Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
週末の話 其の2:秩父 芝桜など
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

週末の話 其の2:秩父 芝桜など 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年4月27日 07:22 ]     

Category  03-D. 国内旅行記@関東(その他)      BBS


遅くなりましたが…日曜日(23日)の話の方も書いておきます。

…でも、本当はこんなコト、してはならぬコト。
決算期の最終週の週末は携帯でいつでも捕まる状態でなければいけないからなのだけど…【秩父だから、まぁいっか~】みたいな。西武の特急を利用すれば、仕事場迄は2時間程度あれば、なんとか戻れるし(笑)。ただ、友達と一緒だったりすると…そういうときに限って連絡って来るしね。いつも通り?1人で廻ってました。

ちなみに、今回行った場所は…と申しますと、
西武線沿線在住の方であれば、吊革広告でも見たコトがあるとは思います。横瀬~西武秩父間にある羊山公園です。御昼からですけど、芝桜を見に行って参りました。

芝桜というと、北海道の滝上町とかですねぇ…
自分が住む首都圏から遠く迄行かないと見応えあるモノに巡り会えないと思ってたのですよ。だから、この広告を見たとき…凄く嬉しくて。『辺り一面が芝桜』という状態も見たコトがなかったし、正直な話…狙ってました。

やっぱり、花を見るのって…好きなんだ。
季節感を素直に感じるコトができる感性がある人、俺はソレだけで好きになる。
目の前が花畑って想像してみて! 匂いも良いし…開放感みたいなの、感じない? 理想話を申すならば、誰もいない花畑で絵を描いたり、写真撮ったりして…何時間もいたいんだ。そして、芝生があれば寝転がったりしてさ…。【ベタな青春話】という感じで、くりぃむしちゅーの番組で括られてしまいそうだけれども(汗)

ぉっと、話は脱線したけれども…画像を並べてみましょうかね。

  

この日は7分咲きだったらしいけど、コレだけ綺麗ならば自分にとっては十分見頃…。
富良野でラベンダー畑を観たときのファーストインプレッション、アレに近い感じが味わえる。尤も、広さは予想通りなかったけれど、まぁ…ソコは北海道と埼玉の違いという所であって、仕方ないコト。

でも、ホント綺麗だった。紫色のには特に心が擽られた。あと…枝垂桜がまだ頑張ってくれてたコトが嬉しくてね。その逞しさみたいなものに感動したよ。芝桜が目的である観光客の何割が目をやったか分からないけど、少なくとも俺はチャント見てるよ。被写体にされたサクラさん、嬉しかったでしょう?(謎)

…まぁ、そんな感じで30分程でしょうか。羊山公園で過ごした後は…御花畑駅(←この駅名は、国内で1番好きだ)に出て、三峯神社へ向かいました。多分、25年振り位に秩父鉄道を利用したと思う。

  

途中駅では…中央の画像の通り、偶然にもSL(※パレオエクスプレスという愛称らしい)とも遭遇。
最近では大井川鉄道真岡鉄道と共にSLで有名ですけど…意外と空いてるね。

基本的には、昔、首都圏各所で当たり前の様に走ってた旧国鉄の車両が主力で…
その中に都営・三田線の旧型車両(ステンレス)も混じっていた。入社してから2年程、三田線は毎日利用していたので、さすがにこんな所で遭遇するとは…という感じで、ビックリ。あの車両は自分の中では未だに地下鉄。ソレが地上を走ってる(※三田線も志村三丁目~西高島平間では地上を走ってますけど)のだから…やっぱり違和感を感じますよね。

 

…しかも、こんなノドカな車窓に囲まれた所ですし。久し振りだったから車窓はさすがに覚えていなかったけど、未だにこんな車窓だったとはね。結構イイ感じ。窓を開け、心地よい風を感じてました。

  

そうして…バス&ロープウェイを乗り継ぎ、三峯神社へ。実は、由緒古いんですよ。ココ。
第12代景行天皇の皇子・日本武尊が歴史を作ってるのですから。

そして、知る人ぞ知る…となるのでしょうか。
実は、1900年程の昔…日本武尊が東夷御平定の帰り道に山梨県から奥秩父の山々を越え、初めて三峯神社を祀ったときの道案内をつとめたのが山犬だったそうで、以来…御犬様は霊力で三峯信仰の中心となっているのです(※火防・盗賊除・諸難除の神)。そのため、この2006年の戌年…密かに、【秩父に行ったら、絶対に行こう!】と決めていた所でありました。

願い事叶って欲しいなぁ…。

ちなみに…行って分かったけど、山の上にはホテル(興雲閣)があって、温泉が500円で入れます。ズルイ?気もするけど…ありがたい。周辺の山を登ったり、ハイキングした帰りに使えるしね。

今回は、家を出た時間も遅くて、コレだけの日帰りとなりましたが…
秩父湖や丸神の滝とか、中津川方面、そして長瀞など行けなかった所ばかりなので、今度行く機会があれば真面目に車で廻ってみようかなと思いました。断崖とかスゴイし、ワクワクするよ…ホント。でも、首都圏から秩父行く時の道って1本しかナイから、渋滞するというイメージがどうしてもあって(※1度引き返したコトがある)、あまり好きではないのだけど…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-D. 国内旅行記@関東(その他)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails