Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
茜色のような作品-木山裕策編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

茜色のような作品-木山裕策編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年3月15日 06:36 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽      BBS


昨年、発表された曲の中で、個人的に好きだった曲の1つは…
日本テレビ系の「歌スタ!!」という番組をキッカケに、Every Little Thingの曲などを手掛けた多胡邦夫氏の全面バックアップで念願のデビューへと至った、サラリーマンシンガー・木山裕策の「home」という曲です(※2007年の馬場俊英のように、意外な形で?紅白歌合戦にも出場したので、この曲をご存知の方は多いかと思います)。


歌詞の中にも出てくる、“茜色の空”が頭の中に浮かぶような…
鍵盤による前奏から始まり、平井堅の歌声を少しまろやかにしたような?、歌に対する真摯な気持ちが感じられる、自分好みの伸びやかな声で、“天気の良い日曜日の夕方を描いたような歌詞”を唄い上げた、この作品。今迄、多胡氏が提供してきた曲のイメージからすると、「home」は意外な作品といいますか、“こんな感じに仕上げることもできるのか…”とビックリしながら、何度もリピートしたものです。そして、聴けば聴くほど、“4分以内で終わってしまうことだけが自分には物足りない!”という気持ちになりました…(;^^)。その点以外は、全て自分のツボに入る好作品でしたから…。


そんな作品が収録された、木山裕策の初のフルアルバムが…
自分自身が中国出張などでドタバタしていた2月11日に発売されていることに気が付いたので、今回はそのレビューでも書いてみようと思います。

“なんだか評価が低いなぁ…”という感じですが、、、
客観的に評価するとなると、「やはり、これが妥当ではないのかなぁ…」と。。。


ちなみに、減点材料としては…

  • 曲調的にも、トップバッターが「#1:home」は個人的には無理があると思う。
  • 1曲目の選択を100歩譲ったとしても、「#10:home(afternoon tea taste)」という感じで別バージョンの流れへ至ること。こんなことをする位ならば、10曲目だけにドッシリと鎮座させておいた方が効果があると思う。
  • Perfumeっぽい曲調を!」という無理難題なリクエスト?があったのかどうかは分かりませんが、トータルで聴いてみると、やたらと浮いてしまう「#7:horor」をはじめ、「この曲は、彼には合わないだろう?」という曲が幾つか収録されていたこと。

…という感じです。
とりあえず、「1枚の中でやろうとしていることが多過ぎるというか、彼がやらなくて良いこと迄やってしまっている…」という印象が否めませんでした。もしかして、前年に発表された以下のミニアルバムにおいて、多胡氏が手掛けた3曲(#2~#4)の評判が悪かったのでしょうか。

確かに、多少地味だったかもしれませんが、個人的には…
上手くバランスを保ち、繋ぐことができる好曲」という印象をむしろ受けましたし…なにより彼の歌声に合う作品だと思いました。そのため、今回のような舵のきり方に関しては、「違和感を覚えるというか、納得がいかない…」というのが本音です。


ただ、悪性腫瘍で声を失う可能性もあった彼の人生を鑑みた結果として…
この「Memorial」というアルバムタイトルが実は以前から決まっていて、“こんなタイトルでありながら、同じような曲調を並べてしまうと、タイトルの言葉が持つ意味と齟齬をきたすという評価があったのであれば、仕方ないかなぁ…”とは思います。事情も事情です。“1枚目だからこそ、1ファンよりも木山家の子供たちが喜ぶような方向へ敢えてベクトルを少し偏らせた…所謂、プレゼント的な作品があっても良いのではないか?”と個人的には思いますから。とはいえ、このような趣旨で作られた作品となると、次作がないような…そんな気にもなってしまいますけど。。。


ちなみに、「#1:home」以外で好きだった曲は…
ギターとピアノのシットリとした前奏で始まる、ストリングスとの絡みも良い「#4:桜並木」、ボサノバ調の「#5:花火」、冒頭からサビで始まるバラードの「#9:永遠」の3曲ですかね。歌詞に関しては、全般的に分かりやすいのですが、その中でも…「メロディとの絡みが特に良かった」というのがその理由なんですけどね。情景もハッキリと浮かびますから。。。


そんな訳で、木山裕策の曲のオススメの聴き方に関して、個人的には…
これらの曲や「home」、あとはミニアルバムの「WAIT FOR YOU~今の僕にできること~」から何曲か好きな曲をピックアップして聴くことですかね。その方が、統一感やクオリティといった面で良い作品になると思います。間違いなく…。

<Postscript>

木山裕策が「歌スタ!」で頑張っている姿をTVで観てたんだよなぁ…そういえば。。。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-A. 作品関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails