Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
もっと甘えても良いよ
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

もっと甘えても良いよ 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2007年11月15日 07:36 ]     

Category  01-F. ボランティア系      BBS


この間の日曜日は、定例ボランティア(GAYA)の日でした。
終わった後は、率直な感想をできるだけ書いておこうと思っているのですが、先月は…あまりに平和的に終わり過ぎてツマらなかったので割愛しました。でも、今回は書いておこうと思います。


ただ、今回は汚い話もするので…食事中に読まないで下さい。


実は、今月はウチの班はお休みの日で…
行かなくても良かった日でした。ただ、他班の様子も見てみたかったし…みたいな。


でも、土曜日…
大学時代の友達であるたかあき氏と目黒のカブトでチョットシャブシャブし過ぎて…
お腹の方が極限を越えていたので、、、

焼肉とか食系じゃなきゃ良いな…

と思いながら、行ったら…shigetpさんらがいるカラオケ班。
ホッ…みたいな。


この日は、来なかった人もいた関係で…
自分が入る形になったけれど、少々適当屋な元気印の?自分が良い面に出た所もあったようで、今迄見たことない面を見せていた子もいたようです。


でも、正直な話、行き始めてから…
初めてマトモに働いたと思うのです。働けたと思うのです。


まず、大きい方の…排泄物の付き合いもしました。
何かをやる前、1人でトイレを済ませるのが難しい子には、『トイレ行こ!』という感じで必ず確認しているツモリだけど、大きい方は初めて…出くわしましたね。彼なんかは、誰かが付いていないと絶対にダメなタイプだということは分かっていたけれど、こちらの予想以上に自分に懐いてくれましてね。驚きました。


話は逸れるのですが、排泄物の件に関しては、思い出があります。
もう何年前だろう。当時、介護をやっていた友達のさくら御前嬢に…

『他人の排泄物を手に取れる? にゅうね、そういうことはね、サッとやれる自信がなければ、
 こういう世界へは行かない方が良いと思うな』

と言われたことがあるのです。


ボランティアに関わってから…
この言葉を忘れたこと…1度もありませんでした。そして、この世界に関わってから、そういう機会が訪れたとしても…“オレ、絶対に大丈夫”と思ってました。でも、『頭の中だけでしょ?』と言われたら、それまでであり…今回、初めて訪れたオシリを綺麗に拭く機会に、この言葉に対する自分なりの回答が少しできた気がして、あの日は…最初から自己満足に浸れてました。


でも、やってしまうと…正直な感想って、、、
“漏らさなくて良かった…”という安堵しかありませんでしたね。
そして、そういうことにならないよう…なんていうか、勘を…『まだまだ磨かないとな』と思いました。


ただ、今回の班はこれだけでは済まない班でしてね。
外へ出れば出たで、女性が正面からやって来るとヒップを触りたくなったり、抱き付きたくなる…そんな子も抱えている班で、移動のときも戦いなのです。外出時は、その彼と付きっ切り。女子高生が正面から来たときと若い女性に右手が伸びたときの反応、あれを隣で見たとき…『ある意味で、男はナイフだな』と思いましたね。まぁ、話に聞いてはいたから、彼の動きは一瞬の動きかもしれないけど、自分にはスローモーションのように見えたし、何事もなかったかのように止めることはできているけど。


ただ、カラオケのときとかもその子をず~っと見てはいたけど…
自分が不覚にも読売巨人軍の歌を唄わなければならなくなって(※アンチ巨人ですからね)、唄ってたところ…

上手くて良いなぁ

とか言ったり、彼に唄わせてみたりしたときに…

ボク、上手く唄えてる?

とか言うんですね。声は小さいけど。
もうさ、こう言われちゃうと、ナデナデしたくなるのは自分だけ?
一側面を綺麗に切り取ると、スゴクカワイイと思うし、良い子だと思うのです。こういう子は時間かけて、もっとギュッっと…というか、何かできぬものかなぁ…と思わされるし、かまってあげたくなりますね。『無理なのかもしれないけど、なんとかなりそうだと思ってしまうタイプなのかな…』と改めて思いました。彼に足りないものは、自信そのものでしかないと…ね。


班が違うので、また機会があればカマってあげようとは思っているのですが…
女性に関することって、やっぱり難しいのかなぁ。植草一秀氏の件もあるし…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-F. ボランティア系」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails