Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
自らエントリーから外れる勇気-箱根駅伝編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

自らエントリーから外れる勇気-箱根駅伝編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年1月 3日 17:20 ]     

Category  02-G. その他 スポーツ      BBS


2日&3日は、にゅう家では…基本的に箱根駅伝の日です。
今回は、自分自身がかなり不規則な生活をしていたため、全部は観れませんでしたが…箱根の山登り5区や8~10区を中心に4割位はチェックしたと思います。


ちなみに、今大会も順天堂大学の5区・今井くんが印象的でした。
2年連続で山登り区間で好記録を出すなんて、化物でしかナイ」と思います。


正直な話、彼には、「山登りがラクチンに見えるから止めてくれよ!」と言いたい位ですw
5区は、オリンピック選手を最も多く輩出しているというコトで、今大会から距離が2Km程長くしたそうですが…この2年間のディープインパクトは、距離延長目的から鑑みると…彼の陸上人生を明るいモノにしてくれそうですね。アップダウンが多い難コースばかり増える傾向にあるマラソン界に、来春から是非共進んでもらいたいものです(※しかも、北京五輪目指して)。


しかし、こんなにも頑張った彼が所属する順天堂大学は…
“往路のみの優勝”という形に終わりました。


総合結果としては…
なんと、「亜細亜大学の初優勝」という形で終わりました(2位:山梨学院大学&3位:日大の3連単は当てられないよなぁw)。往路6位&復路2位のチームが総合優勝というのは、駅伝らしくて妙ですね。区間賞も9区だけですし。逆に、総合17位の中央学院大学なんて1区と8区で区間賞を出していたりするし。


駅伝の面白いところは、エントリーしたメンバーのうち…
普段の力を発揮できるのは何名か?」という点だと思います。1人では優勝できない…コレが日本人らしい発想?で良いですね。メンタル調整みたいな面も大切な所は失われていないし。


ただ、メンタル調整という意味では…
エントリーから外れる勇気、俺はコレも必要だと思うのだけど…なかなかそうはならないね。今日も、8区の順天堂大学や9区の関東学連選抜、そして10区の駒澤大学等はソレに当てはまるけれども、コレらは観ているだけでも自分の親族であるかの様にハラハラさせられるし(※棄権となった場合は、以降の記録は確か参考記録となるはず)、特技で凹む姿って…個人的には観たくないんだよね(※自分のポリシーでしかないけれども、特技が分かっている人間に対しては、自分は敢えて自信過剰にさせる態度を基本的に採ります)。


あと、ブレーキとなった後のランナーに対して、精神的な動揺を与えるから…
連鎖反応的に失速するパターンが目立つよね。勿論、そういう理由もあったりするけどね。


走る選手の側にも、個人的な思いが色々とあるのは分かるけれども…
【勝負という観点で何が正しいのか?】というコトを、失速を経験した選手には伝えて欲しいなと思わずにいられませんでした。

<Postscript>

昨日から、習い事の課題にも取り組んでます。
テーマは「空」となっておりますが、幾つかテーマは自分の中では挙がっていて、3枚モノと6枚モノ…どちらに纏めるのが相応しいかというコトに悩んでます。

ちなみに、今は待つ側の気持ちを重視した作品を書いてます。
俺、B型のせいか、「自分のコトなんか、気にせんといて…」と簡単に言うてしまうタイプ(※こんなコトに疲れていたら、生きて行くのも嫌になりそうだし)なので、そんな面では自分より神経がキメ細かい友達や母親をサンプルにしながら、少しずつ…少しずつ…みたいな。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

« Previous: ようこそ2006年 | Blog Top | Next: モロッコ人と御喋り »
 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-G. その他 スポーツ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails