Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
秋の東北周遊:陸羽東線編 其の弐(鳴子~瀬見温泉~新庄間)など
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

秋の東北周遊:陸羽東線編 其の弐(鳴子~瀬見温泉~新庄間)など 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年11月13日 08:14 ]     

Category  01-D. 店探索系日記  *  03-B. 国内旅行記@東北      BBS


<其の壱からの続き>

鳴子温泉駅は陸羽東線小牛田~新庄間、全長94.1kmに及ぶ路線の中間地点。
引き続き、自分は新庄を目指し、さらに西へ向かってみることにしました。ちなみに、次の中山平温泉駅との間には、其の壱の通り…撮影スポットがありましたが、『列車からの景色はどんなモノだろう?』と思うと、期待に胸が膨らみました。

陸羽東線車窓01 陸羽東線車窓02 陸羽東線車窓03

…ところが、撮影結果は左上の画像の通り。
集合体になったときの美しさを既に知っているだけに、なんとなく少し哀しい…(;^^)。ちなみに、陸羽東線に関しては、鳴子温泉から先、終点の新庄迄は進行方向左手に座った方が良いかと思います。山々が連なり、紅葉の美しさを十分堪能できる車窓…コレはオススメです。ただ、この日は、移動中の天気が非常に悪かったので、素敵な画像を殆ど撮ることができませんでしたけど…。いやぁ、上手く伝えることができないのが残念で仕方ありません。

瀬見温泉駅01 瀬見温泉駅02

…そんな事情もあり、、、
新庄へ移動する迄の間に瀬見温泉駅で途中下車してみることにしました。尚、鳴子温泉駅からの所要時間は約40分ほど。

上記画像の通り、『この周辺の紅葉も良さそうだなぁ…』と思いましてね。
駅から鳴子方面へ向かって歩き、最上小国川沿いの紅葉を愉しむことにしてみました。

確か、駅から徒歩で15~20分ほどの所だったと思います。
瀬見発電所があるのですが、今回はその周辺が見頃の時期を迎えておりました。

瀬見発電所付近01 瀬見発電所付近02 瀬見発電所付近03

鳴子峡も良かったとは思いますが、こちら瀬見も良い雰囲気が出ているでしょう?

瀬見発電所付近04

ちなみに、この最上小国川にはダムがないようで…
これらの風景は本当の意味で、“昔ながらの手付かずの自然だ”と言えるかと思います。尚、この中には…一部、川沿いの岩をユックリと降りて撮った執念の作品も数枚含まれています。撮影した自分が申すのも難ですが、戻るのが大変なので、運動神経に自信がない方は真似しない方が良いです!


…こんな感じで暫く紅葉を楽しんだ後、、、
瀬見温泉の方へ向かうことにしました。ちなみに、温泉街は、駅からは南西方向へ徒歩10分ほどの距離にあります。

義経大橋 喜至楼 本館 喜至楼 別館

瀬見公民館下の公衆浴場 湯前神社 薬研の湯

温泉街の手前には“義経大橋”という橋があります。源義経像も印象的です。
実は、この瀬見温泉…どうやら「弁慶伝説が残る温泉」のようなのです。義経の子供である、亀若丸の産湯を探していた際、湯気が出ている最上小国川沿いの岩を長刀で割ったところ、温泉を発見したとのことですから…。その源泉は、現在の「薬研の湯」なのだとか(※川沿いの画像がソレ)。

尚、宿に関しては、上記の喜至楼が印象的でした(※左側が本館で右側が別館)。
おそらく、この本館のレトロな建物が気になったのは自分だけではないと思うのですが、帰宅後に調べてみたところ…『山形県内に現存する最古の旅館建築物だった』とか。うぉ~、中に入っておけば良かった…(悔)。さらに調べてみると、山形県を訪問する歴代の天皇・皇后が、何度も宿泊したことがある所だとか…。調査不足、残念…orz

という訳で、今回の自分はどこのお風呂を利用したのかと申しますと…
喜至楼本館の対面にある瀬見公民館下の公衆浴場(\100)。町外の方は18時迄しか入れないので、来訪する際は注意が必要です。尚、瀬見温泉名物の「ふかし湯」に関しても利用可能でした(\300)が、今回は時間や天気の関係(※傘を持っていなかった…)でパスせざるを得なかったので、また来訪する機会があればその際にでも利用してみることにします。

新庄駅01 新庄駅02 新庄駅03

瀬見温泉から、終着駅である新庄迄移動しました。
高校生のとき、弟と山形から奥羽線に乗って、この新庄で陸羽西線に乗り換え、庄内側の鶴岡へ向かったとき以来の来訪…となりましたが、1999年から新幹線が運行されたときに合わせて、駅舎がとても立派になったせいか、当時の面影が全くなかったような気がします。ちなみに、今回も駅近くの喫茶店でお茶しただけで終わってしまいました…(;^^)

<Postscript>

↓この日の夕食です↓

鶴我01 鶴我02 鶴我03

その後、新庄から郡山へ移動し…鶴我というお店で食しました。
カウンター1人でもOKと書いてあったので、堂々と…。すると、『県外の人だから、特別に…』と、どぶろくも頂戴しちゃいましたw。ちなみに、会津馬肉(※画像の8点盛り)に関しても、とても美味しかったです。また行こうかなぁ…なんて。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-B. 国内旅行記@東北」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails