Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
Should Be
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

Should Be 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年9月13日 01:20 ]     

Category  08. ニュース関連      BBS


土曜日、いつの間にか御酒で果てまして、2日酔い…orz


「コレは何かの前兆か?」と思いましたが…
衆議院選挙の結果、凄いモノでしたね。自分が危惧していた通り、衆議院選挙において、【J民党+K明党】の与党が圧勝し、見事な迄に独裁政権の足固めを終えてしまいました。尤も、J民党がこれだけ躍進したのにはK明党の基盤である、選挙では右に習え的?S価学会の組織票の強さも感じましたけれども、この結果には日本という国の将来を憂わなければいけないと思います。都内なんて、比例も含めて全員当選になってしまって、さらに1議席権利あったにも関わらず、ソコ迄の圧勝は想定の範囲外であったから、それを社民党に分けてあげたと聞きます。


…繰り返し言って申し訳ありませんが、、、
民主主義というのは、バランスあってこそ機能する制度だと思うのです。例えば、今の衆議院の定数は480ですから、第一党は250位…自分が思う、良い数字はこの位だと思うのです。造反が少しでもあれば、法案が通らないコトもある…これこそが、ウチの仕事場でよく使う、"Should Be"ってヤツですかね。


でもですね、K明党と合わせて300名以上いたら何名の造反が必要ですか。
野党側の造反も多少はあるとの前提にすると、70名以上の造反が必要な訳ですよ。こんなコト、有り得ないでしょう? 正直な話、今後4年間、俺は未来に希望を全く感じないというか…この国にいては、自分自身ダメだと思いました。都内20代の無党派層のうち、43%がJ民党に投票したとも言われてるし、何年後も何十年後も同じコトが繰り返されるのかなと思わずにいられませんでした。


それ程、今回の結果には、ホント自分自身が今後どの国で暮らすべきなのか…
というコトや、どういう人生設計をすべきかという未来設計図みたいなモノ等を、「再考した方が良い!」と暗に訴えかけられている気になりました。


また、個人的な話ではありますが…
安月給の身から言わせてもらいますと、このままの政治状況が続くと、サラリーマンとフリーターやニートとの差ってね、税金が払えるか、払えないか…程度の違いでしかなくなるのではないかとさえ思いますね。で、前者は真面目に税金を払うから、「最終的に手元に残る金額って幾ら?」みたいな比較を行ったら、「実はホボ一緒だった…」みたいなコトもあるのではないですか。


なんか絶望感に打ちひしがれそう…。
他人に流されたら、それこそ終わりかもしれない。でも…ココ迄行ったら、「一党独裁の恐ろしさを分からず屋の人間どもに、とことん教えてやれ!」とでも言いたくなりますね。例えば…

  • 消費税は15%迄、一気に引き上げ
  • 地球温暖化に寄与せぬ様、新たにガソリン税を制定
  • 高速道路の通行料金は今の3倍
  • 子どもが生まれても養育費の補助は一切無
  • 破綻するのが目に見えている年金制度は3年後を目処に廃止
  • 固定資産税&所得税の倍増
  • 成人の自衛隊への入隊は義務付
  • 宗教はS価学会のみ

これらに反対する奴等は全員弾圧するべく、牢獄へ…。
極論ではありますが、こんなコト無茶苦茶なコトが数の上では可能な訳です。


そう考えると、「平和ボケだよなぁ。日本人って…」と、そう思わずにいられません。


最後になりましたが…
先週かぁ。小学校時代からの友人であるコンくんと向ヶ丘遊園で久々に呑んだの。御互い色々と忙しくて、随分と間が空いたのですが…そりゃぁ、御互いよう喋りましたよ。ホント。でね、自分はこんなブログみたいなのにも、まぁ…色々と書く訳ではないですか。さらに、習い事迄その系統に走ってしまった訳ではないですか。「数年後、物書きに走ってる可能性が高くなって来たね?」と言われました。
あはは…(;^^)


しかし、こんな世の中が続くならばね…
サッサとサラリーマンを辞めるのが1番だとはず~っと思ってはいるのだけれども、どう地盤を固めて行けば良いモノやら。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

« Previous: 日曜日の衆議院選挙 | Blog Top | Next: 川井キャンプ場 »
 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails