Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
論文は難しい…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

論文は難しい… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年7月 2日 23:23 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


↑のこと…
身をもって実感してます。ホント。

HPやココのブログの様に、「書きっ放し」という要素を包含させる内容は排除せねば相手に対して伝わるものは何もナイし、何よりも自分自身がその程度の出来では許せない。


記載した内容に…
今迄書いた文章の何よりも責任を感じたいしね!


また、昨日の説明会から…
(⇒検索エンジンとの兼ね合いからmixiのみ記載)
自らの行動力や今迄の自分自身の歩んで来た道に関しても鑑みてはいるけれど(※在学生から時系列的なことも加味した方が良いとのアドバイスがあった←当たり前の話ではある)、コレがね…さらなる葛藤モードに入らせる要因となっていたりするのだよね。

何より…
願書提出者のうち、たった1600文字の論文でなんと3/4の人間を落とすと豪語しているのですよ。えぇ。あくまで想像の範疇でしかナイけれども…おそらく自分が就職活動中に試験を受けたラジオ局2社よりも厳しいと思う(※共に、筆記試験が通ったから言える)。その難関を通っただけでも、自らの存在意義に対して、「自信を持って良いのではないか?」とも思い始めてたりする。


真剣に向かい合えば向かうほど、元々考えていた…


【軽い気持ちの記念受験】


というのは精神的に難しくなってきていて、何より…
最寄駅コミュで知り合った同い年の御友達(同い年)も俺の呑み会での何気ないコメントに思うコトがあって、昨日の説明会にも参加し、同じ様に受験すると決めた状況なのですよ。良いコトでしょう?@w


その彼もですね、感性が非常に豊かな…
俺と同じ系統。クラブでVJをやってる人間なんだけどね。


だから、系統的には…
日本人とは違った感覚…あるかな。ウン。


帰りのバスや電車の中で御喋りしたけれども…
理想論を申すならば、2人で通りたいんだ(※御互い口にする)。芸術家的気質の2人だし、こういう気質のある人は…「ソモソモ、静ではいられない」と思うの。そんなウチらであれば、従来の固定観念を無視したかの様な面白いアイディア、生まれそうな気がするのだけど。


でも、評価するのは全く知らない人…orz

時間も…
容赦なく進むねぇ…orz


ちなみに…
説明会では精神論に傾倒した抽象的な話が結構多かった。かなり宗教的だと思う。個の力が相当強い人だけしか残れないと思う。ソコに、「入塾後の生活はソモソモ厳しい」という脅しの言葉も度々入る…。でもね、そんな言葉を聞いた所で、俺の場合…人生において叩かれまくった経験がベースにあるから、何も恐れるコトはなかったりするのだけれども。

とにかく…
論文を「どこで完成にするか?」という次元で激しい闘いを続けているという感じです。

ちなみに、書いている内容は…
やはり自分自身の運命的な所に辿り着く感は否めなくて、徐々に過去の歴史やトラディショナルな要素への傾倒が明確になって来ている。そして、幼い頃から日曜日の礼拝に長く通っていたことからも、自らの中で未だに大きな存在であったりする宗教の話も敢えて勇気をもって記載したいなという気になっている。

ココ迄、色々と本は読んで来たけれども…
一昨日&昨年と触れて来たイスラム教に関して、最後にもう1度問題を洗い直そうかと思ってる(※イスラームに限らず、人間のバックグラウンドにある宗教研究のために、世界に限らず、国内を旅したいという思いも強い!)。「偶像崇拝を極端に排除している点は、大仏とかを誇りに思う日本人には合わない」のは明らかだと思うけれど、抽象的な神への奉仕を重んじるコト…これは現代の日本人にメンタル的な意味で1番必要な要素だと思うし、何より…同じ信仰というだけで信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点には好感を持てるのは事実だからね。「同じマンション住民でも繋がりがナイ」なんて、今の時代では当たり前だしね。

それでは、今週も…
頑張りますよ。ホント、マジでっ!!


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails