Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
春の館林 <つつじが岡公園など>
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

春の館林 <つつじが岡公園など> 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年5月 1日 02:59 ]     

Category  03-D. 国内旅行記@関東(その他)      BBS


29日は“昭和の日”ということで祝日。
そんな訳で、再び1人日帰り旅に出たのですが、今回来訪した場所は群馬県の館林。東武伊勢崎線自体、東武動物公園以遠の利用となると、星野富弘氏の美術館へ来訪する際に1度だけ利用したことがあるという程度で、主要駅である館林といえど、初来訪でありました。

これには、チョットした理由がありまして…。
随分前の話となって恐縮ですが、館林には路線バスがないというイメージがあったんですね。
確か関東ローカルのニュースだったと記憶しておりますが、それを通じて…「日本で唯一路線バスの運行がなされていない市」ということを知ってしまったのです。そういう街は、原則的には車で観光しない自分みたいな人間にとっては、気が重たい現実でしかありません。そんな理由で、この周辺の観光を避けてきたというのも、実はあながち間違いではありません。。。

りょうもう号

さて、館林へ来訪するにあたり…
今回は左記画像の通り、りょうもう号を利用しました。北千住から館林迄の所要時間は、途中の久喜迄向かう半蔵門線からの直通列車を利用すると片道70分ほどですが、こちらを利用すれば片道50分ほど。料金は、片道1580円(※内、特急料金800円)で、群馬県内でも埼玉県寄りであるためか、所要時間は1時間を切ります。

館林駅 分福茶釜 市役所前の歩道

こちらが館林駅の駅舎です。上記画像の通り、右上に空間がありますが…
現在、橋上駅舎化工事中のようです。次回来訪時は、駅の雰囲気が変わっているかもしれません。

ちなみに、画像をご覧頂ければ分かるかもしれませんが…
この館林の街は、ツツジ分福茶釜で有名です。右上の画像は、館林市役所前の歩道ですが、沿道はどこもツツジが満開なので、今の時期はどこを歩いていても気持ちが良いです。一方で、ツツジを植え過ぎた影響?か、木々がやや少なく、『夏の暑さを凌ぐには少し厳しい街だなぁ…』という印象も受けました。そんなときは、タヌキにでも助けてもらいましょうか…(;^^)

ところで、駅からどこへ向かったかといいますと…
バスで10分&徒歩で5分ほどの所にあるつつじが岡公園でした。
冒頭にバス路線の話を書きましたが、さすがにツツジ開花中は、到着列車に合わせ、ある程度の頻度で運行しているようです(※片道200円)。駅から歩いたら、最低30分はかかる距離ということもあり、コレには助けられました…(;^^)

つつじヶ岡公園01 つつじヶ岡公園02 つつじヶ岡公園03

つつじヶ岡公園04 つつじヶ岡公園05 つつじヶ岡公園06

ご覧の通り、つつじが岡公園は全般的に赤いつつじが中心です。
画像にしてしまうと、“紅葉シーズンの京都”のように見えなくもありませんね…(;^^)

つつじヶ岡公園07 つつじヶ岡公園08

つつじヶ岡公園09 つつじヶ岡公園10

花びらの色を2種類以上入れて、華やかさを表現してみました。
画像を見ると、藤の花も見頃で、まるで楽園にでも行ったかのようにも見えるかもしれませんが…正直な話、コレだけ咲き乱れている箇所は多い訳ではなく、むしろ…『少しだけ行く時期が遅れたなぁ…』というのが自分の素直な感想です。


ちなみに、つつじが岡公園の北側には城沼という細長い沼があります。

城沼 城沼の渡船

そこでは、渡船が運航されておりました。対岸の善長寺へは200円、尾曳橋へは400円払うと行くことができます。

尚、尾曳橋の船着場から2~3分歩いた所には…
館林出身である田山花袋の旧居&記念文学館や向井千秋記念子ども科学館などがあります(※何れも、駅から徒歩にして、20分以上離れているのが残念です)。

田山花袋の旧居 田山花袋像 田山花袋記念文学館

旧上毛モスリン事務所 向井千秋記念子ども科学館

“子ども”が強調されていることを…
意識し過ぎて、前者しか立ち寄りませんでしたが、自分のように花袋のような自然主義文学の作品に殆ど触れていない人間でも興味が持てる記念館でした。

時間があったら、彼の作品も読んでみようと思ってますが…
その前に、習い事の課題で出されたりしてね。あははは…(;^^)

<Postscript>

上野~成田空港間の快速が臨時列車とはいえ、存在しているようですね。
北千住のホームで待っていたら、「エアポート常磐」という愛称の列車がやって来ました。運賃などは調べてはいませんが、上野基準で考えると、所要時間や車両の質など…どんな切り口においても、京成には全く歯が立たないですよね。この列車…(;^^)

エアポート常磐01 エアポート常磐02

ちなみに、充当されていた車両は国鉄色の183系でした。久々に見ました&乗りました。懐かしかったです。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-D. 国内旅行記@関東(その他)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails