Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
14回目の特別な日&種田仁
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

14回目の特別な日&種田仁 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年8月31日 08:09 ]     

Category  02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ  *  04-B. ひとりごと      BBS


今日で、父親と死別してから、14年の月日が経ちました。
「831」って本当に忘れにくい日です(※人類、皆永遠に学生なのですかね)。来年からは、とうとう「人生の半分は片親育ち」というコトになるのか…自分って。


あのときを思うと、14年…
自分はよく生きられたと思います。その当時は、ヘルニアを患っていた最中であったし、高校では大部分の教科で成績下位(※最下位も幾つか)。家の中では、御金のコトにはピリピリムードも漂ったし、弟が高校に行けるかどうか非常に怪しい状態(※勉学の意味で)の時期もありました。そんな感じで、父が亡くなってから数年は悪いコトはココぞとばかりに全て重なり、自分自身…精神的に限界でした。


でも、前から追った14年はともかく…
後ろから追った14年は本当に爽やかな気がするのは何故だろう。
『短かかったな?』という気もするけれども、これこそ惰性だったのかなぁ…という気もするし、今後に関しては、今迄の運の悪さが全て晴れる様なモノになる様、自分自身も変わらないといけないのだろうなと思う。


さて、話は変わりますが、昨日…
我がベイスターズの数少ない名物・蟹股打法の種田仁が1000本安打を達成しました。最初、波留とのトレードで来たときは「打撃の面で疑問符が…」という印象が自分も否めなかった1人でしたが…こんなに研究熱心な選手だとは思いませんでした。高校時代三遊間を組んでいた巨人の元木大介との違いはこの辺りなのかもしれませんね。近年において、このトレード程、ベイが得したトレードはナイでしょう。


そういえば…
最近では、ソフトバンクの鳥越裕介が真似して?打率が劇的に伸びる?等、「蟹股打法自体が理にも適っているコトも証明されつつありますね。本家として、今後もあの打法をさらに極めて欲しい」です。

<Postscript>

今日は内面的に自分を見ているモードの日なので、チョット言いたいコトがあります。
1週間以上前かな。mixiの件で、チョットトラブルがありました。個人的には、「自分が疑われた」という印象しか感じないメールを受け取りました(※付き合いは年単位の人から)。それでも、返信した訳なのだけれども、その返信がナイコトに個人的には「Why?」と大声で言いたいので、少し言わせて下さい。


まず…mixiはメンバーからの招待制となっておりますが、正直に申します。
1週間程前に、友達のさくら御前を誘いましたが、彼女を含め、全て女性(除:弟@w)で片手で数えられる程しか誘ってませんし、誘う気もあまりありません。別の角度で変な想像をさせそうですが、mixiは結局日記サイトであると思っていて、「最低、3ヶ月は普通に書きそうな人以外を誘ったって、その後ログインしなくなるだけだろうから、IDを与えるコト自体が無駄であって、mixi全体を考えれば誘ったって仕方がない…」というのが自分の意見なのです。


あと、自分の特徴として…
重要なコトに直面した場合、退路を断つ傾向があります。mixiでもそうでしたが、仲良くして来た知人をすぐに増やしてしまうと、色々なコトで守りに入り、掴まえられる機会をを失ってしまう気がするので、自分の中で設けた一定の期間は敢えて誘わないコトにしているのです。


また、人間関係の付き合いにおいてですが…
不良の過去があったとかね、見た目が自分自身と違い過ぎる…とかね、俺はそういうコトは殆ど気にしません。むしろ、自分自身と全く違う人とどれだけ仲良く出来るかを試したい位です。相手の本質を鑑みずに啀み合うなんて、もう許せない。


そんな人間でありたいからこそ、言いたい。
例えば、俺に対して、何か印象が悪くなる様なコトをしたと思った人がいたならば、俺は絶対にソコ迄シビアには捉えていないと思うし、そう思っているならば俺に早く言って楽になって欲しい。


「相手に許されるコトが友人関係の始まりであったならば、相手を許すコトが友人関係を深める最良の手段である(※御金の貸借の件等は除きますよ)」 By New-Can


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails