Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
やっぱりそうなった…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome72&Firefox65&OPERA48&Safari5.1…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/6.0&iOS11の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。
@new_can

やっぱりそうなった… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年2月 8日 23:10 ]     

Category  01-D. 店探索系日記      BBS


2007年になってから、本当にツイてません。。。
今のプロジェクトは、『人間関係的なモノがどうもギクシャクしている』ということを入ってから2日ほどで感じました。凄く気になっていて、『誰も見ていない間に、コッソリとタッグを組んでおこう!』という作戦に早くから出たのですね。多くのメンバーが目黒に出始めてからは、PGM開発メンバーとして…『やはりベーシス担当だろう?』というコトで、お互いそう思っていたこともあってか、自然と仲良くなってるこの頃です(※ちなみに、ベーシスの方は1つだけ年上)。


…でね、2人で気にしてたことがあったの。自分達2人のときに…
猪瀬直樹氏風の人がプロジェクトの破壊屋にならなければ良いなぁ…』なんて雑談をしていたのだけど、なんとソレが早くも結果として表れてしまいましてね。たったの1ヶ月で3人も抜けることになってしまいました@涙。ユーザーサイドで考えても、『バカでなければ異常事態に気付くはず』。1人は何週間か前だけど、その他の2人は今週。話を当人からオフレコで聞いたのは昨日の水曜日。この1ヶ月、昼休みは一緒にランチしに行ってただけに寂しい限り…。


どんなやり取りが2人とその人の間でなされたか、生々しいことは分からないけど…
とりあえず、『今迄の経験、そして仕事のやり方を全否定された』のだと思うのです。その人の怒り方は、いつもそんな感じなので…(;--)。でも、新しい仕事に入ってから1ヶ月はキャリアある人とはいえ…PGM開発でなければ、試用期間だと思うのです。その期間に、その怒った人をはじめ2人をサポートをしたかというと…客観的に見て、非常に冷たい限り。そして、『精神的に健康状態を崩したという理由で去ります…』みたいな。


ちなみに、2人の仕事をですね…
多分、『引き継げ』と言われると昨日から思っていたのですが…案の定、俺みたいなのです。こういうのが原因の場合さ、『辞めさせた方が仕事の責任も取ってくれよ!』と言いたくなるんだけどさ。しかも、ウチの社員じゃないから@怒


『隣家の大火でウチの家迄燃えちゃったよ…』みたいな気分です。
でも、哀しい。ホント哀しい。


そんなコトを察していたかのように?、一昨日&昨日と呑んでました。
なんか、今日落ち込み過ぎていないのは…その結果だと思う位です。


ちなみに、一昨日は…
知り合ったのは1年ほど前かな。近所にある飲み屋(※店を明かすと、自分と同様に常連さんだから分かっちゃう)でなのだけどさ。中華料理の修行をしている子で、ナツキくんという男の子(8つ下)がいるのです。その彼がですね、15歳上…つまり、この自分よりも7つ上の人に告白して、成功したの…でも、2日後にフラレタのですね。ココ最近、日記に“店に行く”と書いてあったから、待ち伏せしてたのだけど…この自分が励ますことになってました。


彼は、俺から見ても本当に素直で良い子なの。オジさん連中の相手も凄く上手い。
誰が彼を見ても…そう言うと思う。でも、『同世代はどうも…』という考えだけは頑なに崩さない所があって、女性のタイプにしても…『絶対に年上しかあり得ない!!』という感じなんですね。そんな姿を見ている、その店のマスターや自分などは、なんとなく不憫?で、『コレをどうにかして変えよう作戦!?』を実行中なのですね。『やってみましょう!』と自分が言ってから、初めてこの類の話をキチント話せたかなという気がします。


っていうか、自分の場合…
何故か、年上とも仲良くできてるタイプじゃないですかw
実はそんな日の翌日である昨日…偶然、あきねぇに呼び出されましてね。地元の千歳船橋にあるDINING&BAR ABU(※リンク先はmixiのコミュ。安くて美味しい良い店です!)で一緒に呑みながら…途中、今日の愚痴なども聞いてもらっていたんだけど…こんな話を彼にするとですね、やっぱり凄く羨ましがるんですね…(;^^)


『どうして、そんなに仲良くなったんですか?』とか…


『そんなに共通点あるんですか? 彼女にした方が良いですよ!』とか…


言うことが、とにかくカワイイのです。
でも、『この歳になるとね…』みたいなコトを話しておきました。正直な話、ある程度の年齢の独身女性は…姉御肌な所もあって、逞しいです。男友達がイッパイいる人も多いです。男を客観的にキチント評価できるだけの経験を積んでますし、その良し悪しを言葉でハッキリと表現することができます。だから、こちらも仲良くできる。でも、彼氏となると…というのはあるんだよね。『現実を色々な角度からよく考えた方が良いよ…』みたいなことを彼には言っておきました。ショックだとは思うけどね。


でも、俺は年上の否定はしてませんし…するツモリなど、毛頭ありません。
だから、締めとして使ったのは…『上の範囲はもう少し狭めた方が良いと思うよ』という感じです。でも、それじゃまた同じコトをやってしまいそうな気もするから、具体的に数字も出しておきました。


『次は25~28歳位を上限にしておきなよ!!』とね。


ダメかしら…??(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  岐阜県ブログ

AlphaPolis  人気blogランキング  ブログ王  人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-D. 店探索系日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails