Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
南アフリカ大会アジア地区最終予選:楽観視できないグループA
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

南アフリカ大会アジア地区最終予選:楽観視できないグループA 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年6月28日 09:51 ]     

Category  02-E. サッカー関連      BBS


昨日、アジア地区最終予選の組み合わせ抽選会がマレーシアのクアラルンプールで行われ…
日本はグループAに振り分けられました。


この最終予選は、3次予選に進出した10ヶ国を…
2006年のドイツW杯の成績ランキングに基づいて順位付けし、6ヶ国をシードとし…
同レベルのチームは分かれるようにしたらしいのですが、そのランキングにおいて、日本とサウジアラビアは同じ4位だったのだとか…。結果、3次予選時におけるGROUP 4(サウジ&ウズベク)が分けられただけで、多くの国が3次予選で対戦した国と再対決するという極めて珍しい事態?が起こってしまいました。


ちなみに、日本と同じグループ属することになったのが…
オーストラリア、バーレーン、ウズベキスタン、カタールの4ヶ国(※他方は、韓国、イラン、サウジアラビア、北朝鮮、UAE)。昨夏、アセアン各国で共同開催されたアジア杯において、サウジアラビアのスピード溢れる個人技にメッタクソにやられたのは記憶に新しいところですから、個人的には、『サウジと別組になったことだけはラッキーだな…』とは思いました。


しかし……。


実は、非シードとなったのがウズベキスタン、カタール、北朝鮮、UAEの4ヶ国だったのですが…
この4ヶ国はなんと適当に振り分けられたのだとか。その結果、グループBに戦力的に特に望みの薄い北朝鮮とUAEが振り分けられてしまいました。『非シード国の振り分け方があまりに偏り過ぎでは?』と思ったのは、自分だけではないでしょう。どう考えても、日本が確実に勝ち点3を計算できたのは、グループBに振り分けられた両チームだと思いますから。


…その影響でしょうか。
最終予選の見通しが厳しいと思っている方がYahooの結果を見ると、半数を超えています。
自分も、『厳しい方に入れられたな』というのが正直な印象です。偏屈な采配を揮うと言っても良い岡田武史氏を監督に据え、胡坐をかいているだけの…素人よりもサッカーを知らない川淵三郎氏は相変わらず偉そうに楽観視しているようですが、『どうしてそう考えられるんだ!?』と言いたいです。個人的には(※岡田監督の選手起用や戦術などにおいて不満があるのは、自分だけではないでしょう)。


メディアの間では、グループBが死のグループと目されているようですが、果たしてどうでしょう?
よく見てみると、非シード国はどう考えても格下の安全牌ではないでしょうか。守備に関しても、後先考えないハードタックルを辞さない国ばかり。プレースキックをキッカケにしたチャンスは確実に期待できると思うのです。強豪と目されているイランにしても、アジア屈指のストライカーで現在の代表監督であるアリ・ダエイが最前線にいたときのような勢いは今はありません。


そんな理由で、自分はグループBが死のグループだとは思っておりません。
むしろ、死のグループはAではないでしょうか。日本も含め、傑出した試合巧者の国が1つもないのが混戦になると思う所以です。そのため、グループAの勝ち点の行方がどうなるのか…全く読むことができません。


ただ、とりあえず3次予選においてHome&Away共にオーストラリアに大敗した…
カタールだけは格下だろうと見ます。カタール戦で、オーストラリアはおそらく勝ち点6を計算するでしょうからね。しかし、日本は今迄1度も勝ったことがありません。尤も、絶頂期に対戦していないといえばそれ迄の話なのですが…。マスコミは、昨年のアジア杯において、日本と引き分けたことも鑑みて報道するとは思うのですが、2度3度失敗することはないレベルだと個人的には思いました。怖いことは、簡単に帰化できる国であるが故に、隠れキャラが出て来ることだけではないかと(※元浦和レッズのエメルソンを帰化させたくらいですから←出場はできません)。


ただ、残りの3ヶ国は曲者だと思います。


まず、有力と目されているオーストラリア…実績は十分だと思います。
ドイツW杯において、フィジカル面をを前面に押し出された試合で日本は完敗でした。
しかし、この国…Awayでは不自然な萎縮をすることがあります。3次予選においても、2敗しています。オセアニア故にAway経験は勿論、国際試合そのものの経験が選手個人の実績の割に多いとは言えないためでしょうか。さらに、欧州でプレーする選手も多く、毎試合ベストのコンディションで臨めるとも思えません。しかも、元々イスラム文化圏とは対極の生活をしておりますし、気候も全く違います。イスラム圏独特の応援に、リズムを崩されることもあるのではないかとも予想します。今回は日本以外の3ヶ国が該当するのですから、選手個人の精神的な負担感は大きいのではないでしょうか。


バーレーンに関しては…
日本にとって、今や隣国の韓国並みの宿敵と言っても良い国だと思います。日本の戦い方を完全に熟知した高さのあるDFを中心とした堅守速攻は脅威で、毎回接戦となっておりますが…薄氷を履むような思いをしているのがいつも日本であることが気になります。ユース世代のアテネ五輪予選においては勝つことができませんでした。先日の試合においても、Bチームと言っても良い選手たちに日本は抑え込まれてしまいました。バーレーンは日本に対する苦手意識は全くなく、苦戦は必至と見るべきではないでしょうか。本予選では、バーレーンの至宝とも言えるアラー・フバイルも再び出場するはずです。日本戦で彼のコンディションが絶頂にならないことを祈るしかないような気がします。


しかし、このバーレーンに関しても、嫌な印象を抱いている国が自分はあると思ってます。
…そうです。ウズベキスタンです。


個人的には密かに注目している試合です。バーレーンvsウズベキスタンは。


この両国が同グループと聞いて、スグに思い出すアクシデントがありました。
前回のドイツW杯予選において、ウズベキスタンが切符を逃した原因は、日本人審判・吉田寿光氏の誤審が原因の1つです。おそらく、ウズベキスタンは、『バーレーン&日本が同組? 待ってました!!』となっているような気がします。“溜まっていた憂さ晴らしの最大のチャンス”ですから。


あと、ウズベキスタンで気になることといえば…
中央アジアの国であるためか、比較的中東巧者と言える試合運びをする傾向があり、相手なりの試合運びができることです。3次予選においても、ホームでサウジアラビアを3-0で破っております(※アウェー戦はどうでも良い試合なので考慮しなくても良いでしょう)し、昨年のアジア杯では、敗れたとはいえイランと良い試合をしていたことは記憶に残ってます。内容はウズベキスタンが上回ってました。日本とは暫く直接対決がなかっただけに格下に見られがちですが、ディナモ・キエフで長く活躍し、現在アジアを代表するFWの1人とも言えるマクシム・シャツキフをはじめ、核となる選手はいますから、シード国同等の力があると見るのが正しい評価であると思います。


という訳で、このグループAは4強1弱ではないかと…。


個人的には、ソコが吉と出るか凶と出るか…気になって仕方ありませんが、、、
とりあえず、代表メンバーには国民が期待している結果を頑張って残してもらいたいです。。。

<Postscript>

1. 今回のグループAの各国はどこも飛行機移動が懸案事項!?
日本はバーレーン以外は直行の定期便が存在しますが、例えばオーストラリアなんかは日本以外は直行便が存在しません。状況に応じて、チャーター便の手配なんかも鍵になるのかもしれませんね。

2. オセアニア地区(※おそらく、ニュージーランド?)とのプレーオフ
どちらの組の3位が出場しても勝てそうな気がしますから、最低でも3位迄には入ってもらいたいところですけど…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-E. サッカー関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails