Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
冬の道東周遊 其の弐:浜中~釧路→釧網本線
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

冬の道東周遊 其の弐:浜中~釧路→釧網本線 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年2月22日 08:11 ]     

Category  03-A. 国内旅行記@北海道      BBS


<其の壱からの続き>

霧多布温泉・ゆうゆから折り返し浜中駅へと戻るバスは…
時刻表を見ると、釧路方面に向かう列車との接続時間は僅か1分。内心、かなりドキドキしながらバスに乗車したのですが…運転士さんはそのことを分かっていてくれたのでしょう。少し余裕を持って到着してくれたこともあり、問題なく、釧路方面の列車に乗車することができました。

 

こちらは、浜中の隣駅である…
茶内です。地図を見れば分かるとは思いますが、ココから先、厚岸の先迄は車内から湿原風景を愉しむことができます。

  

茶内の隣駅である糸魚沢を通過し、暫くすると…
不自然な警笛が響き、列車は急に減速しました。「変だなぁ…」と思い、最前部へ行ってみると…

エゾシカ2頭が線路を横断しようとしている真っ最中でした。
エゾオオカミが北海道で100年程前に絶滅してから、このエゾシカは増える一方のようで、花咲線においても今回のように安全運航に支障を来たすケースが度々あるそうです。地球上の生き物は、何かしら生存理由はあるのでしょう。生態系のバランスを戻すことを真剣に考えなければいけない時代になっているのかもしれません。

  

 

こちらは雪で覆われた…
厚岸湖です。夏とは全く違う冬の姿も良いモノだなと思いました。ちなみに、画像では分かり辛いかもしれませんが、湖面はエゾシカの足跡でイッパイでした。

大漁ラーメン@塩

釧路には13時過ぎに到着しました。
釧網本線の列車が発車する迄、まだ40分程の時間があったので、駅の中にある“汽風”という店で大漁ラーメン@塩(1,050円)を注文しました。左記画像の通り、海産物がアレだけ入っているので、スープは最高の出来でしたね。とても美味しかったです♪

  

釧路からは、この日の宿泊地である川湯温泉へ向かうため、釧網本線を利用しました。
ただ、川湯迄向かう列車の本数は1日6本…。この列車も途中の摩周止まり…ということで、とある駅で途中下車するツモリで乗り込みました。

釧網本線は、釧路湿原を通過することで知られておりますが…
個人的には“話題先行型”と思う路線ですね。湿原風景に限れば、花咲線の方が魅力的だと思うというか…列車からではその素晴らしさが分かり辛いです。そういえば…こちらでも、エゾシカが安全運航に支障を来たしておりました。ハイ…。

途中の塘路駅では…
釧路~標茶間を冬季に限り1往復している“SL冬の湿原号”に遭遇しました。冬季のSLは絵になりますね。この日は3連休の中日だったせいでしょうか。乗車率も良さそうでした。

ちなみに、SLは釧路へ向かう際はバックしてました。
おそらく、標茶の駅にはターンテーブルの設備がないのでしょう。

余談を申しておきますと、この“SL冬の湿原号”は…
1月下旬から3月上旬迄は毎日運行されております。この間、標茶より先…川湯温泉迄運行される日も何度かあるようで、そのときは重連運転が実施されるとのことです。

近くで見ていると迫力があるだろうなぁ…(;^^)


<釧網本線途中下車後は其の参へ(※画像数の関係にて分割)>


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

« Previous: メダル持ち | Blog Top | Next: ザ恋愛インタビュアー »
 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-A. 国内旅行記@北海道」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails