Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
揺れ動く心
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

揺れ動く心 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年4月18日 01:52 ]     

Category  01-A-01. 日記一般      BBS


色々あるけれども…今日、針が少し傾いたかもしれない。

実は、今日…仕事帰りに溜池にある社会人の受験対策をしてくれる学校に行ってみました。
仕事のトラブルもなさそうだったし、明日以降…いつ御酒の御誘いがあるか分からないし。学長と1時間程、御話をしてきました。やっぱり…自分1人では調査にも限界があるしね。そんな所にサッサと行った方が知りたいコトが早く分かるというのも大きな理由でありました。

そういう訳で…初々しく、1番気になっていた授業カリキュラムとか…ソモソモ、この学校がどういう仕組みで授業を行っているのか聞いてきました。あとは…合格率とか、大学院って高校や大学の様にレベルの振れ幅が大きいのか…とか。個人的にはあまり気にならないのだけど、ウチの親はね…レベルを凄く気にする。密かに天才肌だから。しかも、結果を出すから(汗)

…でも、自分は過去において、天才を数多く見てきたし、自分の限界は知っている。
確実性を狙うコトになる…と思う。あまり細かいコトは気にしないツモリ。

ちなみに、大学院ってさ、最近奥様が密かに狙っているらしいですなぁ。
習い事で御一緒している御母さんも、誰もが響きに憧れる?某有名大学院に今春から通い始めているのだけれども、やっぱり…大学院で勉強してやろうと思う誰もが良い大学を出ているケースが多く、優秀な人も多いらしい。さらにね、“奥様らしいなぁ…”と思うのが、【家から近いから!】という現実的な理由で決めるケースが多いのだとか。

つまり…今日、話を聞いた限り、大学院に関しては、振れ幅が大きいとは思えないのです。
むしろ、恐ろしい目に遭いそうな気がするぞ。恐ろしい目に…。例えば、周りが皆良い所の奥様だったならば…強敵揃いとなる訳で。必然的にレベルも高くなる訳でございます。うひょ~(焦)

とりあえず…バイタリティがある人が目指す道であるというコトだけは改めて確信した。
俺が1番欲しているモノがある…そんな気がした。今日に限れば、そのコトがよく分かっただけでも十分なのかもしれない。

で、結論ですが…
おそらく、籠る方向になると思います。勉強しますよ。勉強します!!
コレから1年間、大好きな旅の多くを封印して…【目指せ、学生!】モードで日々を過ごすコトになると思います。【今から半年以上やれば、秋に間に合わなくとも…冬の私大試験には高い確率で合格するはず】という言葉を頂戴したし。今日の学長の言葉、そして負けず嫌いの自分自身を素直に信じてみようかな…と思った。

ちなみに、Blogには…【隠し事はしない!】と決めているので、何を目指しているか…書きます。目指そうと思っている道は、人気&需要が高まるはずの?【臨床心理士】です。今の仕事とは全く違う道です。イメージが全く合わないというコトはナイでしょう?(謎) 密かにずっと考えてました。

尚、無事合格したならば…
学業専念のため、9割以上の確率で会社を退職するコトになると思います。悪いけれど、システムの道はもうイイ…。俺の性格で、あと2~30年在籍するコトは無理だと思う。

今月で入社してから7年目に突入したけれども…
幾つか思ったコトがある。特に、納得が行かないのがコスト管理。【人間vs機械】という世界だけにコストを削減するには、一方の人間に対して、全負担をかけざるを得ない。そんな状況では、自分が思い描いている様なシステムが作れる訳がナイ。さらに、歳をとればとる程に単価は高くなるし、自分が思い描いている様なシステムと実際に出来上がってくるシステムとの間に割り切れない思いを感じるのは確実だ…。ソレが我慢がならない。

そんな自分に合う仕事というのは…生鮮物の世界なのだと思う。今思うと、音楽の世界に憧れたのも旋律という起伏が生き物であるかの様に、心のどこかで感じていたからなのかもしれない。そして、物書きに関しても…申す迄もない。自分の様な人間が辿って当然とも言える位に必然的だった道だ。

しかし、色々やればやる程…モヤモヤして来るコトがあった。
今の自分のままで、未来永劫に他人の役に立てるのかどうか…歳をとる度に不安ばかりが増して行った。一方、自分の近くにいる人は、面白い様に伴侶に恵まれる。そして、やがては結婚して行く。場合によっては、【一生友達だよ】とか、言われるのだと思う。俺は俺で、きっと…【ウン!】とか頷いてしまうのだと思う。

でも、そんなコトを言う相手が最後に頼るべき人は、結局…結婚した相手だと俺は思うし、そうあって欲しい。その一方で、自分はどうなっているかと言うと…誰とも上手く行かない確率の方が圧倒的に高いと思う。【そんなコトナイよ!】と言ってくれる人は多かった。しかし、その根拠は所詮、相手の“なんとなく”でしかない。焦りもあったけど、希望だけは捨ててはいけないと思えてた。でも、十の桁において、3が見え始めた昨今、さすがに限界に来た。心は乾き…憔悴したかのようだった。

そのため、この数ヶ月…コレを解決する現実的な処方箋はナイものだろうかと色々な角度から考えた。でも、1番の特効薬は勉学という、脇を固める作業だと思った。ソレが俺の結論です。

もし、前述した様な道に進めたならば…
幼い頃に受けたキリスト教の精神と真逆の道に進むコトもないと思う。
母親には申し訳ないと思うけれども、最後の【やっぱやめた…】を理解してもらおうと思う。
そして、自分は死に物狂いで期待に応えようと思う。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-A-01. 日記一般」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails