Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
秋休みは○○○に行こう!?
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome61&Firefox56&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

秋休みは○○○に行こう!? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年9月 4日 01:52 ]     

Category  03-J. その他 旅話      BBS


机の上で1人、「へぇ~」ボタンの様に何回も押下する出来事がありました。実は、何日か前に偶然アクセス解析をしたら、はてなアンテナというモノから、このブログにアクセスしてくれてる方が御二方、おられた(※最近、御無沙汰だけど、どうもありがとう!to you)のですが…この「はてなアンテナ」というのが非常に便利で、登録しておくと…登録先の更新状況が分かるのです。「コレは便利だ!」と思い、自分も登録してみるコトにしました。

っていうか、こういうのって登録されたらキチント返したいの…自分って。。。

ただ、難点もあって…例えば、自分って、日記は書くけれども、誤字脱字も結構多くて、2日後に日記の内容をコソっと修正するコトもあるのですが、はてなアンテナにはコレも見事に反映されてしまうのです。ブログってこういう所迄、相手に通知するのが嫌いだ…。そういう意味では、プレッシャー(※投稿前に読めば良いだけの話だけれども)も多少有…(>_<)

さて、話は変えて…タイトルのコトでも。。。
多分御伝えしたとは思うのですが…今年も、自分は秋休みの予定です。休暇予定は、上期決算公表後の10月最終週~11月初旬。昨年とホボ同時期。

ちなみに、昨年は出発1ヶ月前にバルト三国を申し込んだものの、それが【催行中止】となってしまい、半休して迄、旅行会社に行ったり…大慌てでトルコに決めた(※非常に楽しい旅ではあったけどね!)感じになりましたが、今年は遅過ぎた旅行計画の反省を踏まえて、今日の夕方以降は秋休み計画のためのネットサーフィンをず~っとしてました(※途中買い物に行っていた時間は除く)。

ちなみに、昨年同様、旅費は安く済む時期とはなっているのですが、一方で…昨年レベルの残業をしている訳ではないため、金銭的なリスクを考えねばならず(※冬の超ヒッキー生活は決定的?)、またプロジェクト体制の入れ替わりがある時期となので、できれば31日も仕事をしたく…11/1 or 2の出発が理想と言えば理想…。

《ツアー候補》
★A:イスラエル
日程的には完璧ではあるものの…1度行くと、周辺の中東各国に行き辛くなるのが困る国です。エルサレム観光があるし、行くとなったら遺言を書かないとな…(;^^)
★B:ウズベキスタン
個人的には、シルクロードへの思いは非常に深く…。
★C:イラン
写真を見て、何度行きたいと思ったコトやら…。ただ、外務省のサイトを見たら、コレラが蔓延中…だとか。変なモノはもらいたくはない…。
★D:シリア/ヨルダン/レバノン
ペトラ遺跡」にどうしても×3行きたい!!!
★E:イエメン
こちらを読めば読む程、面白い国だと思う。景色が南アメリカ大陸的というか…。ただ、標高が高い所での生活を強いられるのが不安…。
★F:リビア
自分の周りでは絶対に誰も行ったコトがないであろう「外国人の個人旅行が不可な国(※4名以上でないと旅ができない!)」。何年か前に世界不思議発見を観て以来、「4WDに乗ってリビアの砂漠地帯へ行きたい!!」と思っておりましたが、見事に叶えてくれるツアーが…。ちなみに、遺跡の保存状態は良好な国と聞きますし、個人的には挑戦したいの…テント泊!
★G:クロアチア
個人的にはココ数ヶ月で赤丸急上昇中の国。TVで観る限り、海沿いの景色は素晴らしい。ただ、コストが…あと習い事の日が出発日(涙)

これらの候補、全部を廻るコトができたならば…そりゃぁ、幸せなのですが、大金持ちである訳ではナイので、1つに絞りざるを得ません。

大変迷いましたが…個人的には、現時点の第一候補は決めました。御金の面で非常に厳しいコト、この上無という状態ではあるのですが、【あと数日調べて面白いものがなければ、1番行き辛そうなリビアツアーに申し込もう!】と思います。ラマダンが明けていない可能性はあるけれども、まぁ…トルコのイスタンブールでラマダン明け後にサイレンが鳴り止まない恐怖を味わっているので、多分大丈夫です。多分…叶えば、アフリカ初上陸っ!

旅の内容もバラエティに飛んでるし、サハラ砂漠最高っ♪

ところで、「リビアって危険じゃない?」と思われる方もおられるでしょうが、どうでしょう? 依然としてカダフィ氏の独裁国家ですし、ザルカウィというテロリストの影がチラつく中東国家と比べれば、個人的には安全な部類に入るとの認識でおります。

…でも、御酒好きでしょって? 俺は、アルコール中毒ではないし、問題ナイはずです。尤も、呑んだり、持ち込んだりしたら牢屋行だし(※むしろ、喫煙がドコ迄可能かを調べるべきかも…)。とにかく、カダフィ氏が生きている限り、治安は大丈夫だと思っております。しかし、カダフィ氏が亡くなった場合は…現在程の安定を期待するのは酷という可能性が否定できない国です。

そういう訳で、来訪優先順位を最上位に引き上げてみました。結局、こんな所にも…昨年、トルコ旅行中に逢ったサウジ在住の邦人の方に言われた「遺跡は破壊される前に行かなきゃダメだよ!」的発想が頭を擡げる訳なのですが、自分自身…あれ以降、何かとこの言葉に縛られ始めてる気がする。

まぁ、でも自分らしくて良いでしょう…? 今回も仕事場で喝采を受けそうな気がしますが…今後に関しても、自分1人での旅に関しては、多くの日本人が来訪したコトがある国であれば、拒める限り頑なに拒むツモリです。結局、自分が知りたいのは、日本人の大部分が知らない国の真実であるし…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-J. その他 旅話」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails