Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
大井川鐵道を堪能する旅:其の弐(尾盛~奥大井湖上間)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

大井川鐵道を堪能する旅:其の弐(尾盛~奥大井湖上間) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年4月23日 06:08 ]     

Category  03-F. 国内旅行記@東海      BBS


<其の壱からの続き(※画像数の関係にて分割)>

関の沢鉄橋を通過し、暫くすると…尾盛駅に到着します。

  

駅の周りには民家は1件もありませんし、タヌキの像以外は見るべきモノは何もナシ。
車掌さんのアナウンスによると、『ダム建設を行っていた際、作業員が住んでいたから設置された』とのことで、『この駅に通じる道は一切ない』そうです。

ただ…次の接阻峡温泉駅へ向かう途中でしたでしょうか。
上記画像の様な吊り橋が幾つか架かっていたので、個人的には、ソレと線路歩きをセットで利用すると、どこかへ辿り着けるのかなと思ったりもしたのですが…(;^^)。尚、この尾盛駅~大井川本線の地名駅迄、列車は川根本町を縦断する形となります。

  

接阻峡温泉駅です。
駅名の通り、徒歩圏内の距離に温泉会館があります。 駅周辺には茶畑(※「川根茶」の産地です)もあったり、井川線沿線としては珍しく…駅前に集落がありますw。あと、どうでも良い話ですけど、この駅のスタンプは何故か旧駅名の川根長島です。

  

左手に接阻湖(長島ダム)、右手に湖底に沈む前の井川線の廃線跡などを眺めながら…
レインボーブリッジ(※2つセットの鉄橋です)と呼ばれる鉄橋を渡った先にある陸地が接阻峡温泉駅の次の駅である…奥大井湖上駅です。2つの鉄橋に囲まれている…陸の孤島の様な駅です。上記画像の鉄橋は接阻峡側のモノですが、こちらは徒歩で横断することが可能です。

ちなみに、今は水が張っているので恐怖を感じないですが…
前回の来訪時はココに水が全く張っていない様な状態でした。吸い込まれそうな恐怖を1人感じたことをよく覚えてます。

そして、あのときから…
水が貯まったら、1度はこんな駅で湖を見ながらノンビリとした時間を過ごしてみたい!』という思いがあり…念願を叶えるために、今回は途中下車をすることにしてみました。

  

途中下車するのは、どうせ自分だけだろう?
と思っていたのですが、意外にも井川方面に向かう列車の乗客は何人か下車する様な駅でした。駅のある陸地には上記画像の様な“レイクコテージ奥大井”しかありませんが…ロケーションの珍しさ、コレが意外とウケているのでしょうね。

  

ちなみに、コテージの脇にはハイキングコースらしきものがあるのですが…
ソコを15分程登ると、上記の様な画像を撮ることができます。ただ、電線が何本も邪魔するので、出来としてはかな~り哀しい画像となりますけど…orz(※ちなみに、1番左は臨時列車)。レインボーブリッジは対岸の山の上を走る道路上から撮るべきでしょうね…トホホ。。。

しかし、こんな感じで撮ってみると…
本当に凄い所に列車を通してることがハッキリと分かりますね。ただただ驚かされるばかりであります。


まだまだ、画像はあるのですが…
枚数の関係もあり、今回はココ迄の報告とします。
奥大井湖上駅より先の報告は、また今度…』ということで…m(__)m

<つづく>


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-F. 国内旅行記@東海」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


2 Trackbacks

2007年5月 大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) その4

接岨峡温泉駅で、途中下車。天候もよく。ちょっと、汗ばんできたので、この駅で温泉へ向かいます。 山に囲まれた小さな駅。でも温泉地なので、それなりに住人も住...


From マイ・つるかわ・生活?鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ  [ 2007年5月12日 13:29 ]

2007年5月 大井川鉄道 井川線(南アルプスあぷとライン) その3

井川線の旅。その3です。列車は、高度を上げていき、路線でもっとも高い(100m)鉄橋「関の沢鉄橋」を通ります。で、どんなに高いのかと言うと・・・下の鉄橋...


From マイ・つるかわ・生活?鶴川住人日記、東京近郊おでかけメモ、キャンプのメモ  [ 2007年5月12日 13:21 ]

Related Posts with Thumbnails