Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
稼いだお金は大切に使って欲しかった…-小室哲哉編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

稼いだお金は大切に使って欲しかった…-小室哲哉編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年11月 4日 23:52 ]     

Category  07-C. その他 音楽話  *  08. ニュース関連      BBS


小学生の頃から、小室等氏の曲…ではなくて、小室哲哉氏の曲を…
数え切れないほど聴き、育ってきた1976年生まれの自分としては、今日小室氏が逮捕されたことに対して、少なからず寂しい気持ちを感じてます。。。

当然の話?なのかもしれませんが、カラオケに行ったときに…
TK縛り”とか普通にやりましたし、たぶん今でもソレなりに対応できると思います。さらに、弟子の名前も挙げることができます(※例えば、久保こーじ浅倉大介など)し、消えて行ったアーティストは勿論…色々なことが思い浮かびますからね。とりあえず、今…頭の中にパッと浮かんだ曲(※楽曲売上TOP20はこちら)は、安室奈美恵の「Body Feels EXIT(※歌詞)」とか、YOSHIKIとのユニット・V2でボーカルをとってしまった「背徳の瞳~Eyes of Venus~(※歌詞)」ですけどw


「ぎょうさん曲あるのに、ソコかいな!?」と突っ込まれそうですけど、、、
後者はともかく、前者に関しては、小室氏が作詞した英語の歌詞の部分も色々と言われていたせいでしょうかね…(;^^)。尤も、この作品をはじめ、「英語の歌詞は文法的な側面よりもノリみたいなものを重視していた」という小室氏の話は有名ですが、個人的には、「そういうことが気にならない大胆さが羨ましかった」ですし、こんな英語でも浸透してしまうところに歌の凄さをある意味で知りましたけどね。そう感じる一方で、これが…「セールス的には記録に残っても、記憶には長く残らない曲」と言われてしまう所以であったのかもしれませんね(※TM NETWORK時代は小室みつ子氏とかが歌詞に携わってましたし)。


ところで、小室氏が作曲した曲だけで語らせてもらうと…
自分が好きな曲は、渡辺美里の恋と季節をかけた詞がとても素敵な「卒業(※歌詞)」と、これでもかって位に転調が続くTMNの「一途な恋(※歌詞)」の2曲が個人的には飛び抜けて好きでした(※これらの影響も少なくないと思うのですが、今は離れている作曲に関して、その作業をしていたときは、かなり転調を多用した人でした…^_^;)。

色々な曲を聴きながら、この2曲を好きになり過ぎてしまったのでしょうか。
trfあたりから、どうも付いて行く気になれなくなってしまったのですが、小室氏自体もアイドルの方へ気が行っていたイメージも否めなかったですからね(※参考:小室ファミリー)。自分自身の心が離れてしまった原因は、そんなところにもあるのかもしれません。


…でも、たまに聴くと懐かしさもあるのでしょうか。
歳をとればとるほど、小室氏の曲を聴く機会も減ったせいか、昔のような根拠も中途半端な拒絶感みたいなものも少なくなり、素直に聴けるようになってきた印象はあるんですよね。そこらで流れている中途半端なB級R&B調の曲を聴くよりも、小室氏の曲の方が自分には心地良く感じるのではないかと思うくらいです。。。


それくらい聴いてきたからこそ、小室氏が凋落するシーンは見たくなかった。
今迄、色々なアーティストが逮捕されたけど、誰よりも記憶として残ってしまうような気がするから。こうなるくらいなら、小沢健二のように?仕事をしないでいてくれる方が良かった。お金の使い道に迷ったなら、私欲に使って欲しくなかった。大金を注ぎ込んだとしても、ど派手な失敗はして欲しくなかった。


汗水たらして、頑張って稼いだお金を使って買ったCDやカラオケの印税が…
小室氏の借金返済にしかならないのかと思うと、興醒めするから。

<Postscript>

今回の事件へと至る伏線はあったと思います。
前妻であるasamiに対する慰謝料や養育費の未払い問題であったり、大分トリニータへのスポンサー料7000万円の滞納問題であったり…。小室氏に投資された方に関しては、「これらの問題も頭に入れておくべきだった」とも思うのですが、いざ小室氏を目にしてしまうと、社会現象を起こした方…ということもあったのでしょうか。分からなくもないのですけど…そういうときこそ、「人を客観的に分析しようとする力が大切」であるのかもしれませんね。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-C. その他 音楽話」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails