Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
歴史を学ぶという姿勢
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

歴史を学ぶという姿勢 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年8月13日 13:40 ]     

Category  08. ニュース関連      BBS


ロンドンでは同時テロ未遂(※10機も対象だったらしいね)があったり…
中東では…【イスラエルvsヒズボラ(※シーア派武装組織)】という感じで争いが行われてます。
 (※実情は、【英米vsイラン+シリア】の争いでしょう)


【世の中、相変わらず混沌としてるよねぇ…】という感じではありますけれども…
アメリカとイギリス、この両国は…【狙われている!】という意識が非常に足りないと思います。


【個人的な歴史認識】でしかないのですが…
アラブにおける原理主義系のテロリストの歴史認識に関して、個人的には…【屈折しているとは思うけれども、完全に間違っているとも言えない】と思ってます。自分自身、欧米の考えは好きにはなれナイ人間なので、こんなコトを申すのですけれども…少しだけ歴史を振り返ってみて下さい。客観的に考えても、彼らは常に他の人種を見下しているでしょう? 古い歴史を持ち出すと、ソモソモ十字軍のコトなんかもそうですし…例えば、この200年程度を振り返ってみても、アヘン戦争然り、植民地化による影響(※国境線の問題/南北朝鮮と南北ベトナムの悲劇)、ナチス思想、東京大空襲、広島/長崎への原爆投下、イスラエルの建国、オリンピックのルール…etc


どんな分野でもそうです。
アジア人は…いつだって苦しめられています。
そのコトを彼らがキチント勉強しているかというと…どう考えたって×でしかないと思う。


謝る謝らないの問題に関しても…
日本の問題を例に挙げてみると、サンフランシスコ講和条約の様に、【負けた方が全て謝り、勝者の論理を全て鵜呑みにしろ!(賠償請求権放棄)】というのが基本的な流れであったのですから、正しい歴史認識は常に闇の向こうへ葬られて来ました。


だから、【テロという屈折したモノが繰り返されてしまっている…】と個人的には思います。


原爆投下の件においてもさ…
サンフランシスコ講和条約で賠償請求権を放棄したのも致命的でしたよ。コレで全てが忘れ去られてしまったと思いますし、未だに原爆症認定の問題で揉めるコトになっている(※全員を認定すべきなんですよね…あの問題も)。彼らに本当に心があるならば、勝者の論理で全てを終わらせないだろうし、広島/長崎の原爆症の方に国財を投げ打ってでも寄付しなければならないと思うはずなのです。それがなされないってコトは…結局、その程度の国民性と考えられても已む無しであっても良いはずだし、【日本に来てドコに行きたいか?】と聞かれたときに、『ヒロシマ』や『ナガサキ』の地名が挙がらなければ【Don't come in Japan!】と日本人は言っても良いとさえ、個人的には思ったりもするのです。


…う~ん、少し過激かな。。。
でもね、もう少し自ら…『歴史をもっと学んでやろう』という姿勢を見せた方が良いと思う。


最後に、火曜日の話でも…。
池袋で、『女に溺れない男』という件で取材を受けて来ました。会話を録音されているのって不思議な感覚だよね。とりあえず、色々な話を4時間位しましたよ。『自分の女性の理想は…経済的な面を抜きにした所で、対等乃至はそれ以上の人』など、重要証言?も残ってしまってます。


前述した発言に関しては…
『男性でもそう考えるの?』と言われてしまったけれども、男って違うのかなぁ…。人間の成長としては勿論、御互いで相手が上回っていると思う所を吸収しやすい男女関係でなければ破綻は目に見えてると思うんだけどね。こういうのが理想が高いと言われる所以なのかなぁ…。よく分からないけど。


あと、国際結婚の話とかも出たのだけどさ…
【日本人男性に魅力を感じないから…】という理由、確実にあると思うのだけど…本当に寂しい話ですよ。自分の周囲でも、トルコ人やチュニジア人の方と結婚した人間がおりますが…あの辺りの国の人って格好良いと思うし、個人的にも羨ましいですよ。でもね、最低限相手の国の文化(※特に宗教的なコト)をキチント理解した上で行って欲しいなと常々そう思います。日本人の平和ボケって酷いし…考えが甘い人、多いから。


…と申すものね、基本的に向こうの男性陣は日本人のコト大好きだから。
『女性でカワイイのはどこの国の人?』なんて聞いてみると、『そりゃぁ、日本人しかありえねぇだろ?』みたいなコトを普通に言って来ます。女性には言わないだろうけど…彼らは、欧米系の血は混ざりたくない一方で、【子供の肌を少しでも白くしてあげたい…】という思いも抱えていたりもするの。過去の屈折した歴史に翻弄されたせいだろうね。だからね、『ソレを叶えてくれるのは東方の人だ!』という考えがあったりするの。リビア人なんか特に面白くて、【俺はね、数10Kmでも東の人を選びたい!】なんて言ってた位だし…(;^^)


要はね、何が言いたいかというと…【日本人の女性ってモテモテなんだよ!】っていうコト。
特に、相手がトルコ人となれば…【日本人は素晴らしい人達だ!】という教育がなされているから、他国の人達とは比になりません。


ワールドワイドな話も色々出した一方で…
『女性専用車みたいなのが出現してしまったコトで、偶然の出会いを奪ってしまったコトも事実なのだから、廃止すべき…』なんていう屈折した私的な意見も密かに述べたりもしていたのですけどね。


結局、【溺れない】と解釈されてしまうのは…
【男性が溺れたい状況を様々な外的要因が奪っているコトがその原因だと思いますよ!】というのが今回の自分のなんとなくの結論でした。コレに関しては、第2回もある予定なので、また時間があればレポートします。

<Postscript>

  • TV観てたら、旧軍人の方の平均年齢が…84.1歳になったそうです。
    もう生々しい話は聞けなくなってるんだね(※寂しい限り)。特攻花の話なども出てたけど…自分なんかは特攻隊の生き残りの方が身近にいたので、そんな話は色々と聞いてたり…。だからこそ、思うコト(※年長者と接する機会など)も…結構ありました。
  • 全く話は変わりますが、HPの表紙を【Blog調】に変更しました。

- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


1 Trackback


「旅客機テロ計画」?容疑者編

水際で「旅客機テロ計画」を阻止した英の底力。日本ならどうなっていた2という題名で、新たに記事をアップしましたので、興味のある方は、是非、お読み下さい。


From グレーゾーンの民間交渉人  [ 2006年8月18日 19:47 ]

Related Posts with Thumbnails