Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
サバイバルな体験ができる場所って必要なの?
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

サバイバルな体験ができる場所って必要なの? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年4月21日 23:39 ]     

Category  08. ニュース関連      BBS


今日、TVで知ったことなのですが、多摩の野猿峠の方の山林において…
サバイバルゲームが可能な場所”を建設する計画(※参考)があるそうです。

ちなみに、野猿峠がどこにあるかご存知がない方に申しますと…
バスでアクセスする場合は、八王子駅北野駅、あとは南大沢駅から…となります。個人的には、“ホテル野猿”という老舗のラブホテルのイメージが強い地域ですが、住民もおり、学校もあります。。。

ちなみに、この計画に関して、個人的には、反対です。大反対です!
ネット上では、「何故?」という意見もあるようですが…いつの間にか、日本はこういうことが許容されるような、そんな時代になってしまっているんですね。


平和ボケの不謹慎なもの」としか感じず…
ミリタリー程度で、「戦争」という言葉が頭を擡げてしまう自分は保守的なのでしょうか。。。


本物の戦争が行われている場面を見たことはありませんが…
昨年の9月、パキスタンに滞在している間に直線距離で数百Km離れた場所にはミサイルが落ちました。想像するだけでも恐怖を感じたものですが、周囲へ与える影響は自分が想像する以上に大きかったこと…あれは忘れません。パキスタンの場合、警察官の銃にしても猟銃のようなものなのですが、彼らの姿を見慣れる迄は、ニュースなどで得た知識を頭の中で理解はしていても…「も、も、も…もしかして、タリバン?」と思ってしまったものです(※地域によっては、警察官以外も当たり前なのですが…)。あと、イラン某所では、偶然にもミサイル実験をしている現場をこの目で見たこともありますが、発射する際のあの音。あれが自分の目と鼻の先に落ちて来るのかと思うとゾッとしたものです。。。


子供に与える影響の大きさ…これは、「間違いなくある」と断言できます。
自分が海外で経験したことは、所詮は入口のドアを開けた程度のものでしかありません。こんなことは、誰だって経験できます。しかし、臆病な日本人は、「そんな国へは行きたくない」と誰もが口にします。パキスタンと聞いただけで、「勘弁して…」と口にする方が多勢という印象です。極論を承知で申し上げますが、争いごとがある国へ行こうともせず、何故こういう現実が未だにあるのか知ろうともせず…そんな感覚を自発的に研ぎ澄ませようともしない人たちに対して、「サバイバルゲームというもの自体、必要ない」と自分は思います。


戦争を経験しているウチの母なんかは…
サバイバルゲームという発想自体が許せない…」と憤ってますが、本当にその通りだと思います。遊びといえど、黙ったまま遊ぶとも思えませんし、おそらく迷彩服を着ないと気分も高揚しないはず…。さらに言うと、日中よりも夜の方が緊迫感があって良いでしょう。そんな人たちが、例えば自宅周辺に集結して、家の周りをウロチョロしているのかと思うと、気分が悪くなります。こういった施設が増えれば、今の時代…遅かれ早かれ、ミリタリーグッズもエスカレートするはずです。大概のことは、法ギリギリのことをやった方が面白いですし。。。


こんな体験をしたいならば、やはり自衛隊へ入隊して頂きたいですよ。
日本の場合、海の向こうは危険な国ばかりなのですから。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「08. ニュース関連」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails