Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
東京大空襲の日
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

東京大空襲の日 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年3月10日 23:59 ]     

Category  01-G. TV番組系日記      BBS


今から63年前の1945年の3月10日という日は…
当時を知らない自分も、『一都民として、永遠に忘れてはならない出来事があった』ということ位は知ってます。ただ、こういうことは学校から教わったという意識は殆どありません。戦前生まれの父&母親から、そして昔通っていた教会の年配の方などから聞いて、自然と覚えた…というのが事実です。


戦後50年が経ってからかなぁ…。
「戦争教育」などという言葉がよく出るようになったと記憶しているのですが、自分らの世代のときには、既に日本はその過去を大事にしようとしていなかったと個人的には思うのです。学校での教育にしたって、現代に辿り着くことは皆無だったし…原爆を投下された広島や長崎と違って、自分が住む東京には東京大空襲に特化した慰霊堂さえ存在しません。東京都慰霊堂があるといっても、関東大震災と合祀という形なのです。


戦慄が走るような歴史は形にならなかった。


皇居があるのに、このヤルキのなさ…。
悪いけれど、東京は戦後の街作りを完全に誤ったと思う。人の記憶って、インパクトに刺激されるモノであるべきなのに、負の遺産を捨て去るという観点から入ってしまった。東京大空襲が国際法違反の無差別爆撃ということは、誰がどう見ても明らかだったにも関わらず…勅命みたいなモノもなかった。昭和天皇は、『戦争を終結させたのは俺だ…』的な感じで戦後もノウノウと生きていたけれど、所詮は自分の都合によるところが大きかったと思う。悪いけれど…外で何がなされているか、全て知っていたはず。感性に優れているい人であれば、空襲被害をはココ迄は酷くならなかったと思う。そういう意味で、個人的には天皇は戦争犯罪人だったと思うし、あの当時や過去の日本の歴史を思うと…犠牲者と命を共にするのがジャパニーズスタイルであったにも関わらず、彼はソレをも崩してしまった。逃げてしまったと言っても良い位です。


ホント情けないと思う。
あの日、あのとき…数十Km先の都民はどうなっていたかということを…というか、真実を俺は知ってもらいたかった。天皇にも伝わるはずだという意図もあったものなのだから。しかし、その意図とは逆の方向に日本は動き、東京大空襲は…『一部の人を除き、なんの糧にもならず、暗い影だけを落とした歴史のヒトコマ』程度にしかならなかった。悔しいけど、それが現実だった。


以後、この戦果に味を占めたのか…
アメリカはその後、名古屋大阪など、全国各地で不当な空襲を楽しみ、民間人の命ばかりを奪い、そのトドメとばかりに爆弾実験も兼ねて、広島&長崎に対して原爆を落とさせてもらったというのが正しい歴史の解釈だと自分は思ってます。それが戦争といえば戦争なのかもしれないけれども、太平洋戦争の末期の戦勝国側は、殆ど攻撃されない日本相手の戦争ゲームは楽しくて仕方なかったという感じでしかなかったのかもしれません。だからこそ、敗戦国の国民の1人として、自分なんかは…そう簡単には許せるものではないという考えしかないし、後に結んだ“サンフランシスコ平和条約”なんて、『あれは条約というよりもイジメでしかないだろう?』という風にしか思えないのだけれども。。。


そんな時代の中、後世に戦争の歴史を伝えるということを最大の目的としていた…
警視庁刑務課写真係で、東京の空襲を撮影した唯一のカメラマンとも言われている石川光陽という人物のことが、先程…TVでドラマ仕立てで取り上げられておりました。あれを見たからです。思わず東京大空襲のことなど、備忘録などでも良いから書いておきたくなったのは…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-G. TV番組系日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails