Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
初めての八丁堀探索
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

初めての八丁堀探索 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年5月31日 17:23 ]     

Category  01-D. 店探索系日記      BBS


今週は、火曜日~金曜日迄。
毎晩ノンビリと長く…呑んでました。しかも、ホボ自主的に。。。
そりゃぁ、日記を書ける訳がありませんよ。書ける訳が…。


ちなみに、行った店は被ってないし…
最近ツマラナイとか、そんな類のことを愚痴りたいとか…ではなくて、、、
単に喋りたかったという理由ばかり。だから、バテなかったし…楽しかった。


その流れで、木曜日…八丁堀で初めて途中下車しました。
20時前という時間だったせいか、自分のインスピレーションが全く働かない位に既に人の数は減っていたけど、例えば平日の日中など、果たしてどんな雰囲気なのかしら…。


この日に行った店はmaruという所でした。
1階が立ち飲み、2階&3階がダイニングバーみたいな。酒屋直営のワイン系です。とりあえず、今回は2階へ行きましたが…21時30分頃迄はBGMの音量がメッチャメチャデカイ。さらに、『ココは人を詰め込み過ぎだろう?』という位にギュウギュウ。カウンター周りを5人スペースで予約していたはずなのに、『どう考えても3人しか無理だろう?』という程度のスペース。


さらに、個室に関しても8人で予約していたはずなのに、どう考えたって6人スペース…orz
『男はなんだかんだいっても肩幅があるので、この店は人数少なめで行かないと悲惨な目に遭うなぁ…』とそう思いましたね。ただ、『料理はどれも美味しいし、ワインの種類はとにかく豊富。どちらを採りますか?』という話をしても良い位、食の方はレベルが高い店だと思いましたけど。とりあえず、木曜日でこの状態ということは他の日…例えば、金曜日なんかは定員オーバー必至の大人気店なのでしょう。地元や目黒で慣れきってしまった自分なんかにしてみれば、スッカリ忘れてましたよ。こういうノリの店…(;^^)


ところで、この飲み会。
現在進行形で、チャイ語を八丁堀で習っているMaoの主催のものだったのだけど…
この会合で彼女とイシモリっちといった同い年組にも久々に逢うことができました。いやぁ、嬉しかったね。昨年、自分は年間を通してあれこれやっていて忙しかったし…彼らの日記は読んではいたけど、お互い2年位は逢っていなかったと思うから。っていうか、2人はライターと構成作家という感じだから、暇過ぎたらこちらが心配になるけど。とりあえず、2人共、相変わらずエネルギッシュで…なんて言えば良いのかしら。“体力的なものとは違う次元の体力”と言えば良いのかなぁ。そういうものがある人間のオーラって、やっぱり違うモノ…感じるね。なんていうか、気持ち良い。逆に、Maoなんかに言わせると、自分の生活も充実していて凄いなと思うみたいだけど、『チョット詰め込み過ぎて、さすがに疲れたわw』と言っておきました。


でも、ソレはあくまで体力的な話であり…。
今年で32歳。体力は少しずつ失いつつあるけど、それは現実として受け入れなければいけないことなのも、また事実だと思うのです。それでも、できる限りは、自分のために必要だと思うことをハッキリとしたベクトルを示すような形で、今後もより充実したプライベートライフの過ごし方みたいなモノを模索していきたいなとそう思います。人間関係だって、年齢に比例して増えているのだし、それをキチント活かすためには、やっぱり立ち止まる訳にはいかないと思うから。


素直に歳を重ね、抗えない事実にも順応し過ぎず…どこか反抗的に。
そのスタイルが自分みたいな性格の人間には合ってる。きっと。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-D. 店探索系日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails