Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
京都市内&湖東三山などを堪能する旅 其の弐(八日市~永源寺~百済寺編)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

京都市内&湖東三山などを堪能する旅 其の弐(八日市~永源寺~百済寺編) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年3月 1日 23:15 ]     

Category  03-G. 国内旅行記@関西      BBS


<其の壱からの続き>

京都市内を巡った翌朝…
宿泊していた尼崎から近江八幡経由で滋賀県の八日市へと列車で向かいました。この地を来訪するに至ったキッカケは、「11/22頃の場合、京都よりも湖東三山の方が紅葉は良い!」という情報をネット上で見つけたから。全く知らない土地であったこともあり、個人的には京都市内観光よりも楽しみにしておりました。

近江鉄道の車両 新八日市駅 八日市駅

ちなみに、近江八幡駅から湖東三山を巡る上での玄関口となる八日市駅までは…
近江鉄道を利用しました。外観はともかく、どれも西武の旧型車両で1~2両編成。現在では稀少な存在となった、独特の音を轟かす懐かしき吊り掛け駆動の列車も走ってます。そんな近江鉄道は国内有数の高額運賃路線の1つだったりするのですが、この日の朝は時間に少しだけ余裕があったこともあり、八日市の1つ手前にある薄緑色の木造駅舎が素敵な新八日市駅で途中下車してみました(※駅舎の画像は、新八日市駅→八日市駅の順で、八日市駅へは新八日市駅から徒歩で向かいました)。

こんなことができたのも、実は…
春と秋の繁忙期限定ではありますが、湖東三山観光がしやすくなるよう、臨時バス(※JR・河瀬駅~近江鉄道・尼子駅~西明寺~金剛輪寺~百済寺|百済寺~永源寺という2路線)が運転され、近江鉄道も“乗降自由の割引切符”を販売するからです(※2008年は11/1~12/7の間で、大人は\1,500)。自分のように東京に住んでいると、湖東三山はピンと来ない観光地ではありますが、「近江鉄道で割引切符が販売されると、本当にお得だからなぁ…(;^^)」ということはよく分かっているので、それを活用してみた…という訳です。


 

さて、八日市駅からは…
まず、バスで35分ほどの距離にある永源寺へと向かってみることにしました。こちらは、湖東三山ではありませんけどね…(;^^)

  

  

  

1361年に創建された、この永源寺は…
臨済宗永源寺派の本山(※東福寺派より分派)で、開山は寂室元光、開基は六角(佐々木)氏頼。京都で応仁の乱があったときは、京都五山の名僧がこの地に難を避けて修行していたこともあり、隆盛を極めた時代もあったそうです。ちなみに、こちらの紅葉ポイントは、左上の総門(※こちらの建造物では最も古いもの)とその先にある山門でしょうか。「今日はこれだけで十分満足…」と思ったほどの美しさでしたが、折角の機会です。「湖東三山、全ての美しさを堪能しておきたい!」とそう思いました…(;^^)


 

続きましては…
永源寺からバスで15分ほどの距離にある湖東三山の1つ、百済寺へと向かってみることにしました。

この百済寺は、「日本の紅葉百選」の1つで、近畿の「五大紅葉名所」の1つ。
五木寛之氏の「百寺巡礼第35番」でもあるなど、個人的にはかなり期待してました。

  

  

しかし、バス停のある赤門から仁王門、本堂へと至る表参道は全般的に…
「まだまだ…」という感じでした。永源寺の紅葉があまりにも良過ぎたこともあり、期待してしまいましたが、紅葉の見頃という意味では若干のズレがあるようです。

ちなみに、寺伝によると…
この百済寺は、湖東三山の中では歴史が最も古く、推古天皇14年(606年)に聖徳太子百済からの渡来人のために建立したと伝えられています。百済にあった龍雲寺に倣って、寺を建てたために百済寺と号したそうなのですが…予備知識がない自分も海の向こうの百済のこと、やはり浮かびました。その後、平安時代になると、近江国の多くの寺院と同様、比叡山延暦寺の勢力下に入り、天台宗の寺院となると、“湖東の小叡山”とも呼ばれたようなのですが…明応7年(1498年)の火災で全焼して以後、兵火や織田信長の焼き打ちに遭うなど、創建以来の歴史は残念ながら闇に葬られてしまいました。

しかし、歴史の重みとスケール…
これはあちらこちらから感じることができました。例えば、苔むした長い石段参道から。例えば、東の山を借景に山腹を利用し、大きな池と変化に富む“天下遠望の名園”と称された庭園から。そして、触れると“身体健康・無病長寿のご利益がある”と言われる、本堂近くに立つ仁王門に吊り下げられた大草鞋。往時の栄華を偲ぶのではなく、その姿を見てみたい…そんな気持ちにさせられました。


<其の参へつづく(※画像数などの関係にて分割)>

<Postscript>

百済寺を巡拝した後、食した昼食でも…。

赤飯まんじゅう@近江の館 筍御飯@近江の館 

近江の館の赤飯まんじゅうと筍御飯です。
赤飯まんじゅうは甘みも少ないので、昼食にも使えますよ。食欲は十分満たされました。ちなみに、何れも百済寺の外で撮ったものですが、紅葉は寺内よりも色が良く、見頃を迎えてました。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails