Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
鹿島鉄道に揺られて…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

鹿島鉄道に揺られて… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年5月22日 01:02 ]     

Category  03-D. 国内旅行記@関東(その他)      BBS


午後から茨城県の方に行ってました。
タイトルの通りなのですけど…この鹿島鉄道というのは、石岡鉾田との間(27.2km)を結んでいる関東鉄道系列の路線です。

ただ、この路線、私の撮影対象になってしまう位?なので、当然ローカル路線。
資料を読んでみた限り、元々は関東鉄道鉾田線で、1979年に関東鉄道が筑波線(→筑波鉄道/土浦~岩館…1987年廃止)と共に赤字路線の分離を行った際に現社名となったようです。

つまり、この時点で“不採算路線”というレッテルが既に貼られており…
2001年に貨物輸送が廃止となってからは、「いつ廃線になっても不思議でない状況だった」のですが…今年の3月末、とうとう国交省に対し、「来年の3月末で廃線にする」という届けを提出したそうです。国交省の所迄行ってしまうと、廃線時期は遅くなったとしても撤回される例はまずナイので、来年の春以降のマップル(※所謂、地図です)からは削除されている可能性が非常に高いと言えましょう。


ちなみに、自分は2年前にも1度だけ、この路線を利用したコトがあります。
「地図を見ると、霞ヶ浦に少し沿ってるみたいだし、1度位は利用してみようか…」と急に思い立ったコトがありまして。。。

桃浦~八木蒔間

左記画像(桃浦~八木蒔間)が…
今回撮影した霞ヶ浦沿いなのですが、“汚い”とか色々揶揄されている霞ヶ浦がですね、車窓として映ると別物に思える訳なのですよ。しかも、ココは海と違って波が全くないせいか、時の流れはどこか緩やか…。スケールの大きさには素直に感動できると思います。

ちなみに、画像の車両の齢は…なんと70年。
一般旅客営業に運用される車両としては、実は日本最古且つ戦前製唯一の現役気動車”であるのだとか。。。(;^^)

  
(※最左部の画像を除き、列車内から)

おっと、少し脱線してしまった…。話を戻しましょう。

キハ714形

ちなみに、前回利用した際は…
偶然にも、“毎月第2土曜日に1往復しか走らない殆ど休車状態の車両”に乗車しました(※キハ714形という左記画像の車両)。「何故に月1度で…しかも土曜日であるのか?」という理由は分かりません。ただ、鉄道ファン的には貴重な車両の様でして、コレだけのために鹿島鉄道を利用しに来るという方もいる模様。

尚、この車両の余談を話しますと…
扉は自動的に閉まるものの、開けるときは手動”です(※そんな車両は、JRでも東北&鳥取県で遭遇できます)。

このため、力のないご年配の方なんかでは扉が重くて開けられず…
途中下車される方のために、“車掌さんが外側から開けるノドカな光景”が印象的だったのですが…何が凄かったって、“大地震でも起こったかの様な激しい縦揺れが乗客を襲って来る”のですよ。

個人的には、“想像を絶する乗り心地の悪さ”と評してたりします。
尤も、小湊鐵道樽見鉄道といった路線でも同じような経験をした覚えがありますが、今にして思うと、まだ我慢できるレベルで…冗談抜きで、「脱線するんじゃないか?」と思った程で、生きている心地がしませんでしたからね。ホント強烈な印象を残してくれた車両です。

ところが、今日…別の車両で移動してみた限り、全くそんなコトはありませんでした。
ある意味で期待してたのに、「例の車両だけなのかなぁ…」と。でも、廃線の噂が結構駆け巡っているのか…その手の方がこの時期なのに、あちこちで見かけました。昨年、日立電鉄が廃線となったときの大混雑を覚えていらっしゃるのでしょうかね。あれは確かに凄かったし…(;^^)


では、その他…駅モノの写真群でも。
まずは、八木蒔駅。

  

隣駅の浜駅から徒歩で来訪したのだけど、全く目印がなく…
到達難易度の高さは予想以上。方向感覚の良さには自信がある自分がなんとギブアップ(※苦し紛れで線路の上を歩きました@汗)。前回来訪したときから目を付けていた雰囲気のある駅ですが、良い感じでしょう? ちなみに、駅を少し下ると霞ヶ浦を目にするコトができます。

  

左から…浜駅、借宿前駅、坂戸駅の順(※浜駅以外は車内から撮影)。
借宿前駅はスゴク秘境チックに撮れてますけど、一応幾つか民家があります。でも、何故にカリヤド?

<Postscript>

如何でしたでしょうか。記念に1度位、利用してみるのも面白いかもしれません。
ちなみに、土日祝日は1日フリーキップ(1100円)というのを利用した方が良いと思います。実は、鹿島鉄道は石岡~鉾田迄の片道で1080円もする国内屈指の高額運賃路線…。実は、北千住~石岡迄、各停で行く交通費と200円程度しか差がナイのです…(;--)

尚、余談ですが、終点の鉾田駅から15分程歩くと…
鹿島臨海鉄道の新鉾田駅(※案内無)があるので、鹿島神宮へも行くことができますが、あちらは鹿島鉄道より本数が少ない路線ですので、無計画は少し無謀…かもなぁ。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-D. 国内旅行記@関東(その他)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


1 Trackback

紹介>鉾田市街

今回は、町並みシリーズで「鉾田市街」をお送りします。いやあ、鹿島鉄道を紹介しようかと思ったんだけど、関東鉄道系列が続いてたし、どうせ鹿島鉄道にいくひとは...


From 鉄道のある風景weblog  [ 2006年6月20日 14:25 ]

Related Posts with Thumbnails