Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
春の東北周遊 其の弐:水沢&平泉編
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

春の東北周遊 其の弐:水沢&平泉編 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年5月11日 01:09 ]     

Category  01-D. 店探索系日記  *  03-B. 国内旅行記@東北      BBS


<其の壱からの続き>

北上で桜の観賞をした後、3駅南の水沢へ列車で向かいました。

習い事を通じて、お世話になっている山岡淳一郎先生から…
君は度々あちこち行ってるんだから、1度行ってみると良い」と言われていた後藤新平の記念館へ立ち寄るためでした。

  

後藤新平の記念館は、駅の北西にあります。徒歩で、10~15分ほどでしょうか。
ちなみに、彼のことをご存知ない方はいらっしゃるかもしれませんが…とにかく色々なことに携わった方です。ある意味で、“なんでも屋さん”というのが正しいのかもしれませんが…分かりやすい所で申し上げますと、拓殖大学の学長であり、台湾でアヘンの吸引を根絶させた方であり、関東大震災後の東京を復興させた方であります。この記念館には、その東京の復興計画図なども展示されております。

彼に対する評価は色々あるかと思いますが…
個人的には、彼がいなければ、東京はココ迄の発展をみなかった気がします。『~付近の通りを後藤新平の計画通りにしておけば…』という印象を受ける箇所も少なくありません。しかし、反対意見が多い中、80年以上も前に将来を読み切った先見性というか、感覚など…もっともっと評価されて良い人物だと思います。

尚、後藤新平の旧宅ですが…記念館から徒歩5分ほどの所にあります。。。

  

その後、後藤新平に続いて、、、
第30代内閣総理大臣・齋藤實&蘭学者・高野長英の記念館へも立ち寄ってきました。
今回初めて知りましたが、水沢って偉人を多く輩出している街なんですね。現在は奥州市ですが、旧水沢市では彼らのことを“三偉人”として称していたようですね。

ちなみに、個人的な感想を述べさせて頂くと…
齋藤實の記念館は、『軍人出身者らしからぬ、国際感覚にも優れた氏のことをもう少し多角的に掘り下げられるのでは?』という気がしました(※二・二六事件で暗殺されるような方です。国会図書館に資料を分散保存した影響も確実にあるでしょう)。一方、高野長英の記念館はとても良く纏まっており、非常に分かり易かったです。『開国に至る歴史の流れにおいて、彼のことは日本史の授業でもっと触れるべきだ』と思いました。兄貴肌でバイタリティに溢れる生き方に共感せずにはいられませんでした。シーボルトに重用された理由もよく分かりました。


コレだけ巡っても、まだ時間に余裕があったので…
水沢から3駅南にある平泉へも約20年振りに立ち寄ってみることにしました。ここ何年か、世界遺産登録へ向けた動きも活発になってましたしね(※左記画像は2番ホーム近くに植えられている桜の木ですが…ご覧の通り、丁度見頃を迎えておりました)。

  

  

今回は、中尊寺毛越寺のどちらかしか立ち寄る時間はなさそうだったので…
自らの記憶から大分薄れていた中尊寺の方へ行ってみることにしてみました。この数年、弁慶に所縁がある土地へも何箇所か訪れてましたし、このことは少なからず頭の中にありました(※右上の画像は弁慶の墓と伝えられている場所です)。

坂道を暫く歩いて行くと…
旅行雑誌などでよく見かける左記画像の場所に到着します。こちらが金色堂を覆う新覆堂で、松尾芭蕉の句でも知られている金色堂はこの中にあります…が、当然撮影禁止。そんな訳で、金色堂の美しさは、言葉でしか伝えることはできませんが、奥州藤原氏の栄華が偲ばれる煌びやかさに、自分の目は釘付けになりました。。。

余談ですが、中尊寺は大火に何度か見舞われているため…
実は、この金色堂は往時の面影を伝える数少ない建造物でもあります。。。

  

中尊寺を巡った後、7~8分歩いて高館・義経堂へ向かいました。
藤原泰衡に襲撃された源義経は、最期をココで迎えたと伝えられております。あまりにも美化され過ぎている義経の生涯に関しては、正直な話…辟易とするときもあるのですが、ココに来ると色々な思いが心の中を駆け巡りました。1人、芭蕉の句を噛み締めながら、ソッと祈りを捧げて来ました。

そして、最後に無量光院跡(※左記画像)へも…
立ち寄ってきました。今でこそ、土塁や池跡などが残存するのみとなっておりますが、藤原秀衡が京都・宇治の平等院を模して建立した寺院と言われている場所です。独特の雰囲気がなんとなく残っていますね。今後、この地をどうするのか分かりませんが、個人的にはいつまでも想像力をかき立てる…そんな場所であって欲しいなと思いました。

<Postscript>

帰りは、一ノ関から新幹線に乗車し、帰京しました。
空腹だったので、駅近くにある“松竹”というお店で、ご覧の通り…『ソースカツ丼』を食してきました。この店、有名人の心を鷲掴みにしているようです。ただ、自分の感想としては、既に肉厚で美味しいカツ丼に巡りあってしまったせいでしょうか。『懐かしい味…』という感じの印象しか抱きませんでした…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-B. 国内旅行記@東北」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails