Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
ペンタゴンが懐かしい-GOING UNDER GROUND編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

ペンタゴンが懐かしい-GOING UNDER GROUND編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年4月 4日 20:06 ]     

Category  07-A. 作品関連 音楽      BBS


今回は、前回紹介したJUJUのアルバムと同じ日に発売された…
GOING UNDER GROUNDの「LUCKY STAR」を取り上げたいと思います。彼らと同世代の自分は、キン肉マンをTVなどで当たり前のように観ていた世代ですけど、まさか「★といえばペンタゴン!」みたいなジャケットにしてしまうとは…ね。最初見たとき、ビックリしましたけど…良いですよね。こういうのも。個人的には、懐かしい気持ちになります。

彼らがメジャーデビューしてから7作目となるこのアルバム。
味わい深い楽曲とVocal・松本素生の爽やかな歌声から“せつな系ロック”とも称されているようですが、シングルで大ヒット曲を出していないこともあって、自分自身…アルバム単位でキチント聴き込んだことが実はありませんでした。。。


しかし、昨年末だったと思うのですが…
彼らの曲をTVの深夜の音楽番組で偶然聴く機会があり、それ以来、自然と聴く機会が増えてきました。キッカケとなったのは、今作における唯一の先行シングルである「#14:いっしょに帰ろう」です。序章のような、切ないバラード調の出だし~管楽器をフューチャーした間奏。そして、テンポを上げて本題が始まる…みたいな起承転結の流れがハッキリしている、この曲。2番の後にも、ポエトリー・リーディングみたいなものを少し入れて、テンポを変えたり…小細工色々。それでも、疾走感ある曲の中で、どれも調和しているのです。


そんな曲においては、ドラムの重要度は増すばかりだと思うのですが…
サビをはじめとする重要な箇所でのシンバルのオープンクローズなど…最高のチョイスが散りばめられております(※バンドの楽曲で、こんなにも多用する曲は久々に聴いたような気がしますけど)。切なさや懐かしさみたいなもの…色々なものが込み上げてきて、とても印象的でした。話が早いかもしれませんが、個人的には2009年の名曲の1つです!w


シングル曲に対する印象はこの程度として、、、
GOING UNDER GROUNDというと、個人的には、「良い意味での王道アレンジ」、「サビを際立たせ過ぎない曲作り」、「言葉の乗せ方がオーソドックスなので、比較的詞を聞きとりやすい」というイメージを持っておりますが、彼らの魅力自体も、そんなところにあると思ってます。ただ、それは…例えば、好き嫌いという意味であったり、大ヒットに繋がらない遠因など…評価が分かれるところであるかなとも思ってます。


しかし、1曲1曲の新鮮味よりも、曲の惹き立て方…これは抜群の上手さですね。
結局のところ、今作は先行シングル以外の楽曲の出来も良いんですよ。


例えば、男性が草食過ぎる詞が印象的?ともいえる…
「#1:世界のまん中」、「#3:夕」(→“暮れ”という言葉が外されたタイトルは何故なのでしょう…既発表済の「南十字」にも言えますけど)、「#7:Mr.Lonely」、「#11:スローモーション」といったところのキャッチ―なメロディ。あと、Drums・河野丈洋が楽曲を作り、Vocalをとっている…ミドルテンポの「#5:ラストダンス」や、どことなくホフディランを想起させるような曲調の「#9:アワーソウル」も耳触りの良い優しいメロディは印象に残ります(※ただ、声質を考慮しているのか、両曲における演奏隊の重量感は劣りますけど)。さらに、「#6:トーキョー・キャンバス」やスローバラードの「#10:なんでぼくらは」といったところにも存在感があり、遊び感覚を感じる「#8:チェリーボーイ」も「1曲くらいあっても良い感じかなぁ…」いうアレンジには微笑ましい気分にさせられます。


ただ、詞に関しては、「歌」とか「そば」とか…
相手を意識した言葉が目立ちます。シングルのベストアルバム発表後、初のオリジナルアルバムということもあってか、「変わらぬ決意や思いを余すことなく表現しておきたい」という気持ちは分かるのですが、曲調だけでなく、言葉でも同じように攻められると…多少シツコイというか、お腹イッパイという印象は否めませんでした…(;^^)


でも、何度もリピートしたくなる作品です。オススメです。
配曲や取っ付きやすさ…このアルバムにおいては、そんな点がとても素晴らしいです!
評価を★5つにした理由は、納得して頂けるかと思います。

<Postscript>

余談ですが、「アルバムタイトル曲が1番地味だ」と思ったのは自分だけでしょうか。
曲調や詞のテーマよりも、「ジャケットありきだったのかなぁ…」と思わずにいられません…(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「07-A. 作品関連 音楽」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails