Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
2010年のBayStarsは…!?
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

2010年のBayStarsは…!? 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2010年3月26日 01:17 ]     

Category  02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ      BBS


先週開幕したパリーグに続き、遂にセリーグも開幕しますが…
ベイスターズの開幕1軍メンバー(28名)は、下記の通りだそうです。

【先発】
清水(直)、藤江、寺原、◎S.ランドルフ

【中継ぎ】
高宮、加賀、木塚、真田、牛田、加藤 (康)

【抑え】
山口

【捕手】
◎橋本、細山田

【内野手】
山崎、◎内川、◎石川、藤田、◎村田、稲田、◎J.カスティーヨ、野中

【外野手】
金城、◎T.スレッジ、◎吉村、大西、◎早川、内藤、下園

(◎:阪神の開幕投手を安藤と仮定した場合の開幕戦のスタメン予想)


昨年は、開幕1軍ベンチ入りのメンバーに関して…
“本当に”1軍のメンバーですか?」とか、「2勝するよりも10敗する方が早い」とか揶揄せずにはいられないほどの酷さでしたが、今年は積極的な補強のかいもあり、別のチームへと生まれ変わった気がします(…でも、新加入選手は意外にも4分の1の7名)。


その一方で、長年チームを支えてきた…
三浦番長や佐伯といった生え抜きのベテランが開幕1軍ベンチ入りのメンバーから外れたことに関しては、少なからずショックであることも事実です。ただ、これくらい思い切ったことができるだけの選手層となったことは確かでしょう。昨年の成績が成績だけに、またオープン戦の成績に関しても決して良かったとは言えないので、悲願のAクラス入りは難しいとは思いますが、「今年のチームはプロ野球チームだなぁ…」とは思えますし、応援にも熱が入りそうです。とりあえず、ルイスが退団し、大竹も開幕絶望で投手陣に大きな不安が残る広島よりは上の順位に行けそうな予感はあります。。。


でも、広島以外の球団を上回れるかとなると…どうでしょうかね。。。

<投手陣>
「もしかしたら…」と少しだけ思う投手陣です。。。
先発陣の駒が非常に少ないとは思いますが、救援陣に関しては、たとえ誰かに何かアクシデントがあったとしても、まだ弥太郎、高崎、石井…と左右共に替えがいます。さらに、オープン戦においては、奪三振率が高く、個人的にも以前から期待値が高い牛田が復活傾向にあるのもなにより。救援陣で試合を作ることも可能“かも”しれません。

<野手陣>
補強は一通り行ってはみたものの…
総合的な守備力という意味ではイマヒトツだ」と思います。捕手の橋本は交流戦でセリーグとの対戦があったとはいえ、リーグの鞍替えである上に弱肩…orz。カスティーヨ&石川の二遊間と三塁の村田の守備への過度な期待は酷(※遊撃手は藤田を起用した方が良いような気がします)。内川に関しても、お世辞にも上手いとは言えませんから、まさに内野は穴だらけ。外野もスレッジの守備が気になるところです。。。

その一方で、打線に関しては…
「ハマれば予想以上の結果を残すのでは?」という可能性があると思います。生え抜きメンバーは一線級投手に対して、まるで歯が立たないので、ここ何年も…個人的には歯痒い思いばかりしてきましたが、今年は…“内川→村田→スレッジ→カスティーヨ”といった感じの中軸となるはず。さらに、エースキラーの橋本も下位に控えます。他球団にしてみれば、この打線はそれなりの脅威となるはずです。ただ、この中軸と比べると、誰を据えるにしても、1~2番が心許なく映ってしまう印象は否めません。開幕当初は、“石川&早川”というコンビで行くのでしょうが、そのうちデータをもとに日替わりとなってしまうような気がします。。。

吉村裕基の打撃が本調子となれば、走力もあるし、1番に据えると面白いと思うのですが…。
(※いい加減、復活の見込みが立たなければ、レギュラーを剥奪して欲しいのが本音です)


最後になりましたが、開幕投手はランドルフか直行のどちらかだと思いますが…
阪神の次が巨人が対戦相手…ということを鑑みると、今季も昨年以上の期待に応えてくれそうなランドルフでほぼ間違いないでしょう。よって、ローテーションに関しては、監督が5人体勢で行くと明言しておりますし、「ランドルフ→直行→藤江(※面子的にココに入れるしか…でも本当に?)→寺原→吉見」という感じで最初は廻すのではないかと思われます。


最初の巨人戦の先発投手が心許ないなぁ…(;--)


よって、シーズン序盤は、「ランドルフ&直行以外の投手がどこまで頑張れるか?」ということが…
2010年のベイスターズの長いシーズンを占う意味での大きな鍵となってしまうでしょう。


まずは、最初の阪神3連戦…2勝1敗以上で上手く乗り切って欲しいです!
昨年とは比べものにならないほど、期待はしてます!

<Postscript>

ところで、藤江と山崎は何故選ばれたのだろう…。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「02-A. 野球関連@横浜ベイスターズ」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails