Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
初の大連出張記など…
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

初の大連出張記など… 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2008年12月20日 00:24 ]     

Category  01-B. 仕事系 日記  *  03-I-01. 海外旅行記/出張記@大連      BBS


このブログに切り替えてから、リビア→イラン→パキスタンと巡ってきましたが、、、
ホテルのPCであったり、ネットカフェであったり、空港のPCであったり…という感じで、日本語対応のPCではなく、さらに回線速度的にも非常に問題がある所が多かった(※Movable Typeは重いから…orz)ので、敢えて投稿をしませんでした。


しかし、今回の大連での宿泊先はホテル・ニッコー大連
自分自身、殆ど経験のない5つ星ホテル!”ということもあり、自宅からPCを持参してます。日本語もバリバリ使うことができて超ラクチンなので、このブログ初の海外カキコを大連で試してみます@祝


さて、今回の大連出張に関してですが…
個人的には、非常に意義のあるものでした。現地の職場環境や中国人の仕事のやり方を間近で見ることができたり、彼らが入社してから日本語を学び始めたことなど…例えば、テレビ会議やメールなどの上っ面だけでは到底知ることができない、そんな側面をこちらに来て、キチント知ることができました。


自分の中で、今まで想像だけの世界で謎でしかなかった…
この大連の仕事場の様子がようやく頭の中でキチント整理されました。これで、ようやく仕事の方の段取りも上手くできるような…そんな気がしているのですが、抱えてきた宿題もヤマホドあります。


自分自身が、「抱えてしまったな」と思った宿題は彼らのせいではありません。
完全に日本側の問題ですね。日本側の目論見や人員、やっぱり甘い。。。
丸の内に戻された時点から甘いとは思っていたけど、完全に確信に変わりました。


例えば、日本と中国の正月の考え方が違う点であったり…
例えば、彼らが“日本語ができる”とはいっても、自分が所属するプロジェクトのマニュアルがあまりに分厚くて、「これを読んでやってみて欲しいなぁ…」と言うことは、あまりに酷という感じです。さらに言うと、自分が所属するプロジェクトのプログラムの横の連携や縦の連携があまりに複雑で、これを解析することなども現地のリーダー&サブリーダーに全て丸投げするのでは、「彼らには激務しか待っていないだろう…」というのが素直な感想です。


現地のリーダーやサブリーダーは日本で仕事をしたことがあるのですが…
そうは言っても、日本は眠るのが遅い街。彼らも、そんなことは分かっていて、日本では遅い時間迄、仕事をした経験もあるのですが、大連は早い。まず、大連の仕事場が市内の中心部からタクシーで40分は離れていて、周辺に電燈がなく、陽が沈んでしまうと、どうしようもなく暗いですし…夜は日中とは違い、凍えるような寒さ。市内で夕食を食べられる店の多くも21時には閉店してしまうし、今の状態は日本の事情を中国に持ち込み過ぎている…そんな気がしました。


という訳で、1月&2月の出張は…
ビザなしの出張の限界迄、大連にいたいです…」と日本に戻ったら、言おうと思ってます。彼らは、誰かが抱えた問題を大人数で悩んで、名案を出して、結果を出して行く…という進め方が1番彼らの好みに合いそうだから、現地でそのサジ加減を自分が握るのが正しいやり方なのではないかと…。


正直な話、大連の仕事の進め方…自分はこれで良いと思うんです。これで。
たとえ大変な状況に陥っても、職場の雰囲気も悪化することはないし、健康的だから。
でも、「自分がいないと動かす車輪が少し大き過ぎるかなぁ…」という印象は否めず。。。


ところで、海外に出張して思ったことですが…
職場と宿泊先のホテルの距離がタクシーで40分という距離、これはツライですね。
5つ星はありがたいけれども、自分のような旅人気質が濃い人?には、外国人っぽいことをすること自体が性に合わないですね。今回は行きが専用車だったので、それはありがたく利用したのですが、帰りは会社からの薦めを完全にガン無視して、帰宅方向が比較的似ているサブリーダーと路面電車やバスで夕食を食べるお店迄移動し、ソコからタクシーで帰ってました。


たぶん、他の出張者に比べると…
タクシー代がゴッツ安いでしょう…というか、殆どお金を使ってませんw
なんせ、大連のバスや路面電車は1回1元ですから。尤も、テープの案内は中国語ですから、中国語を勉強したことがない自分は全く理解すらできない(※下車してから、その場所がどこであるかを英語の案内で確認する…みたいなw)のですが、窓の向こうに流れる風景を見れば、「あっ、ココだ!」という感じで、自分1人で降りることはできます。覚えるべき場所は覚えたし、路面電車とバスとのセットで移動する方法は、1度利用して覚えましたよ。ただ、バスの場合は…日本とは違い、降車ブザーがないので、「出口に立てば、本当に止まってくれるのか?」という点では心配なんですけどw


そんな点を差し引いたとしても、個人的な趣向の問題でしかないのですが…
こんな移動の方が毎日が新鮮で楽しいし、バスや路面電車はタクシーよりも車体が大きいから、なんとなく安心できるんですよね。


ちなみに、バス路線が複雑な大連で、今回の宿泊先からバスだけで仕事場へ向かう場合…
乗り換えが必要なこともあって、今の自分には難易度が高いっす。「次回はホテルのエリアを指定したいなぁ…」というのが自分の感想です。絶対に無理だろうけど。

<Postscript>

これを書いている間に、日本時間では誕生日を迎えました。
初めてです。海外で誕生日を迎えたのは…。オメデトウ、自分…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-B. 仕事系 日記」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails