Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
GWの会津周遊 其の壱:田子倉湖&湯野上温泉編
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

GWの会津周遊 其の壱:田子倉湖&湯野上温泉編 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年6月30日 07:47 ]     

Category  03-B. 国内旅行記@東北      BBS


随分と前の話で恐縮ですが、GWの話をしようと思います。

今年は3泊4日の旅の中で2つの旅を楽しんだ訳ですが…
その後半は、昨年同様、大学時代の友達であるたかあき氏に付きあってもらいました。
『車で旅したい』というリクエストを頂戴していたので、個人的には何度か行ったことがあるものの、車では来訪したことがない南会津へ久々に行ってみることにしました。

ちなみに、この旅の前に…
自分は1人で妙高周辺を廻っていたため、湯沢から合流しました。そこからは、六十里越を経由する国道252号線で福島県入りしましたが、さすがに冬季通行止めとなる道ですね。画像の通り、豪雪地帯を通る道路の雰囲気がよく表れてますが、ココではスノーシェッドを介して滝となっている所も確認することができました。

尚、新潟県と福島県の県境にある六十里越の前後はカーブが連続する区間のため…
行き帰り共、自分が多くを運転することで、たかあき氏に少しでも休息を取ってもらうようにしたのは言う迄もありません(※山道運転も好きですし…)。

  

六十里越のクライマックスは、田子倉湖の俯瞰です。
「総貯水量は徳山湖と上流の奥只見湖に続く第3位」という巨大な人造湖が山肌を縫うように造られていることもあり…ご覧の通り、景色は素晴らしいです。ちなみに、只見線を利用した場合、大部分がトンネル区間(※大白川只見間)となります。残念ながら、列車からはこの素晴らしい景色を殆ど目にすることができません。。。

ところで、ダムにはよくある話ですが…
国道沿いには、かつて集落があったことを教えてくれる階段が未だに残っている所もあります。
自分がなによりも驚いたのは…そんな所で咲き続けている桜ですね。なんだか、“元住民の方の想いを一身に受けた忘れ物”のように見えて、感動してしまいました。

  

田子倉湖から下り、只見川沿いへ向かってみると…
ココでも桜をはじめ、春を感じさせる花が色々と咲いており、只見駅からも比較的近い、川沿いの歩道?はミニお花畑状態…。画像のようなホッとする風景に、2人共、癒されました…(;^^)


只見からは、国道289号線をひたすら東へ東へ…田島方面へと向かいました。

途中には、駒止湿原などもあるので…
「立ち寄ろうかな?」と思っていたのですが、残念ながら5月中旬過ぎ迄は通行止め…orz。そんな訳で、田島から15Km以上は北にある塔のへつり迄ノンストップで車を走らせることになりました。ちなみに、左記画像は会津鉄道ですが、森の中にあります…(;^^)

  

塔のへつりは2度目の来訪でした(※前回はこちら)が…
大川が百万年の歳月をかけて浸食と風化を繰り返して形成した河食地形は相変わらず素晴らしく、水鏡とのコントラストも美しかったです。。。

ただ、6年前に歩けた所が崩れていたことは…
少し哀しかったですね。自然の造形美とはいえ…。ちなみに、左記画像はココで食べたこの日の昼食(※鮎の塩焼きなど)です♪

塔のへつりの後、大内宿へ向かうことにしていたのですが、GWのためでしょうか。。。
予想だにせぬ超大渋滞のため、今回の来訪は諦め…湯野上温泉へ向かうことにしました。

ちなみに、今回行きたかった所は野天風呂です。。。
6年ほど前に、只見線を利用して1人旅をした際に、オジさんに教えてもらっていた所なのですが、方向が予想が付かなかったり(※列車に乗っていれば見えます)、季節が冬だったり…その他色々な理由があり、4度目となった今回の来訪で初めて辿り着くことができました。

  

上記画像中央の左下が、念願だったお風呂ですが、予想以上に湯温が熱かったです…(;^^)
少しずつ身体を慣らして…自分たちはどうにか楽しむことができたのですが、川の近くには足湯程度のものもあるので、熱いのが苦手な方は川を見ながらノンビリする方が良いかもしれません。ちなみに、画像の通り、上を見上げると会津鉄道の列車が通過していたり(※トロッコ列車は減速します)、吊り橋があったり、川では鮎釣りに興じている人がいたり…周囲の雰囲気もノドカでココは良いと思います。


ところで、野天風呂周辺のロケーションに関してですが…
湯野上温泉駅から塔のへつり側へ線路沿いに歩いて行く感じで、徒歩30分弱程度です。
踏切を2度渡ります。ちなみに、車で行く場合…1箇所だけ嫌らしいカーブがあります。自信がない(…というか、車を傷つけたくない方?)場合は、国道沿いに駐車場が広いコンビニもあるので、ソコへ置いて行くことをオススメします。


<其の弐へつづく(※画像数などの関係にて分割)>

<Postscript>

その後、猪苗代の野口英世記念館を案内(※2度目の来訪です)し…
夕食は、猪苗代駅から徒歩圏内にある喜春というお店でとりました。店主の方は鎌倉で修業された方で、腕も確かでした。

尚、今回食してきたものは下記画像のものなどです。。。

  

 

川俣軍鶏会津地鶏の…
食べ比べをしてみました。左側が前者ですが、自分たちは川俣の方が好きでした。皮のカリカリ感が確実に違いました。

あと、料理によって、塩も色々使い分けてくれたのですが…
ビックリしたのは、喜多方の方にある大塩裏磐梯温泉の塩ですね。『地元のお店などでしか出回らないらしいもの…』とのことだったので、“塩のナメ比べ”もしてみたのですが…普通の塩と微妙に違って、これがまた美味しかったです! また行く機会があれば、この喜春には立ち寄ってみたいなぁ…と思ってます。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-B. 国内旅行記@東北」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails