Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
コレってホント?
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

コレってホント? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年8月 4日 08:02 ]     

Category  01-A-01. 日記一般      BBS


自分の目に映る現実にビックリ仰天中です。
ボクシングをネタにしたアクセス数がとてつもないコトになってます。

昨日の朝から昼にかけて、1時間単位で30~50もアクセスがある。
昼~夜迄においても、コンスタントに信じられない程のアクセスがある様な状態なのです。今迄こんなコト、1度もなかったので、さすがの自分もチョット怖くなりました…(;^^)

でもね、自分自身の客観的な価値観に自信がなければ…
あんなコトは書きません。ネットって色々あるし、アクセス数が異常に多いと…なんとなく叩かれそうな気がしてしまうじゃない? ファンの人や関係者に、今日の仕事帰りとか…背後から刺されるんじゃないかって思ってさ、今回はあちこちのブログを読みました@汗。でも、ドコのブログを読んでも自分と同じ様な意見が多くて、ホッとしてます。『実は、ブッチャけた話…誰もがそう思っているのではないか?』という思いもあって、アレを書いたけど…やっぱり疑問に感じてる人は多いんだなって。今後も、『間違ってるものは間違ってる!』と勇気を持って断じるべきだなと改めて思った次第です。

という訳で?、↑の件はこの程度にして、、、
話題をいつも通りのノホホンとしたモノにしましょう…。
えっと、mixiの方に先に書きましたが…私、来週取材を受けます@w
習い事で御一緒しているTさんから、先日の土曜日に直接依頼があったの。でね、【若い男性から色々と聞きたい!】とのコトだったので、『半年後には三十路の自分でも良いんですか~?(;^^)』みたいな感じで念を押したのだけど@痛…全く気にすべき問題ではなかったみたいで、快諾致しました♪ 尤も、この様な件に関しては基本的に快諾しかあり得ないのだけどね。

ちなみに、このTさん…普通に凄いです。
奥様やって、御子さんも育て…色々なコトが少しは落ち着いた?今春、J大学院への入学をも果たされたのです。自分の将来像の"Should Be"として描いていたコトを目の前で?やってのけられてしまった訳ですよ。

如何にも自分が影響受けそうでしょ?
マジホンで羨ましい限りですよ。マジホンで。

でもね…
あの習い事に来られる方は自分とは違って…Tさんに限らず、バックグラウンドがシッカリしてる方ばかり。積極的なのは周りの方々と一緒かもしれないけれど…その他がイマヒトツパッとしない自分みたいなのは、顔を合わせる度に色々と思うコトがある訳です。

っていうか…
習い始めてからはや1年の月日が経ちましたよ。まだ具体的なモノが見えている訳ではないけれど…キットね、この先の将来を占う何かのヒントが隠されているのかなという気がするんですよ。最近。1年の間に変わったかどうかは微妙かもしれないけど、とりあえず…今の習い事、自分なりには頑張ってるツモリです。ソモソモ、読書しなかった人が読書を始めた訳だし、書きたくなるバイオリズムなんてモノもなんとなくは分かって来たツモリ。

朱に交われば赤くなる

なんて諺もあるけど、そんな風になって来たとでも言うべきかな(※心の拠り所はソコかよ?というツッコミ無!)。望みを捨てず…いつかは大きくなれる様、頑張りますよ。ハイ。


ところで…
取材のネタに関してですが…

『女に溺れない日本の男』


というモノです。
『見事に該当してるじゃん!』とかですね、余計な突っ込みはいりません@泣。自分の本音はどう考えても『男の本質としては…“溺れない”ではなくて、“溺れたい”に決まっている』と思っている人だし…自分自身に関しても、そうしたくてしてる訳ではナイから。

なんて言えば良いのかなぁ…。
男って常々罪を背負って生きてるからだそうなってしまったのだと思うの。たとえが極端で申し訳ないけど、中途半端な気持ちでHしたとして…偶然ヒットしたとするじゃない? 生まれてしまったら、やっぱり男の罪の方が重いと思うの。男は無理矢理でもやろうと思えばできる力があるから。だから、溺れたいを溺れないという気持ちに変換してしまっているのかなって思ったりもするのです。

とりあえず…
ココの所、この言葉の意味するコトを日々考えてますよ。やっぱり取材を受ける以上は、こちらも多角的に考えなければ…自分のためにもならないし、Tさんにも上質の作品を生んで欲しいしね。

尤も…
【自分自身が取材を受けたコトがナイから、ツイツイ身構えてしまう】
というのも嘘ではないけれど…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-A-01. 日記一般」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails