Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
第91回全国高校野球選手権大会第13日
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

第91回全国高校野球選手権大会第13日 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年8月22日 17:36 ]     

Category  02-C. 野球関連@高校野球      BBS


昨日から準々決勝の試合が2試合ずつ行われ…
花巻東、日本文理、県岐阜商業、中京大中京の以上4校が勝ち残りました。


今年は、週末の外出が多くて…
大好きな高校野球のチェックは、例年よりも少なめだからかもしれませんが、菊池雄星くんを要する選抜の準優勝校である花巻東以外は、「意外なところが勝ち残ったなぁ…」という印象です。ベスト4に関する情報を並べると…岩手県勢は90年振りで、新潟県勢は初めて。その他、伝統校勢にしても…中京大中京は27年振り(※ヤクルトの中継ぎなどで地味に活躍した野中徹博、プロ野球では野中を大きく上回る活躍をした紀藤真琴の両投手などを擁していたとき)で、県岐阜商業は45年振り…という感じですからね。


その中でも、注目すべき高校は…
個人的には日本文理ですね。失礼なことを承知で申し上げますが、他の3校と比べると…“くじ運での超幸運振り”が目立ち過ぎている気がしますw。2回戦:寒川、3回戦:日本航空石川、準々決勝:立正大淞南…という感じで、今迄3試合を戦ってますが、何れも春夏通じて初出場となる高校であり、準々決勝の立正大淞南なんかはインフルエンザで5人がベンチ入りできないなど、試合どころではない状況でした。さらに、準決勝に関しても花巻東のブロックから見事に回避。ここまで続くと、さすがに笑うしかないですね…(;^^)


…そんな訳で、勝ち残った4校の総合力を考えると、、、
決勝戦は、「県岐阜商業vs花巻東」…これが順当であるような気がします。県岐阜商業は地区大会での勝ち上がりのスコアが接戦続きであったこともあり、“大会前は完全にノーマークだった”のですが、PL学園を破ったときの試合内容がとても良かったのです。そのため、今日はキチントチェックすることにしたのですが…個人的には、高校野球の屈折した楽しみの1つとなっている、帝京名物のスリリングな継投ショー?を楽しむことができましたし、見応えのある試合でした(※そういえば、試合中…何度かTVに映りましたが、帝京の前田三夫監督の激痩せ振りが心配です…)。


尤も、帝京絡みの試合に関しては、基本的には熱心にチェックするのですが…
今日登板した帝京の4投手は全員140Kmを超えるなど、量質共、屈指の高レベルにあると思ってました。しかし、そんな投手が投じるストレートに振り負けていないですし…ココゾというときに集中打が出る打線、あれは本物ですね。主戦投手の山田智弘くんに関しても、恵まれた体格を活かした冷静な投球が印象的です。こじんまりとした投球フォームに関しては、個人的には好みではないのですが、今大会における好投手の1人であることは間違いないと思ってます。


花巻東に関しては、大会前から優勝候補と目されていたこともあり…
今更話すこともないのですが、とりあえず1人だけレベルが違う選手がいることの影響の大きさ、それを強く感じますね。春から感じていたことですが、接戦での勝負強さ…というか、相手なりに試合を運べる試合巧者振りが印象的です。昨日の明豊戦にしても、どう考えても負け試合のはずですが、9回表に2点差を追い付き、延長戦で見事に振り切りました。初戦の長崎日大戦も含め、「普通は負けパターンだと思う試合に勝ってしまう」…この不思議な流れは、松坂大輔を擁していたときの1998年の横浜高校のような雰囲気のように思えて仕方ありません。


でも、この両校が対戦した場合は、たぶん花巻東の方が有利だろうなぁ…。

<Postscript>

余談ですが、「今年は好選手が多いなぁ…」という印象です。
左腕投手も多く、140Km前後のストレートを投じることができない選手は少ないような気がします。「ドラフト候補者という意味では、豊作」という気がします。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-C. 野球関連@高校野球」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails