Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
『ワタシって、結婚できるかなぁ…』
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

『ワタシって、結婚できるかなぁ…』 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年2月17日 11:24 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


最近、日記のタイトルって、所謂…『ドッキリ系』が多いじゃありませんか?
ソレっぽいタイトルのときは、『どうせ、バトンだろう?』と思って、どんな反応をしているのかだけをチェックしているのですが、昨日は違いました。ネットを始めた当時に国境を越えて知り合った友達の1人で、5つ年下にかなえちゃんという娘がいるのですが、彼女の日記を軽い気持ちで開いた所…『婚約した』そうです。


ちなみに、来月の3日には…
1年程前かな。マイミク経由で知り合って、自分と同業者で丸ノ内での作業の末期は、作業場も隣部屋だったミッチーの結婚パーティーみたいなのがあるけれども、彼の場合は年齢が1つ下であるせいか、色々な意味で適齢期でもある気がして…特に焦燥感も沸かなかったんですね(※でも、パーティーに行ったら沸くだろうね)。


ただ、かなえちゃんの場合は…
彼女が10代のときから知っている(…と言っても、自分自身も20代を越えたばかりの頃だけどね)せいでしょうか。今迄は特に何も感じなかったコトを凄く考えてしまいました。本当に凄く…ハイ、考えてしまいました。


『地球の自転が逆に回転し始めたかのような…』というか…まぁ、そんな。。。


…チョット大袈裟かな。
尤も、自分はかなえちゃんと結婚したかったという訳ではなくて、、、
なんて言えば良いのかなぁ。とりあえず、妹みたいな年頃の女の子と偶然にも20代前半で知り合ってしまったせいか、そんな目で見たコトは1度もなかった…というか、見れなかった。偶然にも、本物もカワイイのだけど、『カワイイね、カワイイね…』とよく口にしたものでした。


2年前に遊んでもらったときも…
初対面のとき、超スレンダーである意味心配だった?かなえちゃんに、『微妙に肉が付いて、ホッとしたよ。でもね、今の方がカワイイねw』みたいなコトを確か言った…と思うんです。初対面のときの印象って、何年経っても…やっぱり消えないし、そんな目で成長をやっぱり見てしまうんですね。昔から、顔に似つかぬ超男前な部分があることをよく知っていても。。。


あのときは…
2人で今治でホボ朝迄オールで呑み&メッチャメチャ遊びました。その際に、洒落た店で、『お互い、結婚できるかなぁ…??w』なんて話もしたんですよね。実は。話が尽きなくて…自分が知り合った当時の元彼に対しても、『そっちにいるんだよ。絶対に逢いたいと思ってるはずだから、にゅうの連絡先を教えておくね。たまには逢ってあげてね!』みたいなコトを言われたの。それから暫くして、その元彼&元彼の…今の奥さんとも自分は逢って、昔のことを懐かしんだりもしたけれど…この2人も伴侶と一緒に生きることで、フラフラした部分がなくなり、凄く変わりました。毎日、幸せそうです。かなえちゃんに関しても、そんな元彼達に負けない位に幸せになってもらいたいなと心からそう思いました。


正直な話、この2人に関しては…
ネットを始めた頃、2人の年齢は下から数えた方が早かったせいか、いつ迄経っても何もかもがカワイクて、ホント自分のことのように思えるんですね。でも、結婚したら…『自分が知らない、大人の世界』に踏み込んだことを意味しているとも思うんです。もう、自分なんかにしてみれば、『時に見上げる様な人生の先輩みたいな存在』なんですよね。


今の自分の夢の1つは…
上記に挙げた友達とも…結婚前の気楽な立場じゃなくて、結婚後の立場でも同じ話をする(…というか、『させてもらえる』?)ことなんですよね。なんて言うんだろう…。語弊がある喩えだとは思うのですが、この先の人生を1人で生きることって、ある意味で…『路地裏で時に寂しそうな姿を見せる捨て猫の様にキミは生きる自信があるかい?』と問われている様なモノだと思うんですね。俺は、その路地裏を…上手く使いこなし続ける自信がないし、路地裏に入りこ込んでしまったときに、抜けられる自信がないのです。男は自分に限らず、総じて下手な存在だと思うけどさ。


昨日という昨日は…
『1段階上の世界に踏み込める様な努力を自分も日々しなければいけないなぁ…』と心からそう思いました。でも、その“いつか”の前の出来事…自分にもキチント訪れるのかなぁ。実は、その相手は自分の近くにいて、それを神様が遠くで笑っているだけの日々を過ごしているのかなぁ…。コレだけは本当に自信がなくて、もう怖い。本当に怖い。


とりあえず、年下の結婚ラッシュに自身の将来が心配な自分であります…orz

<Postscript>

考えてみると…
実は、自分に対して、『ワタシって結婚できるかなぁ…』という類の話を振って来た女の子はその数年後に結婚するという法則がある気がします。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails