Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
現実を捉えた作品の評価-セバスチャン・サルガド編-
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

現実を捉えた作品の評価-セバスチャン・サルガド編- 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2009年12月13日 13:34 ]     

Category  01-A-01. 日記一般      BBS


昨日、1人で東京都写真美術館へ行ってきました。
初めて足を運んだのですが、「写真は美術というよりも記録としての側面が強いもの」というのが自分の価値観なので、このような施設に関しても、「美術館」としてカテゴライズしてしまっていることに対して、なんとなく違和感を覚えるのは果たして自分だけでしょうか。


…細かい話は止めましょう。。。(;^^)


足を運んだ理由は、実は、先週の日曜日に久々に“サハラ越え”のコミュを開催したのですが…
その際に、フォト・ドキュメンタリーの先駆者であり、今もなお精力的に新作を発表し続けている…「セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado|1944~) アフリカ展」というものが開催されているということを耳にしたからです。

かつては“経済学”を専門としていた、セバスチャン・サルガドは…
そんな視点を通して、「見捨てられた大陸」と呼ばれるアフリカの現状に迫りつつも、「グロテスクな部分にも随分と真正面から受け止めているなぁ…」というのが自分の率直な印象です。


写真は、「絵画のような作品とは違い、現実感に迫っている」という特長がある一方で…
過度に強調されてしまうと、政治的な側面が強くなってしまう」という欠点も持ち合わせているが故でしょう。だからこそ、言いたいことはあるのですが…今回の企画で展示されている作品がアフリカの全てかというと、自分は「違う」と思ってます。特に、日本人の場合…あんな作品を突き付けてしまうと、それが全てだと思ってしまいがちな傾向があるので、どうしてもそう言いたくなります(※例えば、エジプト、チュニジア、モロッコ…あと、自分が来訪したことがあるリビアなど、観光客を呼び込めるエリアはそんな側面を見る機会は少ないはずです)。


ただ、そう感じる一方で、サルガド自身が初めてアフリカを取材した…
1970年代から今日に至る迄、度重なる紛争や悪化する環境を食い止める手段を見つけることは容易でなく…飢餓、エイズといった病気、あと砂漠化などを救うべくキャンペーンは組まれておりながら、それがアフリカ全体に対して、プラン通りに進行しているかとなると、Noであると捉えるべきでしょう。


現に、アラブ系住民が少ない本当の意味でのアフリカといえば…
ウガンダ(イディ・アミン)、中央アフリカ(ジャン=ベデル・ボカサ)、ザイール(現コンゴ民主共和国:モブツ・セセ・セコ)、赤道ギニア(マシアス・ンゲマ)、リベリア(サミュエル・カニオン・ドウ)、ナイジェリア(サニ・アバチャ)、ジンバブエ(ロバート・ガブリエル・ムガベ)…など、“一政治家の独裁”を経ている国が多く(※ジェノサイドという観点で問題がある指導者ばかり…)、その際の遅れを今になっても取り戻せずにいるというのが“後進国”となっている所以ではないでしょうか(※後世で称えられている独裁者は、トルコの初代大統領であるケマル・アタテュルクくらいなものでしょう)。格差の大きさ、これは客観的に見てあまりにも切ない現実ですし、一刻も早くその現実から抜けて欲しいと願わずにいられません。


個人的には、このような企画があることは…
地理的な面の影響もありますが、アフリカとの距離を色々な意味で感じている日本人にとっては非常に良いと思います。昨日の来訪者数はかなりのもので、入場制限が出ていたほどですから。近いうちに、またこのような企画があることを切に望みます。

<Postscript>

余談ですが、↑で触れた話は2階で開催されていたものです。
3階では、「木村伊兵衛(1901~1974)とアンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson|1908~2004) 東洋と西洋のまなざし展」が開催されておりました。都内各所で、木村伊兵衛が撮影した…「過度な演出を抑制した作品」は、時代を越えると貴重な記録ですね。個人的には好きでした。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「01-A-01. 日記一般」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails