Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
事件は人を選ぶ-向田邦子編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

事件は人を選ぶ-向田邦子編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年5月27日 22:09 ]     

Category  04-A. 印象的な言葉      BBS


昨日、定例の習い事の後、世田谷文学館へ行き…
向田邦子の企画展である「果敢なる生涯」を覗いてきました。企画展…今日迄だったしね。
(※今から行きたいと思った方は鹿児島へ行って下さい)


ちなみに、企画展に関する率直な感想を述べますと…

\700でこの程度かよ…

という“散々な内容”という印象は否めず。全く面白くなかったです。
何しろ、ドラマの回顧ばかり。自分の様な70年代後半以降の世代に彼女の魅力を訴えかけるような展示物は殆どありませんでした。


向田邦子ドラマをリアルタイムで知らない世代としては…
台湾で悲運の航空機事故に巻き込まれ、人生の幕を閉じることとなった彼女の魅力をもっと×2知りたいのです。「伝説の人であって欲しくない」のです。

…そう思うからこそ、ドラマの回顧ばかりに重きを当て、、、
書き手としての向田邦子”という側面から深く掘り下げられなかった展示内容に苛立ちを感じました。そして、疑問を呈しなければならないと思いました。だって、向田邦子は脚本家というイメージが強過ぎるのは事実ですけど、「ソモソモ、脚本家は良き書き手でもある」のですからね。。。


そんな訳で、文句ダラダラな訳なんですけど、とある展示物に書いてあった…
1つの言葉だけは頭から離れません。実は、ソレが“今回のタイトル”であったりします。


生前、最終的に事故に遭って人生を狂わされた方が、、、
「そんなことを言っていたの??」みたいな。「嘘だろう…?」と。結末だけを考えると、惨い仕打ちを神は与えたものだと思わずにはいられません。 だからこそ、この言葉は直球となって自分の心に飛び込んできました。

頭の中が真っ白になった。
凄く重たい。もの凄く重たい。


色々な事件がある昨今ですけど…
俺もやっぱり…「巻き込まれる理由はある」と思いたいです。


例えば、面識のナイ方に自分の息子(←いないけどさ)を殺されたとしたら…
俺は恨みますよ。刺して殺したいですよ。でもね、我慢しなければならない…というか、ソレを使命として感じなければならないのが長い歴史を背負った人間の責務であるのかもしれません。そうしなければ、「世界が恒久的に良くならない」のかもしれません。


結局、1つの命は自分達だけのものではなくて、全世界のモノなんですよね。
常にグローバルに考えることを…求められているんですよね。


もしかしたら、日々の人との出会いなども…
事件と捉えても良いならば…コレだって神が選んでるのかもしれませんね。


自分たちは、もっと身の回りの出来事…
もっと大切にしなきゃいけないんだよ。もっとさ。。。


そんな訳で、タイトルの言葉の対価に関して、個人的には、\700以上のモノだったと思ってます。
皆さんの心に対しても、ズシ~ンと響けば何よりです。。。

<Postscript>

せっかくの機会…ということもあり、本文で取り上げた「父の詫び状」を購入してきました。
時間ができたら読もうと思ってます。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-A. 印象的な言葉」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


2 Comments

バンさん…こちらこそ、はじめまして~♪ New-Can@にゅうです。
コメントありがとうございます&宜しくお願い致します。

今回の言葉は本当に印象的だったので、TBってみました。
初めて見つけたトラックバック先ですが、ソコに該当する
文章は多いので、コレからは適宜TBをやろうと思います!
来訪、大歓迎ですぅ。自分もはてなでブックマークしますよw

》全文を読んで・・・ 
》私の心には しっかりと 届くものがありました

ありがとうございま~す。スゴク嬉しいです!!

『人が 人を 殺めて欲しくない!』
⇒ホントそうですよね。戦争なんて、その典型ですし…
 北朝鮮への拉致やインドのカースト制度とか…ある種の「生き殺し」に関しても
 大きな問題だと思ってます。

『人の振り見て 我が振り直せ』
⇒今の時代、誰かが変なことをやれば、“人の振り見て 我も続け”であり…
 他人に対する非難に関しては仰る通りだと思いますね。特に、日本人なんかは
 集団でワッと責め、嫌みったらしく追い詰める傾向があるので、非常にキツイ国だと
 思います。『だから、外国でダメなのかな?』とも思いますよ。

『出来れば 皆が楽しく笑える そんな時代』
⇒ホント、こんな時代が来て欲しいと思います。
 今の様な資本主義の時代は色々と計算する人が多くて疲れます。
 人のために良い時代とは思いませんね。
 なんていうか…心の美しい方が埋もれない時代が来て欲しいですね。


From にゅう  [ 2007年5月29日 08:20 ]

はじめまして・・・  おはようございます
私は 「げっちょ虫」の バン と 申します ♪
TB ありがとうございました ( ^-’)/

ブログ記事 読ませて頂きました
最後に書かれていた
「皆さんの心に対しても、ズシ~ンと響けば何よりです」
の問いかけに マズ 答えたいと思います

全文を読んで・・・ 
私の心には しっかりと 届くものがありました
思いの全てを語ろうとすれば 文字が多くなり過ぎて
私の場合 一度では 多分 書ききれないと思います
ので・・・ 簡単に 書きますが
願いは 人が 人を 殺めて欲しくない! ・・・
それが 何よりもの 願いです
どんな現状でも どんな状況でも
最後の 最后まで 人は 人として生きて欲しい
で・・・ 私も やっぱり 心を持った 人 として
最后まで 生きて行きたいと そう 思っています
昔の言葉に「人の振り見て 我が振り直せ」
って ありますよネッ
今は 淋しい事に それが無いような気がします
自分の事は棚に上げて 人の非難ばかりをしてる
むしゃくしゃするのも 嫌な事があるのも
全て 人のせい 誰かのせい に しちゃってる
何故そうなってしまうのか 何故そう思うのか
そうじゃないでしょう!? と 言いたくなります
生きて行くための 社会的ルール&秩序
段々失われてきている 昨今・・・
もう一度 しっかり 見つめなおさなくちゃ! と
それは 私自身にも 言い聞かせる言葉でもあります
出来れば 皆が楽しく笑える そんな時代に
なってくれたら・・・ と それだけを 願うばかりです

ヤッパリ・・・長くなってしまいました スイマセン
もし これからも 宜しかったら TB 待ってます
時々は お邪魔したいと思うのですが 良いですか?
OK! だったら 嬉しい バン です  ヽ( ´ー`)ノ


From バン  [ 2007年5月28日 08:21 ]
Related Posts with Thumbnails