Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
丸ビルライブ-山崎まさよし編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

丸ビルライブ-山崎まさよし編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年9月 6日 07:45 ]     

Category  07-B. ライブ関連 音楽      BBS


自分は常々、「メロディを綴るコトが好き」と公言しておりますが、、、
人様のライブを観るコトも非常に好きです。尤も、ココ数年は、世間でメジャーなアーティストのライブは殆ど観てないと思うけれど。


なんて言えば良いのかなぁ。チケットを獲るのは面倒だとは思わないのだけれども…
周りの人間がどういう音楽が好きなのか…」というコトが実はよく分からないし、ソモソモ「俺と行きたいヤツっているの?」と思ったりもする。また、「狭い会場であればある程、心地良い!」という人種なので、こうなってしまったのかもしれない。


だから、丸ビルであるTokyo FMのイベントって…
そう多くは人が入れないこともあって、好きなのです。ソコソコ好きな、乃至は気になるアーティストが出るとなれば、仕事の中抜けは当たり前、場合によっては定時上がりしても良いとさえ思ってます。


それで、昨日はどちらであったかと言うと、なんと後者。
この俺が、18時30分前に仕事を上がりました。滅多にありません。年に何回か連続してそんなコトもできる時期があるのですが、普段は月数回かな。


自分が作る曲のタイプでも分かるかもしれませんが…
山崎まさよしみたいなタイプは、好きだし、「1度で良いからライブを観たい人っている?」と聞かれたら、スガシカオと共に、必ず答えていると思います。そのため、午後からは「仕事なんてどうでも良し」状態でした。。。


ところで、このイベントをどうやって知ったかというと…
ホント偶然。昼の御弁当は1週間に3回程は、全体を通してみると、安くて美味しい丸ビルへ買いに行くのですが、いつもと違い、整理券配ってる人がいて、自分の目の前で、女性の方が何か貰っていったのです。「なんじゃらほい?」と気になって係員の人に聞いてみると、「山崎まさよしのイベントです」と言うではないですか!!! こんな所で、御目当てのイベントがあるなんて…ビックリしましたよ。とりあえず、自分の分だけ貰ってw、サッサと仕事場へ戻る。


余分に貰っておけよって? いや、その…好きなモノを観る分においては…
1人ってのも嫌いじゃないし、ソモソモ、丸ビルはイベントモノだし、1人でノンビリ観るのは悪くないと思っていて…あと、仕事場の人間を連れて行くと、中抜け系も目立つしw


そんな訳で、並び始めたのはイベント開始時間は、いつも通り19時と見越し…
18時30分頃(※真面目な人は18時~)。実は18時迄は整理券番号が優先されると書いてあって、コレは一か八かでギリギリに行ってみようと思ったら…「ラッキー」みたいな。でもね、既にこの時間から丸ビルのギャラリーは凄かった。場所取りは出来ない状況でした。丸ビルでは異例の整理券でしたし、彼の人気も感じましたが、改めて、間近な距離で観れる(※ピアノの弾き語りの曲では震えも分かる位の…)整理券を貰って正解だと思った次第…。


でもなぁ…男女比率って【5%vs95%】位だったんですよ。実は。
ホント不慣れな状況で、居心地は良くなかったし、男性って「山崎まさよしって好きじゃないの?」とも思った。いや、男性は仕事が忙しいだけなのかもしれない。いや、女性が弾き語りできる男に弱いのかもしれない(※っつかなぁ、弾き語りは俺も一応できるんだけどな:w)。どちらなのだろう…。


…自分は、そんな風に感じながら…
ステージでは進行役であった船守さちことのトークを20分少々行った後、ライブへ…(※並び始めてから1時間15分位)。


孤独な弾き語りではなく、山崎氏のバックとしては御馴染みの…
中村キタロー氏(Per/Bass etc)+江川ゲンタ氏(Per)も参加された形で、演奏した曲は7曲。うち、1曲は「Stand By Me」から、突然あんしんパパの「はじめてのチュウ」に変わる変則系。これは、「8月のクリスマス」に移る前の緊張のホグシかなと思ったら、予想通りw。アップテンポの曲は2曲。

個人的には、パーカッションがこんなに気持ち良く聴こえるライブは…
そうないと思いましたね。「針の穴に糸を通すが如く…」の様な感じでね。あと、山崎氏も曲毎にハーモニカを変えていた。こういうコトってライブだからこそ、分かるコトではあるけれども…御三方の息もバッチリで、江川氏のリズムなんて複雑なモノだから、自分なんかはそれにもブッタマゲテタ…。


だからこそですかね。アップテンポの「Fat Mama」が1番良かったの。自分の中では。

山崎氏の曲って、ザックリ目だけれども、どこか繊細なところもあって…
演奏する側は大変だけれども、上手くマッチすると、とにかく楽しい…そんな感じだと思うのです。ですから、例えば、「セロリ」や「僕はここにいる」以外にも、どれだけ良い曲があるか…昨日は、よく分かるモノであったと思います(※丸ビルライブは1番の有名所はまずやらないのが御決まりなのですが)。ベストアルバムの宣伝としても、良いモノであったと思います。


では、これ以上書くと良くないと思うので、、、
詳しいコトは日曜日のTokyo FMにて放送されるので、そちらを御聴きになって下さい。
Chek It Out♪w


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-B. ライブ関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails