Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
マリーンズ優勝!!(長文)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

マリーンズ優勝!!(長文) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年10月18日 01:35 ]     

Category  02-B. 野球関連@千葉ロッテマリーンズ      BBS


俺が生きている間に叶って良かったよ。ホント…。31年振り。ベイスターズとの二刀流応援の身ですけど…ホント嬉しい。第1ステージから全て2点差以内で、応援するだけなのに疲れました…実は。

決勝打の里崎は…
ココだけの話、俺が観戦しに行くと、【キャッチャーは殆ど橋本がスタメンで、彼が生でプレーしている姿は実は代打位でしか観たコトがナイ】のだけど…【然るべき人間が打ったな】という感じですかね。でも…正直な話、今プレーオフは彼の前にランナーがたまらないとキツイ気がしてました。なんて言うかなぁ…彼が失敗して、たとえあちこちから責められても、不思議と許されるみたいなキャラクターだし…本人も開き直りが上手いのかな。典型的なヒーローインタビュー狙い選手というかさ。諸積と彼はね、野球と違う意味で得してるし、良かったと思うよ。

おそらく、日本シリーズで西岡や福浦らと共に、調子に乗せると危険的選手で里崎はマークされるでしょうね。TV番組で、【日本一になったら眞鍋かをり嬢が祝賀会に来る】という口約束の契約?が成立してたしね。ココ迄やったら、さすがに里崎も打たない訳にはいかへんやろ(※マジで打ってくれ)。

彼のコトはコレ位にして…

小宮山教授、初芝、堀に優勝の経験を味わってもらえて良かったよ。彼ら3人は川崎球場時代からプレーしてるしね。金田監督さえ知ってる時代だもんね(※かねやん、出場停止とかもあったもんなぁ)。そして、10年前に、「数字上…微かに見えた優勝争い(マジック対象)」も知ってるしね。尚更でした。あと、初芝の場合は、今年で引退が決定してるし…。そんな選手が逆転の一幕に絡んだのも嬉しかった(※ゲスト解説の野村氏も言ってたけど…まだ代打でなら現役は出来ると思うけどな)。コレに、ジョニーが本格的に復活してもらえてたら完璧だったのだけど…コレはもう無理かなぁ。夢物語かなぁ…。

最後に、小林雅英…彼のコトは触れない訳にはいかないでしょう。土曜日の日記で酷評しましたが、「もう1度チャンスを与えて欲しい!」とは、思ってました。実際の話。でもね、あの悪夢の様な負け方をしてしまっては…ソフトバンクが3連勝してしまうのではないかと思わずにいられませんでした。あのチームはそれ位、素晴らしいチームです。個人的には、【このプレーオフが事実上の日本シリーズ】とも思ってましたし。

でもね、仮にそうなってしまった場合…マサは、冬季五輪時の原田雅彦状態以上と慮れました(※あくまでロッテファン的に)。今年良くとも、こんなに優勝から遠ざかっているロッテが来年も優勝争いをするという保障はどこにもありませんから。そして、それが長く続くと、彼が「引退」となってしまう。こうなってしまったとき、彼にはロッテを優勝させられなかったという汚名が一生付き纏います。コレだけはさせたくなかった。コレだけはね。原田雅彦の4年の頑張りみたいなモノは涙モノだけど、そういうのって努力だけじゃなく…運が必要だしね。

そう思うと、王監督や松中、怪我で出場さえ許されなかった城島を思うとさ、今回のプレーオフでの敗者復活的な優勝に、「申し訳ない」とも思うんだよね。特に、松中はさ…努力、凄くしてる選手だというコトはよく分かってるし、本当に素晴らしい打者だと思ってます。大リーグでも相当打てるでしょう…でも、昨年同様、プレーオフだけは打てない。コレは運という次元の問題でしかナイと思うの。こういうのって、観てる方もツライよ。

そんな訳で、色々考えさせられたプレーオフだったんです。個人的には。
でも、ロッテが優勝して良かったよ。ホント。ただ、プレーオフのルールは変えるべきだと思う(※セリーグの2位迄巻き込むべき)。

<Postscript>

※ロッテファンも兼ねてる理由等
単純なモノです。自分は、生まれてからずっと世田谷人ですから…TVKのナイターが物凄く身近でした。

TVKの野球中継って本当に静かなんですよ。そんな中でね…

投手編となると…
大洋だと、遠藤や欠端、斉藤。ロッテだと、村田のマサカリ投法や仁科、荘、園川、牛島なんかの投球…良い投手もいながら、2~3番手が微妙…という所を観てるのが良かったのです。

打者編となると…
大洋だと高木豊、加藤博一、屋鋪、ポンセ、ローマンと続く皆が走れるスーパーカートリオ(※あれが低迷させた原因だと思う)。ロッテだと、落合、リー、高沢、水上、ディアズ…良かったです。

さらに、1980年代後半以降…やる前から毎年Bクラスが決まっていたとも言えるのが、あの当時の大洋&ロッテ。観客も本当に少ない。「これがプロ野球なのか?」とさえ思ってしまう様な世界。この両チームのノスタルジーな雰囲気が良かったの。アンチ巨人には最高でしたね。特に、川崎球場の場合は土のグラウンドで、風が強いと土埃が舞うのだけど…あれは忘れられないですよ。

でさ、今は何してるかよく分からないけれども、近鉄の加藤哲郎に「巨人はロッテよりも弱い!」と言われ、楽天を今年解雇された元近鉄のエース・小池秀郎をドラフトで指名したら、「蹴られた」。そんな中で、ロッテは千葉に移動してしまうのだけれども…ボビー・バレンタインが来て、【河本-成本】のダブルストッパー上手いコトはまりだし、さらに先発は【小宮山教授+伊良部+ヒルマン】の3本柱。あれは良かったのに…ボビーを連れて来た広岡達朗爺が、「外国人のやり方はやっぱりダメだ。俺がやれば優勝できる!」的なコトを抜かし、見事にBクラス。

そんなこんなが色々あったしね…という訳。あれがなければ、20世紀中に優勝できたかもしれないのにね。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-B. 野球関連@千葉ロッテマリーンズ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails