Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
スポーツマンこそ紳士であれ!
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

スポーツマンこそ紳士であれ! 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年10月13日 23:27 ]     

Category  02-G. その他 スポーツ      BBS


仕事の忙しさもあり、、、
ココ数日、試合後も話題になっている?ボクシングのWBC世界フライ級の対決(内藤大助vs亀田大毅)はリアルタイムでチェックすることはできませんでした。結果だけを携帯電話でチェックし、翌日のニュースで簡単にチェックしただけ…といった状態。


まぁ、あの試合に関しては…
日本人相手に限れば無敗であった内藤大助が勝利することは…
予想通り』という感じであったのですが…亀田大毅は予想以上のヘタレ&弱気モードでしたね。ゴングが鳴って比較的早いうちに、『超ヤベェとでも思ったんだろうなぁ…』ということが容易に想像が付くような戦い方だったなという気がしました。


っていうか、一定量の練習を積んだプロ選手であれば…
実力差なんて、きっと瞬間的に分かるはずですよね。瞬間的にさ。だから、反則行為に出るしかなかったのだと思うのですが、抱えて投げるなんて初めてみましたよ。もし、その行為が原因で相手選手が選手生命に関わるような怪我をしたならば、どう責任を取るんですか? 何も考えてないですよね。亀田家は…。


コメントに関しても、そんなことが窺えるような内容でありました。
(※ちなみに、“》”の部分は私からのレスであります)


父史郎氏
「大毅の反則行為は、故意ではありません。大毅の若さ、精神的な未熟さが出た結果だと思います。セコンドについたトレーナーとして大毅の反則行為を止められなかった事は反省しております。ただこれも闘志の現れであって、結果として反則行為となってしまったことをご理解していただきたい。大毅本人も深く反省し、一から出直す覚悟ですので、今後ともよろしくお願いいたします」

》理解しろって? そりゃぁ、無理でしょう?
》若さ? 精神的な未熟さ? 闘志の現れ?
》そんな理由で許して良いのでしょうか。呆れて開いた口が塞がりません。
》そもそも、プロ選手はルールを守れるからこそ、プロ選手なのではないでしょうか?
》例えば、高校出のプロ野球選手が内緒でコルク入りのバットを持参して出場し…
》ホームランを量産しても良いんですか? もし、こんな選手がいたならば、
》年齢に関わらず、当然…永久追放でしょう? 今回の行為はそれに値すると思いますけど…。
》こんな言い訳をする自体、如何なものかと思います。即刻、資格を剥奪すべきです。
》また、内藤選手に対する謝罪のコメントが一切ないことも大問題ですし…
》問題発言に関する説明もなし。さらに自らの首をキツク絞めましたね。

興毅氏
「11ラウンドの開始前の俺の発言が誤解されてるみたいやけど、あれは亀田家のボクシング用語で誤解されてるようなもんやない。あれはヒジを上げてしっかりガードして、目の位置を狙えいう意味。亀田スタイルの基本や。それに今のグローブはサミング出来へんように親指のところが縫いつけられてるから、サミングなんて出来るわけあらへん。俺が大毅に反則をさせるような事は絶対にあらへん」

》ボクシング用語? どう考えても、反則行為を助長する日本語でしょう?
》下記の通り、問題発言はTVでも放送されてしまっているのにさぁ…。
》懲罰は『ボクシング界からの永久追放』…コレしかないと思います。

今回、こんなことが起こっていると知らずに試合をこなした内藤大助選手に関しては…
結果的に、『命を賭けて戦ってくれた』と言っても良いのではないかと思います。その勇敢な戦いに対して、自分たちは心から賞賛しなければならないと思います。また、「反則のオンパレード。うやむやに終えることはできない」と今回のことを訴えるというスタンスに関しても、自分は応援したいです。サミング、ローブロー(太ももを叩く)、エルボー、首絞め、スリップダウン時の攻撃…もう話になりません。【ボクシング≠ケンカ】なのですから。


ところで、今回の結果を知って、自分の頭に最初に浮かんだことは、当然ながら…
切腹するんでしょ?』という感じなのですが、そういえば…まだしていないですね。


できないなら、口にするなよ!!』という感じですよね。


そもそも、切腹というものは…
足軽以下の身分や庶民は切腹を許されなかった行為であり、自分の不始末を自力で処理するということで“誉ある死”とされたものなのです。だからこそ、三島由紀夫だって、最期は切腹を選んだのでしょう? まぁ、死んだからって今回の行為は許してもらえるとも思いませんけど…。

<Postscript>

やくみつる氏のコメントが知りたいw


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-G. その他 スポーツ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


1 Comment

全く馬鹿ですよね。
全くの同意見です。
早くついほう、切腹。


From 通りすがり  [ 2007年10月14日 01:37 ]  / 返信
 





Related Posts with Thumbnails