Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
僕さぁ、ボクサー(違)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome61&Firefox56&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

僕さぁ、ボクサー(違) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年4月11日 00:59 ]     

Category  01-A-01. 日記一般      BBS


mixiの方にも書いたけれども…
今日は同じコトを書きたい。同じコト。

でも、内容はコピーしないからね…。
【ココが本家本元である】という意識が強いし、長文で書かせてもらいますよ。えぇ。

実は、一緒に仕事してる2年目となった彼の幼馴染がボクシングをしているのです。
今ならば、100人中99人は知っていると思う?亀田3兄弟(興毅/大毅/和毅)レベル迄は行っていないけれど。

ちなみに、所属しているジムは…小田急線沿線や京王線沿線に住んでいる世田谷出身に言わせれば、明大前~下高井戸間にある大川ボクシングジムと共に、誰でも分かる?…いや、小田急線で通勤/通学している沿線の人ならば誰もが御存知の?と言っても良い、東北沢~下北沢間で窓の向こうを見ていれば誰でも覚えてしまう?金子ボクシングジムに所属しているのだそうです。

自分は、数週間前に耳にしていたのだけれども…
どんなに仕事が忙しくとも、勿論…

【自分の命を彼に託したツモリで応援しに行け~~!!】

と言うのが、俺・New-Canです。
【観に来て!!】と言う位なのだから、本人も自信あるのだと思う。また、彼との絆も揺るぎのナイ…相当深いモノであるのだと思う。屈折した言い方で悪いけれど、【格闘技は殺し合いという要素が孕んでいる…】と思うからさ、応援して欲しい人って一握りの友達であると思うんだ。

でも、そう思う一方で…今回は友達の友達にあたる様な人間が選手である訳です。
そういう立場であるとなると、少し複雑であったりもするの。

何故、そう思うか…。
相手にも、ウチの彼みたいな友達がいるはずでしょう? 彼の友達だって、俺みたいに熱い人もいると思うの。ただ、【同じ人間であるコトも揺るぎのナイ事実】であるし、1歩間違えれば再起不能になりかねないのが格闘技の世界だと思う。

勝って欲しいけれど…
【コテンパンにしろ!】と軽く言えない。

自分自身がプライド高いだけに思うのかもしれないけれど…
こんな世界ってね、夢の舞台であると思うのです。そんな所では…

【絶対に勝たねばならい!!&格好良い所だけを見せたい!!】

と思うのが自分でして、今日対戦した彼らも同じであるはずで…。
負ける所って、友達に見せたくないもん。しかも、この世界ってさ…自分よりも1人でも強い人がいれば、夢が潰えたのと同じ様な所もあるでしょう? さらに、何よりも大変なのが…それを肉体に対してというか、直接的な痛みで現実を知る訳でしょう?

コレ程に惨い仕打ちはナイよね…。
そう思うとさ、言葉や結果の通知で知る負けって、凄く情があるよね。【恋に破れるコトなんて、楽なもん】だよね。ホントそう思うね。こんなコトを言うと、【自分自身に対して、1日100回言え!!】と言われそうだけど、自分は今世間を賑わしている小沢一郎氏みたいにプライドが高いので…結果が分かっているコトにワルアガキしたくないだけですから(※御参考迄)。

でね、話を戻すと…
仮に敗れたとしたならば、慰めるコトというか…立ち直らせるコトができる人間というのも極僅かだと思う。だからこそ、ウチの彼には行かなければならないと思ったし、行って欲しかった。

…でも、結果はモノ凄く不安なんだ。自分。他人事の様に思えない。
今日の自分は、このコトばかりが頭の中を過ぎった。1回も逢ったコトがない、友達の友達なのに。モノ凄く心配で心配で…。ウチの彼みたいに友達であると、もっと心配だと思う。


そういえば、WBCがあったおかげで王監督の記事を読んだコトがあるのだけれど…
【相手を思え】と口酸っぱく言っていたそうだ。家訓であったかどうか迄は忘れてしまったけれども。でも、あの…誰からも愛される人格者振りはソレが信念であったとしても十分に納得ができるコトですよ。ホント。

実は…俺も、そう思う人なの。ホント、格闘技には向かない…温和な性格だと思う。
【ソコがダメだ!!】と弾じる人もいるかもしれない。でも、俺は無理だ。俺は。そう思うとさ、15日間において、1回は負けても優勝できると言っても良い相撲って本当に日本的な格闘技であるなと思うね。【敗れても良い格闘技というのは、違った意味で素晴らしい】と思う。

最後に余談であるけれども…
自分が昨年の11月に旅したリビアは、格闘技が禁止されている国です。
カダフィ大佐は著書である「緑の書」でこう述べられてます。

【野蛮な行為だ】

と。その理由は、言う迄もなく…
【人間同士は戦わなくても良い】というコトに起因する訳であるけれども、コレはコレで尤もであると思うし、普遍的な結論であると思う。

でも、人間って強さを内面だけでは誇示するコトができないが故に、格闘技というモノが生まれたのだと思う。人間って本当にナイーブというか…動物だと思う。複雑な精神構造をしてるよね。今日は特にそう思った。

明日は、まず結果を聞くコトから始まると思う。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

« Previous: OPERA≠IE | Blog Top | Next:  »
 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-A-01. 日記一般」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails