Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
4年振りに秩父へ行ってみた
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

4年振りに秩父へ行ってみた 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2010年5月 5日 12:03 ]     

Category  03-D. 国内旅行記@関東(その他)      BBS


横瀬駅 定食

横瀬町01 横瀬町02

今年はG/Wも色々と忙しく...
旅に充てることができたのは1日だけ。迷った末、4年振りに秩父方面へと足を運びました。

この時期の秩父といえば...
芝桜のシーズンですが、あの横瀬駅が画像の通りの大混雑...。西武も臨時電車を何本も設定しておりましたし、知名度はさらに上がったのでしょうね。駅前で昼食をとった後、まだ菜の花が咲く道を歩きながら羊山公園へ向かいました。

羊山公園01 羊山公園02 羊山公園03

羊山公園04 羊山公園05 羊山公園06

羊山公園07

上段は、"ふれあい牧場"の羊たちです。
前回行ったときは目にしなかったと思うのですが、羊はカワイイですね。「暑くて大変だね~」と声をかけられてました...(;^^)

下段は、芝桜です。晴天の日は、4色の花の色が映えますね!
...ただ、正直な感想を申しますと、「4年前の方が綺麗だったかも...」という印象は拭えませんでした。4月は肌寒い日が長く続きましたし、まだウォーミングアップ中だったのもしれませんね。


芝桜を観賞した後、御花畑駅から秩父鉄道を利用しました。
前回は、三峰口方面へと向かいましたが、今回は逆方向となる長瀞・熊谷方面の列車を利用することにしました。秩父鉄道は、羽生~三峰口間で全長71.7Kmと路線長もありますからね。前回と少しは変えてみたくなるといいますか...(;^^)

秩父鉄道車両01 秩父鉄道車両02


和銅黒谷駅01 和銅黒谷駅02

上段は、今回利用した車両で...
1000系...所謂、「旧・国鉄101系シリーズ」です。中間車両はクーラー未搭載で、前者は総武線や南武線、後者は昔の秩父鉄道色故の懐かしさなどはありますが、車内はさすがにクタビレてますね...。順次置換される予定とのことなので、利用されるならばお早めに...。

下段は、途中駅で...
和銅黒谷駅です。駅名が気になっていたのですが、"和同開珎"のモニュメントの通り...「和銅遺跡」の最寄であるが故だとか。2008年に和銅奉献から1300年を記念して改称したそうです!

親鼻駅 舟下り01 舟下り02

途中下車した駅は、各駅しか停車しない親鼻駅です。。。
上記画像の通り、駅から徒歩10分ほどの河原を起点に...「長瀞ライン下り」を楽しむことができます。ちなみに、幼い頃...この舟に乗せてもらった記憶はあるのですが、全く覚えてません。今回も、「利用しようかなぁ...」とは思ったのですが、予想通り混雑していたので見送りました...。

親鼻橋01 親鼻橋02 親鼻橋03

...その代わりに、その河原から荒川橋梁を渡る秩父鉄道の列車を撮ってみました...(;^^)
TVでよく取り上げられる撮影場所なのです...ここ(※地図)。ちなみに、この日は暖かったせいか、荒川で泳いでいる人たちも多く、春というよりも夏の思い出のワンシーン...のような感じになりました。写真で伝えることはできませんが、秩父鉄道の顔とも言えるSL・パレオエクスプレスもこの鉄橋を渡る際は汽笛を鳴らすのです。そんな場所で撮ることができたことは、やっぱり感慨深かったですね。。。

長瀞駅 長瀞01 長瀞02

最後に、親鼻駅から2駅先の長瀞駅でも途中下車しました。
前述した親鼻橋付近を起点とする長瀞渓谷のライン下りにおける渓谷美もガラリと変わります。この付近は岩畳が印象的ですが、個人的には駅からこちらへ至る迄の通りに立ち並ぶお土産屋をノンビリと楽しむのも面白いかと思います。

煎餅 猿

秩父も煎餅が名物ですが...
こちら長瀞でも売られております。子供が喜びそうですね。あと、渓谷の反対側には猿劇場があります。1日3回公演されているようですが、間に合いませんでした...(>_<)

<Postscript>

Ken's Dining

夜食は、新宿のKen's Diningへ。
鏡張りの内装は華やかで、「久し振りのオシャレ系だなぁ...」という感じでした。左記画像の通り、さすがに料理もシッカリとしたものが出てきます。ただ、全般的に安くはなく、サービス税も徴収されます。そこまでのお店かなとなると、う~ん...(;^^)


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-D. 国内旅行記@関東(その他)」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails