Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
1人暮らし、したいんだ!
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

1人暮らし、したいんだ! 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年10月 6日 02:07 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


今、母親と喧嘩してます。
どうやら、自宅に電話かけたにも関わらず、弟が出なかったコトに腹を立て、俺に八つ当たりという…。もう信じられません。ホント。それで、挙句の果てには「結婚しろ!」、「1人暮らししろ」です。そんなのね、今日明日に出来るのであればいつでもしますよ。ホント。


でも、今は丸の内通勤。
悪いけれども…自分が描いている1人暮らしを実行しても、メリットが全くと言って良い程にナイ。実家は交通の便が良好で、通勤が非常に楽なのが最高。どこへ呑みに行っても帰って来るのが楽。さらに、ピアノがあるし、弾ける…。


料理は…別にどうでも良いの。やれと言われればトコトンやるから。
昼飯も、夏以外は多分それなりに作るから。悪いけれど、気分屋の母親の御機嫌をとるのはどんなに大変なコトか…本人に問うても、全く反省意識がナイので何も言わないけれども、100人中93人は疲れると言うと思います。


それなのに…という生活ですね。ハイ。


なんで1人暮らしをしないのかと言われると、少々困るのです。
実は、俺はソモソモ1人暮らしがしたかった人で…。いや、何度もしたいと思った…。地方大学、受かった⇒出ようと思った。でも、お金が全くないから暗に出るなと言ったのは誰だ。余計なお金を払わせるコトになるし、長い目で見たときに支出はどうしても多いし…と色々なコトを考え、最も経済的には安い大学に進学したのはこの自分です(※でも、最終的に残ったのは大学生よりもミュージシャンを目指したかったから)。


あと、就職活動のとき、1人暮らししたくなるような会社、狙い撃ちで就職活動をしました。
ところが、不幸にも…狙った会社は全て落ちて、唯一拾ってくれた会社が家から至近距離(※出先作業だから行かないけど)。


そして、今だって長期出張や大連…
俺は希望していない訳ではありません。機会があれば、常に「是非!」と申してる。中国人とタフな喧嘩してもなんとかなる精神構造をしているウチの部署の人間(変人)は、多分俺位だと思っているし(※何より経験者)。


でも、現在の仕事場において…
自分に近い所のメンバーばかりが辞表を出したりして、離れてしまう。コレでは、誰も離してくれる訳がナイし、個人的にも離れたいと強くは言えない。また、自分が作ったシステムであるため…ある程度、思い通りの仕事が出来る(※ただ、仕事は常にザックザック出て来る)。


だから、住む場所に関してはタイミングは勿論のコト、慎重に決めたいのです。ホント。
あと、実家を離れたら…1年や2年、俺は親に逢わなくたって良いのです(※離れたら、メールもしないと思う)。別に寂しくないし。「逢いたければ来い!」というか(※自分は結構1人上手なので、相当ドライです)。でもね、どうあがいても、実家から1時間圏内の所になってしまいそうなのです。一方で、その距離を超えると今度は仕事場が遠過ぎる…という悪循環になってしまうのですよ。


あと、個人的な問題でしかナイけれども…
千葉県には住みたくない(※首都圏近郊でありながら、友達が殆どいない)とか、都内&神奈川県の友達と逢える距離をバランス良く保ちたいとか…そういった裏事情もあるのです。あと、楽器持ち込みたいし、ペット飼いたいし、やりたいコトってヤマホドありますよ。ネット繋ぐ時間が激減するコト…想像付きますね。救い様のないヒッキーになってしまう可能性も秘めている気、しなくもないですね。


そういう訳で、今の自分にとっては、「すれば良いという問題ではない」とも思っていて…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


4 Comments

自分は願望もそうだけどさ、その前の段階さえナイからね…。
「願えば何でも叶う!」なんて軽々しく言うヤツは俺のコトをシラネェんだよとよく思う(汗)。自分自身に、「もう無理だと思った方が良いかもね」って自虐的に自問自答すること、度々…あるよ。

個人的には、インスピレーションがグッと来るモノがなくて…弱気な行動が多いというのもあるけど、自分自身の「Only One」的な性分も目立つしね。「付いて行けない」と感じられるのかもしれない…なんて。


From にゅう  [ 2005年10月12日 07:56 ]

結婚願望は俺も人一倍あるぞ?(;^_^A アセアセ・・・
でもなかなかなあ( ̄^ ̄°)


From 山ちゃんだよーん  [ 2005年10月 9日 23:39 ]

こんなコトは日常茶飯事でね。
年齢も年齢…という感じになって来たしね。
自分、結婚したい人だから、余計に煩いの。でもね、そう言われたって、「Yes」と言ってくれる勝算?がある人はZEROだしね。仕方ないよね。

そういうのが楽な世界があると、本当に良いと思う。ホント。
(※統一教会みたいのではなく…ね@w)
弱い男だね。ホント(∴認められないのかもしれない)。

ちなみに、争いゴトはするツモリは一切なくて。こういう件が相談事レベルになるコトも…間違いなくナイと思う。ただね、別の角度から「~の理由で寂しいなって思うんだよね」という相談はあるかもしれない…。ホント言葉にすると難しい所なのだけど…(;^^)


From にゅう  [ 2005年10月 9日 22:08 ]

ちょうど同じ境遇の俺としてはにゅーの気持ちも分かるしお母さんの気持ちもよくわかる。
だからお母さんだけやにゅーだけの肩持つ気はないが・・・
寂しい部分から来てる面大きいと思うよ。
俺のmixiでも俺書いてるけど、そういう気持ちが、心の隙間が度を超した場合うちみたいになっちゃうからさ。
もっともにゅ?なら適正な判断と行動できると信じてるが
そういう時にはいつでも相談してくれ。それなりのアドバイスと力になれるはずだからさ。
朝迄飲んで語り明かしてもええで


From 山ちゃんだよーん  [ 2005年10月 8日 23:59 ]
Related Posts with Thumbnails