Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
牛島監督辞任
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

牛島監督辞任 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年9月 4日 23:45 ]     

Category  02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ      BBS


皆さん、御存知の通り…
今年のベイスターズは散々です。
怪我人がいたコトは確かですが…最下位が定位置となっております。


でもですね…
自分は、何故最下位になるのか…今ヒトツ理解しかねる所があるのですよ。楽天はね、仕方ないですよ。チーム打率がソコソコあるとはいえ、長打力がある打者はフェルナンデス山崎武司の両選手しかおりません。どちらかが欠けてしまえば、攻撃においては非常に厳しい戦いとなります。


一方で、ベイは…純和製打線でありながら、
村田、吉村、多村、古木と長打が期待できる選手がいて…金城、内川、石井琢朗、種田と巧打者タイプもいる。普通ならば、これらの選手を上手く使いこなせばソレなりの得点は挙げられるはず。


しかし、打率を無視した打線を毎試合の様に組み、打線が繋がらない…。
そして、ただでさえ弱い投手陣が序盤~中盤で毎度毎度失点。さらに、そんな投手を引っ張り続けて火に油を注ぎ、序盤で4~5点差が付くのは当たり前。大概の試合において、攻撃パターンが限定されるという戦いに終始しております。


負けて得るモノは、確かにあるとは思うけれども…
何を得ているのか…自分自身、よく分かりません。先日の阪神戦に関しても、誰がどう見ても調子悪い那須野を引っ張り続けて、試合を壊した。そして、彼を救援した牛田が最高の投球をした。【どう考えたって、最初に出す投手が逆だろう?】みたいな。牛田の三振奪取率は捨て難いモノがあるけれども、先発適正もある投手です。勿体ないです。


石井琢朗が2000本安打を達成した頃…
私は牛島和彦という監督の采配に関して、こんなコトを申しました。


人の不幸を喜ぶコトに…心苦しくも感じますが、1人のベイスターズファンとして申します。

メッチャ嬉しいです♪


というか…
今年の成績で残留要請するフロントはどうかしてます。
【野球を観ているのか?】とさえ思います。ユニフォームの色が少し似ている?西武と勘違いしているのではないかとさえ思います。


一定レベルのプロ野球ファンならば誰でも分かるかと思いますが…
今年の成績では解雇しなければなりません。何より、彼の采配は頑固過ぎますから(※絶不調の佐伯を起用し続ける…etc)。俺は、野球のコトを…【数学の究極論スポーツだ!】と思っている人なので、確率論を無視した采配を振るう監督は絶対に好きにはなれません。若手を育てたと言う人もいるけれども、吉村にしろ、小池にしろ…シーレックスではキチント成績を挙げていたのだから…別に彼の手柄なんかではナイのですよ。


ところで、ベイの次期監督の話題が始まっておりますが…
個人的には大矢明彦氏にカムバックしてもらいたいです。今のベイスターズは、バッテリーが全くダメです。また、良い投手が出てきた場合、途端に貧打線化します。


多分、捕手にとって料理しやすい打線なんですよ。
【スコアラーが弾き出した数字を試合に活かしているのか?】と問いたくなる程に。


こんなときに1番必要なのは、捕手から観た野球観だと思います。
大矢氏は権藤博氏に監督としての手柄を持って行かれてしまいましたが…個人的には、1998年に日本一になれたのは大矢氏の力があってこそだと思ってますし、何よりあの温かい人柄は30歳手前の若手には確実にプラスとなるはずです。


平松? 佐々木? 斉藤? 遠藤? 田淵?
色々と名前が挙がっておりますが…プロでのコーチ経験が未経験の人間もいたり、監督&コーチ時代に全く成績を挙げられなかった方ばかりではないですか…。【期待できない!】と思うのは、果たして自分だけでしょうか?


頼みますから、次の監督は大矢氏にして下さい。。。
日本ハムに取られなくてホッとした程、自分は大好きです。ソレ位に、大矢氏の胴上げシーンが観たいですし、ベイスターズでその思いを味わせてあげたいのです。


こんな思いを抱いているのは自分だけではないと思うのだけどなぁ…(;^^)

<Postscript>

セリーグもプレーオフをやるようで。
果たして、どんなルールにするのやら…(;--)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails