Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
網走&ふるさと銀河線
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

網走&ふるさと銀河線 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年4月 2日 12:13 ]     

Category  03-A. 国内旅行記@北海道      BBS


遅くなりましたが…
先日の北海道巡りに関する簡単な旅報告をしようかと思います。

ただ、最初に断りますが…撮って来た画像、全てはUPしません。
なぜならば、「このBlogは旅行記ではない」というコトを鮮明にしたいから…。また、1枚1枚撮って来たモノには自分なりに意味があるけれども…ココに載せてない景色の各個人のイマジネーション、ソレを大切にしてもらいたいから…。


では、まずは到着日(3/17)の網走の様子です。

  

天気の良さは上記の写真で分かって頂けると思います。完璧でした!
銀河線のダイヤの関係もあり(※日中は置戸止まりのため)…最初は網走港をノンビリと廻る船で遊覧。流氷は随分と前に沖合に流れてしまった様なので、能取岬が遠くに見える程度のノンビリとしたモノ。でも、“1時間で2500円”って高過ぎでない?というのが正直な感想(※客観的に観て、同乗した中国人のツアー客には凄くウケてると思った)。人懐こいウミネコの大群は迫力あるけれども、北国の船旅ではどこでもこんなワンシーンはあるから。まぁ、色々と思うコトはあったけれども…天気良いせいか、ウミネコ達は超気持ち良さそうでした。

ちなみに、乗船してみると予想だにしなかったコトもあってね。
なんと!!、船上からウッスラと知床連山が見えたのです。網走からであれば、距離的には見えても不思議ではないとは思うけれども…向こうの天気迄揃ってないと厳しいと遠望できません。このコトが嬉しくて、港から近くのバス停迄重い荷物を持って10分程走り、ソコから路線バスで釧網本線の北浜駅迄10数Km程バスで移動したワタクシ(※知っていなければ、こんなコトはできない)。ハッキリと捉えるコトができました。線路を歩いて&越えて、海からも撮ったのだけれども、ホームから単純に撮ったモノの方が明らかに綺麗だったので、そちらをUP。

ちなみに、北海道旅行では幾つかの区間は絶対に列車と決めている所があるのだけれども…
【知床斜里~北見】辺り迄の釧網本線&石北本線の両線に関しては、自分の中では絶対に列車を利用したい区間だったりします。

例えば、左記の画像は…
網走から北見に向かって、最初の駅となる呼人迄の区間の車窓。この区間は、国道と共に網走湖に沿って進むのだけれども、凄く好きな区間。夏に通ったときも良かったけれども、湖が凍結しているこの時期も感動モノだね。


次に、ちほく高原鉄道“ふるさと銀河線”編(参考:)を。
実は、前回乗車したとき…殆ど画像を収めておりません。そのときは、横から車窓を眺めていたのだけれども…置戸迄は北海道でなくとも見られる様な農村が続くだけで、飽きてしまったのです。片側だけ観ても、面白くなかったというか…(;^^)

そのため、今回はその経験則に倣って、鉄ちゃんではないけれども…
正面に陣取って撮ってみよう!】というコトに決めてました。そうしたら、コレがなかなか良い。北海道のスケール感が存分に堪能できます。

 

広郷駅付近と穂波駅付近です。
雪が残っていると見えるモノがより美しく思える。北海道の雪は内地の人間にとっては神秘的なのかもしれない。

…でも、今回の旅は【駅】がテーマ。
こんな風景も良いかもしれないけれど、駅を中心に北海道のスケールを感じて欲しいと思います。

沿線の中心駅の1つ…
訓子府の隣駅である西富駅と、西富駅から3駅先の豊住駅です。銀河線沿線は、両駅の様に旧国鉄時代を髣髴させる停車場的な駅を多く目にするコトができます(※こんな駅に限って廃線後、すぐに壊される)。なんかさ、ホームをベンチ代わりに座って列車を待ちたいよね(※その良さが分かる人は俺と感性が合うと思う)。

ちなみに、自分の印象でしかありませんが…
道内を通して見てもココまで簡素なホームは減っていると思います。だからこそ、この両駅を車内から初めて観たときはビックリしましたし…印象的でもありました。尚、豊住駅は正面風景が最高だったので、敢えて駅周辺の風景を入れた形にしました。

豊住駅の次の駅である…
置戸駅(※北見から30.6Km…快速で32分。各停で50分前後)です。町の中心、且つ沿線の主要駅らしい佇まいです。実際問題…快速列車も含め、北見~置戸間は11往復と利便性が良い(※置戸から先、隣町の陸別迄は快速含めて6往復)のですが、この先の風景は左記の画像の通り(置戸~小利別間)。普通であれば、ココで若い人は全ていなくなり、客層は変わるはずなのですが…。やはり廃線間際といった様相でした…(;^^)

ちなみに、置戸から先、陸別迄の32Kmは…
おそらく、50人も住んでいないと思われる程、人口密度が低い区間です。バス置換された場合、廃止されるコトはホボ確実ではないかと思われます。駅間距離も載せると、さらにスケールが大きくなると思うので、併せて記載します。

【置戸】~15.9Km~【小利別】~6.3Km~【川上】~4.1Km~【分線】~5.7Km~【陸別】

…そうです。この区間の途中駅はたったの3つしかありません。
しかも、【置戸~小利別間の15.9Kmってなんだよ…】みたいな。そのうち、川上&分線の両駅へ停車する列車は朝と夕方以降の1日4本のみ。特に、置戸~小利別迄の池北峠を越える区間(※上記画像の通り)に関しては、白樺が目立つ車窓がとにかく印象的(※耐寒テストも考慮した日産自動車・陸別試験場はこの区間沿いにあるようだが、車窓からは望めない)で、北見から乗車した場合は車窓の変貌振りに驚かされる。ただ、この区間は残念ながらこの様に正面から撮らないと絵にならないのもまた事実。しかし、雪があるせいか…一際美しい。


では、1駅飛ばし…川上駅から。

  

途中下車した乗客は、意外にも?自分1名のみ。
何故、俺が行きたいと言ったか分かると思う。駅周辺に民家は1つもなく、【コレぞ北海道!】的な雰囲気に旅行者は、間違いなく感動させられるはず…。【民家がナイ所に佇む趣ある木造駅舎程、絵になる風景はないな…】と改めて思わされた駅。しかし、ココ迄来ると網走との温度差は激しい。風も強かったせいか、体感で5~10℃近く違ったという気がする。

1駅戻ります。小利別駅です。2度目の途中下車です。

  

2度目なので、【あそこにスズメバチの巣があるから危険】とか…実はそんなコト迄、覚えているw
しかし、今回訪れたときにはとうとう駅前の郵便局もなくなる等、月日の流れを感じずにはいられなかったな。ちなみに、駅から1分の所に旧小利別小学校の校舎を利用した宿で、今回も利用した夢舎があるのですが、老朽化のため、その宿も年内迄で閉じ、陸別の天文台近くに引越をした形でリニューアルするそうです。ココが廃宿となれば、この駅は隣の川上と同様になる日も近い気がします。しかし、白い屋根の駅舎には一面に雪が残っていると旅情を感じるね。

尚、ホームから見える所に温度計が設定されている訳は…
厳冬期、マイナス30℃前後を記録するのが当たり前だからです。ちなみに、今回はマイナス10℃位行ってたと思うよ。コレ以上寒いのはツライよ。ホント。湯たんぽを布団の下に入れて寝たのは初体験でありました。


ココから先は2日目。

朝2本目の列車は川上駅と共に普通に通過する分線駅。
一応民家はあるけれど、極僅か。牧場しかナイと言っても良い。

 

沿線の中心である陸別
駅にはオーロラハウスという宿も併設されている。廃線迄の間、線路側の部屋は鉄ちゃんに占有されていると言う。

ちなみに、陸別といえば、やはり天文台。
前日の夜に、久々に連れて行ったけれども、メチャメチャデカイ双眼鏡からは火星や星雲が見えたりするなど…大変印象的な日だったのです(※吹き曝しの中で見たので凍傷になるかと思った)。

そういえば、この陸別の町長である金澤氏と…
実は偶然御逢いしたコトがあります(※旅先で政治家の方とお話したのは、当然この1回だけ)。その当時から、どうすれば陸別に定住する人が増えるかを常に考えておられる方でしたね。銀河線の廃止問題が挙がったとき、沿線市町村において…反対を唱えたのはこの陸別だけだったという記憶がある。その記事を読んで、【町長さん、変わってないな…】と嬉しく思ったものです。

今迄廃線となった地域がどんなコトになったか…
サイト内の旅行記にも幾つか載せたけれども、殆どが廃村に近い状態となってしまったのが現状で…10年経つと、ホームがあったコトは絶対に判別がつかなくなり、気が付いたときには…【車でしか来訪しない観光客、殆ど通過…】みたいな。

その…セメテモノ抵抗という意味もあるのでしょう。
実は、廃線後…陸別~川上間のみレールが残ると言う(※個人的には置戸迄残してもらいたいけれども)。夏季等を中心に列車を動かし、動態保存をして行くそうです。美深町の仁宇布と同じ様な仕組みでしょうが、あそこと違うのは列車も動態保存させ、川上駅の駅舎も保存するとのコト(※分線の件は聞いていない)。頑張って欲しいモノです。

  

陸別から先、足寄迄の車窓…ココも素晴らしい。
9割方凍結中の利別川、コレはさすがにビックリだった(※陽が落ちた後の画像もあるけど、今回は非公開)。乗車するならば、沿線に並行して走るバス路線が存在しない【足寄~置戸】間がオススメでしょう。「降雪量が少なかったらしい2006年とはいえ、まだ残雪が残っていたから印象的であったのかもしれない」けれど。

ちなみに、この区間も強烈な駅が多い。
まずは、停車場的な駅から…。左から薫別駅と笹森駅。ホームから分かる通り?、川上&分線同様、他の駅は停車しても、通過するパターンのダイヤが何本か組まれている。両駅共、独特の雰囲気はあるけれども、笹森駅に関しては会津鉄道の“搭のへつり駅”に似た雰囲気という感じかな。ちなみに、笹森駅から頑張って歩けば幾つか滝がある…というコトを隣駅で知る(※車で旅した際の宿題となりましょう)。


では、笹森駅の隣駅である上利別駅にて。

  

林業の町のせいか、町の玄関口という趣のある途中駅ではないにも関わらず…
ココには集落がかろうじて存在する。川上駅にも劣らない駅舎に関しても、非常に趣がある。余談だけれども、小利別の駅舎もこの様な駅舎であったそうです。

ちなみに、ココには過去の思い出みたいな写真が多々展示されています。
毎日、この駅迄の散歩を日課とする…齢が80という、とてもそうは見えない元気な御婆ちゃんと御喋り(※10時過ぎに?訪れます)したのだけれども、【1つ1つの出来事が昨日のコトの様に思い浮かぶ…】と言ってたな。何年か前にSLが久々に通ったときのコトとか、毎年の恒例行事となっている?林道レースのコトとか…色々と懐かしそうに話してた。

そして最後に、【銀河線があれば、御兄ちゃんみたいな人が訪れるのにね。散歩は健康のために続けているコトだけれど、今は毎日駅ノートを読むのが楽しみなの…】と。でも、この路線が廃止されれば…こんな偶然の出会いが失われるコトも明らかで、その僅かな楽しみも失われる。駅ノートには、御婆ちゃんへのメッセージを残し、自分は後にしました(※読んでくれたかなぁ…)。

再び、停車場的な駅を…。
上利別の隣駅である塩幌と、塩幌から2駅先の愛冠です。この両駅も前述したような同類項的駅同様、通過するパターンの列車もあるのだけど、ロケーションは抜群だよね。愛冠駅の画像、個人的には密かに気に入っている。ちなみに、帰りに足寄から乗車して北見に向かった際に愛冠で下車した御婆ちゃんがいた。さすがの自分も少し驚いた…(;^^)

続いては…
【銀河鉄道】と引っ掛けた?ラッピング車両@池田駅(※駅前の「よねくら」という店のステーキを食べに行きました…が、店内で食した方がアレコレ付いて良い!と思う)。確か、2両存在します。ちなみに、デザインした方は言う迄もなく松本零士氏。廃線後に残る車両は、おそらくこの類の車両となるのではないでしょうか。星野鉄郎も好きだけど、オリジナルデザインの車両の方が個人的には印象深いせいかなぁ…。


最後の締めは夜モード。
真っ暗になってから、長時間停車した駅が1つしかなかったコトもあるけれど、敢えてそれに合わせて利用したという言い方もできなくもない…かな。1つだけだけど、北見から2つ目の上常呂駅にて。

近代的な建物である…
コミュニティプラザを背にした車両というごく普通のショットかもしれないけれど、廃線というコトを知っていると、そのムードがおぼろげに漂う気がする。コレも個人的には気に入っている。

尚、御気付きの方もおられるとは思いますが…足寄~池田間は割愛しました。
実は、【全く残雪が残っていなかったため、今の時期に行っても多分同じ景色が収められると思われるから】であります。という訳で?、廃線間際に利用される方の楽しみも取っておこう…みたいな感じで今回は非公開とさせて頂きます。ちなみに、オススメの駅は大森。京浜東北線の駅と比較すると、また面白いと思う…。


最後になりましたが…
ふるさと銀河線が廃止となる4/20迄、あと僅かです。ちなみに、4/20は木曜日で…非常に中途半端。そのため、「何故木曜日に廃止になるんだ?」とか、「GW迄とは言わないが、せめて同週の週末迄運行した方が観光客も集まって良いだろう?」という意見を耳にしました。

自分も同意見ですね。
こんな所にも気を遣えない人達がいることに哀しい思いを感じたコトは言う迄もありません。ただ、1度決まってしまった決定が覆るコトは絶対にありません。来訪される際は、この日程も含めて十分注意して下さいね。

<Postscript>

普段読んでいる方だけでなく、今回はさすがに“幅広く感想が欲しい”です。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-A. 国内旅行記@北海道」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails