追われそうだし、鬱になりそう。佐渡であれば、さすがに暫くすれば…マスコミが勝手に退散するでしょう。

そういえば、ジェンキンス氏が…

「佐渡の美しさと静けさを幾度となく心の中に思い浮かべていました」「共に生活した間、妻がしばしば語ってくれた思い出です。この島は妻が話してくれたように美しい」

と話しておりましたが、40年もあんな所にいて、人生の最終章を日本の美に触れられるというのは、最高の結末でしょう。悪いですけど、個人的には氏の故郷であるアメリカよりも良い気がします。美しく纏めてもらいたいなと切に願っております。

ちなみに、曽我さんがこんな風に語る佐渡には、自分自身が離島大好き人間故、また曽我さんのピュアな心を形成した島故…1度で良いから行ってみたくて、今年の春から位でしょうか。チャンスは窺っていたのですが、自分が過去に行った離島(焼尻、天売、伊豆大島、隠岐の島前の2島)とは比べ物にならない程、広くて…諦め続けてます。でも、来年こそは、来訪してみっかなぁ。来年こそは…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

« Previous: ウォーターオーブン | Blog Top | Next: 花婿修行 »
 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails