Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
2月初の新年会
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2月初の新年会 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年2月 5日 15:25 ]     

Category  01-D. 店探索系日記      BBS


…でも、【2月の新年会はコレで最後かなぁ…】という気もする。
あっ、待てよ…。最終週は、高校の同窓会の御誘いが届いているから、それも新年会といえば新年会か。出席したならば、数年振りとなるのかぁ。そういえば。

話を戻して…
昨日(土曜日)の新年会は習い事のメンバーで開催したモノでした(At 新宿 灯溜厨)。
そうは言っても…山岡先生を含めて6名(旅行中1名+面識無の方が1名欠席)。小規模なモノです。大規模な呑み会では、上手く馴染み切れない傾向がある自分にとっては、【非常に好都合な会合】とも言えました。

しかも、隔月で普段授業で顔を合わせているとはいえ…とりあえず一緒に呑むのは初めてだったし。

でも、3時間という時間はあっという間。
メチャメチャ楽しいまま、終わってました。続編が必要だなぁ。あれは。
でも、自然発生的にそうなると思う…。きっと。こんな人種と言って良いのか分からないけれども、ソモソモ人と逢うコトから逃げてしまえば、書きたいネタなんて浮かんで来るコトはナイと思うしね。

ちなみに、今回…
別の先生の授業でも御一緒している同い年のSさん以外とは、毎回提出必須となっている課題以外の面ではキャラクターの本質がまだまだ掴めていなかったコトもあり(※予想は出来るけれど)、【どんなモノになるのだろう?】というワクワク感もあったのです。実は。

で、蓋を開けてみると…
自分に負けず?、【密かにかなりの呑み好き】というコトが発覚致しました。

そんなメンバーとなれば、もう自分の内面の化けの皮は剥がされる一方です…ぇ
自分が黙れる様なタイプではナイから…w

薄皮饅頭の皮やナミヘイさんの頭皮…あんなのと同レベルでしょう。キット。むしろ…

俺の方が薄いんじゃねぇの…?】みたいな。

好都合ですよ。
楽しければ良いし。楽しければ。予想以上に色々な話も出来たと思う。

しかし…
この会には入って良かったと思うよ。例えば、自らが文章を書くコトで確実に読書時間が増えたし、物事の見方も変わったと思う(※屈折度が酷くなった可能性もある)。さらに、自分みたいに、【ただの好き】よりも随分と上のステージで挑戦されてはる方もいてるし、その姿を見ているだけでも勉強になるコトってあると思う…。

なんて言うのかなぁ…
こういう所に集まる方って、人生において超が付く程に積極的なんだよね。嫌でも、色々な情報が入って来る。&自分も刺激される。ソレが良い。間違いなくプラスに作用するし、その…バイタリティみたいなモノは自分自身に還元しなければ…と思わされます。

だから…
かつてメロディを多々作っていたコトからも分かる様に、自分は常日頃からそんなものを探してはいるタイプではあるのだけれども…やはり、意識して自分の近い所に1つ2つ全く違う環境を用意しておく必要性って絶対にあるなという気がした。他人も、そういう面って絶対に見てると思うし。

ちなみに、この日はよく分からないけれども、ラブレターの話や少子化の話が出たりして…。
ラブレターでは鋭いツッコミが自分の御腹などを面白い様に切り裂いておりました。

やっぱり、ラブレターを書くツモリでいつも書かないと…

という先生の発言が出て来て…。でも、オレにとっては…

【ソレだけはあかん&超苦手】

みたいな。口にもしたのですけどね。勿論w。ソコで、先生と男同士の会話となるのですが…

自分としてはですね…
当然、読んでもらう人のコトを少しは考えているから、そこに【ラブ】という要素は確実に包含しているツモリ。ただ、【レター】という言葉が付加されると、【う~ん…】と首を傾げてしまう。だから、この課題が出て来たときは半泣き状態になるので、忘れてもらいたいのだけどなぁ。

っていうか、俺のコトをよく分かっている人にとっては…

【絶対に書かんやろな?】

と思うでしょうが、ホントそうなんです。ホント。書いたコト、ありません…。

実は…
書けないジャンルやねん。書いている自分自身を想像するだけで笑えるし、ソモソモ相手に本気で捉えてもらえる自信も全くナイ。コレって、読み手にとっては起承転結なんてどうでも良いはずで…結論の比重が全てって感じじゃない? だから、硬過ぎると難癖を付けられるし、相手に流し読みをされてしまう危険性が非常に高い…。

ホント難しいと思うの…。

だから、個人的には、【ラブレターなるモノは俺の中では存在しなくて良いモノ】であって…
基本的に、1番愛している女性に告白するならば、やはり自らの口で直接言いたい。こんなとき、すご~く緊張する人だから…俺がガチガチになっている部分も含めて、良いと思ってもらえたならば、俺自身も【本当かな?】っていう気になれると思うの。

そんなコト言いつつも…
実は1度位ラブレターなるモノを頂戴してみたいのだけどね(※冷やかし厳禁)。

おっと、本末転倒してるじゃん。
まぁ、気にしない。気にしない…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-D. 店探索系日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


4 Comments

》飲み会に行っても…
ははは。知らない所で培われていた?空気とか、あるしね。
馴染むのは難しいよね。

超仲良い友達を作るのは…まぁ、時間を要すしね。
あと、この年代になって来ると、結婚絡むと…という例もあるしね。
難しいよね。今のうちに、顔出せる所は出して、濃くしとくべきだと常々思う…。

貰った人とは…そうだったんだ?
その人はどうなったんだろうなぁ…結婚してたりして。「あの人のおかげで悔しくて火が付きました」なんて言われたたら、それはソレで笑える(w&謝)。
学生時代は…異性がいなかったしなぁ。ソモソモ、年間顔合わせする人間も両手いたかどうか…。恋なんて違う世界の事象…みたいな。5~6名じゃないの…。【モテ期】なんて言ってみたかった。一生、言えないね。

ちなみに、俺は同性から“Hate Letter”を貰ったコトがある…。
あまりにムカツいて破って燃やそうと思ったけど、反骨心を生むので敢えて持ってる。見返さないけど、自分自身を1人で振り返る上で「ある」というコトが重要かなと。

Pは…街自体が亡くなったらしいというコトを知って、
どこかに移行したのかと思っていたのだけど…そのまま辞めちゃったってコトね?
ってコトは、みくし行!?(w)


From にゅう  [ 2006年2月 7日 12:57 ]  / 返信

まだ日数が浅いせいか飲み会に行っても
いまいち楽しくないんだよねえ^^;。
にゅうきゃんの言うように超仲のいい人達と
やるのは楽しいよね。そんな関係に誰かと
これからなれるといいな♪なれるのかなー。

貰った人とはその後付き合った覚えがない。。^^;。
でも手紙は捨てる気がしなくてちゃんと何通かとってあるよ。
学生時代は人生最高の(?)モテ期だったから。。くすん。
そのうち老人になったらそういうの眺めて喜んでたりして(m ̄* )


PS:の答えはね、街自体がなくなっちゃったの。1/31で。
それで私の部屋も消滅。。呆気ない幕切れでした~(*'ー'*)ふふっ♪


From りおん  [ 2006年2月 7日 01:09 ]  / 返信

嬉しいコトに、今年の呑み会は楽しいモノが続いているけれども…
土曜日も相当楽しかった!

趣味や勉強の分野で出会いを増やすのは…
アナログ的?であるけど、俺は1番手っ取り早い方法であると思う。
でも、こういった創作系の習い事は…自分自身でモノを生み出さなければいけない世界。
ソモソモ、バイタリティない人は入れないから、残った者同士?で仲良くなれるのだとも思う。
(※難しい例えでホント申し訳ない…)

大勢の飲み会は…まぁ、メンバーに因るのだけど、ときたま自分の居場所を見失う場合があるから、そういうときが…ね。定例系は…何人かの超仲良い友達何人かと暗黙の了解でサシでやる位かな。毎日でも呑めると思う位、気心は知れてるけれど、住んでいる場所が違ったりで、時間が上手く合わせられず、ランダム的…orz

ラブレターは…
日記の通り、書くツモリはないね~。ただ、それをタイトルにして
書くコトはあるかもしれないけれど、「Love⇔恋愛」と結び付けない気がする…。

》(※冷やかし厳禁)←これにくすって笑ってしまったw
哂うなぁ!! ひど~い…(泣)
ところで、貰ったコトあるみたいだけど…【What happend to him?】な~んて。

P.S.
「Pど街」の居住地が発見できないYo…(謎)


From にゅう  [ 2006年2月 7日 00:15 ]  / 返信

新年会楽しかったみたいでよかったねっ☆
趣味や勉強の分野で新しい出会いが増えるのは楽しいよね。
私も小規模の飲み会の方が楽しいかなぁ。大勢だと落ち着かない^^;。
うちも先週月に1度の定例総会(とよばれてる飲み会)があったよ~。

ラブレター一生に一度くらいは書いてみたかったな♪
もうそんな機会はないだろうな~^^;。
書いてる自分を想像するだけで笑えるって言うのに共感(笑。
でも先生のその言葉は、けっこう納得かも。
(※冷やかし厳禁)←これにくすって笑ってしまったw
私はもらったことあるよぉ~。(*'-'*)エヘヘちょっと自慢げ。


From りおん  [ 2006年2月 6日 19:59 ]  / 返信
 





Related Posts with Thumbnails