Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
土佐人+江戸人=??(土佐自慢@町屋)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

土佐人+江戸人=??(土佐自慢@町屋) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2006年10月24日 02:55 ]     

Category  01-D. 店探索系日記      BBS


土曜日からあっち行ったりこっち行ったりで…
家に殆どいなくて、ネット接続も皆無に近い状態でした。


ちなみに、土曜日と今日(※今を26時としてね)が呑み。
日曜日は1人で日光迄行って、秋を愉しんできました。


日光の話は、画像を整理した後、また別途書くとして…
土曜日の話だけでも、軽く…。メンバー的には、ネットでの幼馴染?みたいな感もある、てけ&山ちゃんと自分の3人。久々に男だけ…かも。そういえば。


ちなみに、てけが都内東部在住ということもあって…
なんとなく久々に東側(←山手線の半分より右側?よりも)で呑みたくなって町屋にしたのだけど、今回はアレコレ検索しましたよ。普段呑まない様な所だけど、なんとなく誘われる所を…。


例えば、メジャーな所だと…錦糸町や門前仲町や小岩。
あと、捻くれ者だから…青砥、押上、東陽町、亀戸などなど…もうハチャメチャ。さらに、綾瀬には高レベルのムエタイが生で観戦できるタイ料理屋“オーエンジャイ”という店があるという情報迄もを入手したのだけど…山ちゃんが、「久々だし、喋りに重きを置きたい!」というコトだったので、奇を衒わず…その意向に沿った店を探索するコトにしました。


そうして見付けたのが、町屋駅から徒歩6~7分位の所にある“土佐自慢”というお店。

土佐という時点で、“四国系=当たり”という法則を常に口にしている人なので、○判定。
さらに、安く隠れ家的なロケーション(※っていうか、地図があっても、地図を読むのが苦手な人は辿り着けないかもしれない)というコトで◎判定。そして、予約の電話を入れたら女将さんの人当たりが超良い感じだったので、◎判定としていたのだけれども、この…野生的な勘が全て大当たり♪


ちなみに、“隠れ家”と書いたけど、商店街から全く外れた所にあって…
店内は座敷が8人程度&3人程度が1つずつ。後はカウンターに6~7名程度って感じだったかなぁ。如何にも、「下町によくあるような飲み屋」なのだけど、平均レベルと思ったら大間違い。魚介類は土佐から直送されるし、酒は薄くしない(※ケチらない)が女将さんのモットーだし?、何もかも大盤振る舞いで美味しいのです。「地方にある、大当たり系の民宿における夕食の雰囲気に近い」ってな感じ!?


大将に話を伺ったところ…


『コレが土佐人のやり方なんだよ!!』


だってさ。スゴイよ、土佐人w
昨年、自分達が徳島県内で宿泊する際に利用した淡水荘も存じ上げているし(※普通は知らない)、「なんでだろう?」と思ってたら、元々足摺にあるホテルで仕切ってた方みたいで、そういうコトも理由としてあるみたいなの。凄く詳しそう…。そんな店なのに…5時間いて3人割りで4200円。絶対に安い。安過ぎる。都会のど真ん中(※例えば、築地や銀座ね)でやったら、もっと高いと思うよ。


さらに、山ちゃんなんかは御殿場からの参加となるから…
こちらでの呑み会は必ず遠征。その話をすると、女将さんは当たり前の様にこう申しました。


「泊まっても良いよ? 私はね、人の良い悪いを判断する勘には優れてるから!」


こんな店、ありそうだけれども…そうはない。絶対にない。
ドコ迄も家庭的な温かさに包まれてるってな感じ!!


あまり穴場を紹介したくないけれども、ココは、「騙された…」と思って行ってみて下さい。
あまり人が入らないから、畳もうかと度々思うのよ…」と女将さんは言ってましたけど…と、と、と、と、とんでもない…。こんな店を潰してしまったら、罰が当たる気がする位の所ですよ。


っていうか、この店は1人で行けるかも。ウン。
強いて言えば、もう少し家から近いとありがたいのだけれども@涙


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-D. 店探索系日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails