Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
仰木彬監督死去
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

仰木彬監督死去 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2005年12月16日 01:50 ]     

Category  02-D. その他 野球関連      BBS


報道ステーションで第一報を聞いたのですが、ビックリしました…。
体調の問題でオリックスの監督を辞任してから、まだ3ヶ月程。辞任した翌日には入院…という状態であったそうです。まさに、「死を覚悟して、合併球団の監督を引き受けていた」というコトになりましょう。

【フジTVの“すぽると!”であれば、元近鉄の金村義明氏が出て来るかな??】と思ってチャンネルを廻して待っていたら…やはり、出演されてました。

金村氏によると、仰木氏は…
【野球殿堂入りした後のパーティを生前葬にしたい。俺が費用を全て持つから、今迄1度でも関わった人間は全員呼んでくれ!】と言っていたそうですね。イチローがオリックスで活躍していた頃、【理想の上司】として必ず取り上げられておりましたが、人望もあったコトでしょう。多くの方が集まられたのでしょうね。

話は変わりますが…
メジャーリーグで何年も活躍しているプレーヤーって、実は殆どが仰木氏の門下生ですよね。野茂、イチロー、長谷川、田口、吉井…野球界への貢献度は申す迄もありません。

特に、野茂の投球フォームやイチローの打撃フォーム…
両選手がもし巨人に行っていたら、確実に弄られていたたコトでしょう(※仰木氏がオリックス監督に就任する前の監督であった元巨人・土井正三氏はイチローの打撃フォームは許せないというコトで登用しなかったらしいし)。その個性を尊重し、伸ばすキッカケを作ったというコトは今後伝説となるかもしれませんね。あのイチローが「師匠」と言っている位ですから、そんな心配はする必要もなさそうですけれども…捻くれ者なんかは、「コレだけの監督でありながら、元大リーガー・マック鈴木を使いこなせなかったというコトは逆の意味で印象的です」とか言うのかもな。

何れにしろ…
個人的には1番熱心に野球を観ていたとき時代の監督さんなので、とても印象的でした。仰木氏が師匠としている「マジック」の本家?である元西鉄・大洋等の監督・三原脩氏(※自分の親の世代が知っている伝説的な監督)、そして元近鉄・阪急等の監督・西本幸雄氏(※日本シリーズだけは勝てなかった鉄拳制裁で有名だった?御方)に負けない伝説もありました。

例えば…「猫の目打線」。
今年は、ロッテのボビー・バレンタインに御株を奪われました(※1995年の日本での監督在任中に少しは影響を受けたのではないか?)が、個人的には仰木氏の方が印象的ですね。オリックス時代は、イチローや田口レベルの選手以外は日々打順が変動しておりました。当時、大変なインパクトでした…。「あれには何の根拠があるのだろう…??」とず~っと思っていましたけど、【実はデータ野球だった】と聞いたコトがあります。

日本人は未だにこの起用法を受け入れ難いと思っている選手が多いですが、勝つためにはやるべしと思ってます。個人的には。

かつて、オリックスには…
ロッテから移籍した五十嵐章人というユーティリティプレーヤー(本職は内野手:記録詳細)がいたのですが、彼なんかは仰木氏時代はハチャメチャな経験をするコトになりました。長打が打てる選手でもないのに、主軸を打ったり…器用さから?投手も含む全ポジションを経験。その結果、ロッテ&オリックス在籍時代を併せた際に、「8番以外では全ての打順で本塁打を放った選手」となってしまいました。

その後、彼は近鉄に移籍し、8番でも念願のHRを放ち?、全打順で本塁打を放つという珍記録を達成してます(※彼の通算本塁打数はたったの26本)。コレだけ揃えた選手は、さすがに世界初だったようですが…そのキッカケは間違いなく仰木氏でしょう。

あと、オリックスには珍選手?はまだいて…
中継ぎ投手で萩原淳という選手がいるのですが、「打撃はサッパリなのだから、内野手を諦めて、その肩を活かし…投手をやってみないか?」と仰木氏に言われたのが…確か、コンバートしたキッカケだったはずです。年齢は30手前&投手未経験の選手でありながら…コンバート後、数年経った2002年は大活躍。ただ、翌年以降2年間は球種が少なくて、低迷…でも、何故か今年は恩師の下で2005年は再生。実に数奇な運命を辿っている選手です。

その他にも、思い浮かばれるのは…
「川崎球場でのロッテとのダブルヘッダー」、「ブライアントの西武球場4連発@HR」、1989年の巨人との日本シリーズにおいて加藤哲郎が「巨人はロッテより弱い」と発言した件、1995年のヤクルトとの日本シリーズにおける「小林宏vsオマリー(かの有名な?14球にも渡った件です)」、そして今年の「ピッチャー菊地原と言ってない!」の件で退場(※コレは絶対に言っているはず)。

色々と思い出されますが…人心掌握術に関しては、非常に長けていたと思います。

70という数字が見えたときに&自身の終わりが見えたとき、人ってコレだけ頑張れるものなのかなぁ。合併球団となってしまった球団の出だしがどうにかこうにか無事船出できたのは、仰木氏の影響は非常に大きいと思います。

心から御冥福御祈り申し上げます。

<Postscript>

ちなみに、長嶋茂雄氏、野村克也氏と同学年(※1935年生まれ/ミスターは1936年早生まれ)。個性派が多いのかなぁ。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-D. その他 野球関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails