Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
長良川鉄道沿線をブラリ 其の壱(美濃市編)
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

長良川鉄道沿線をブラリ 其の壱(美濃市編) 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2010年8月29日 17:50 ]     

Category  01-D. 店探索系日記  *  03-F. 国内旅行記@東海      BBS


先週の日曜日から2泊3日のスケジュールで…
妻の実家がある岐阜へ行ってきました。そのうちの半分くらいでしょうか。2人旅に費やしたので、今回はその報告をしたいと思います。

長森駅01 長森駅02 長森駅03

冒頭の理由もあり、今回の起点は、岐阜駅の隣駅である高山本線長森駅です。
実は、妻の実家はJRの駅、名鉄の駅…何れからも距離があるのですが、今回は美濃太田駅から先、国鉄時代の越美南線を運営している長良川鉄道を利用するため、長森駅から乗車することになりました。ご覧の通り、駅周辺は田んぼが目立ち、非常にノドカ(※昔からあまり変わっていない模様)。申す迄もなく、素敵な無人駅です…(;^^)

長良川鉄道@大矢駅にて

長森~美濃太田迄の所要時間は…
各駅停車で35分ほどだったでしょうか。そこで乗り換えた長良川鉄道は、や美濃、そこから先…長良川沿いに郡上八幡や白鳥などを経由し、北濃駅との間を結ぶ全長72.1Kmの路線です。以前、新岐阜~新関間で名鉄美濃町線(※2005年4月廃止)を利用した際、夜間に1度だけ利用したことがある程度で、「実質的には今回が初めての利用」と言っても過言ではありません。

富加駅 車窓01 車窓02

上記画像は、長良川鉄道の駅の雰囲気や車窓です。
対向列車との交換が可能な駅には木造駅舎が残り、車窓に関しては高山本線同様、田んぼが目立つなど、心を和ませてくれます。

美濃市駅01 美濃市駅02

旧・美濃駅01 旧・美濃駅02

最初に途中下車したのは…
美濃太田からの所要時間は35分ほどの美濃市駅です。左記画像の通り、1999年4月迄は名鉄美濃町線の終着駅も長良川鉄道の駅近くにありましたが、現在は記念館となっております。

尚、この記念館では…
自転車をレンタルすることができる(※3台ありました)のですが、なんと1日\300という格安振り。「これは借りるしかない!」と、サイクリングしながら美濃市内を観光することにしてみました。

うだつの街並み01 うだつの街並み02 うだつの街並み03

うだつの街並み04 うだつの街並み05 うだつの街並み06

うだつの街並み07 うだつの街並み08

さて、美濃といえば…
金森長近によって街並みの原型が作られ、現在では重要伝統的建造物群保存地区として選定されている、「うだつ(?/卯建)の上がる街並み」や和紙などが有名です。

うだつとは、町屋が連続して建てられる際…
隣家からの火事が燃え移ることを防ぐための防火壁」として造られたものです。しかし、江戸時代中期頃になると、装飾としても重要視され、やがて自己の財力を誇示するための手段(※美濃の場合は和紙)として、上方を中心に商家の屋根上には競って立派なうだつが上げられることになります。上記画像の通り、この地区では電柱も排除されているため、その景観は非常に素晴らしく、個人的にはこの街並みに合わせた十六銀行の建物(※中段の中央画像)も気に入っております。

美濃和紙あかりアート館

左記画像は、美濃和紙あかりアート館です。
国の登録有形文化財である建物に誘われるように入館してみたところ、館内では毎年10月に開催される「和紙あかりアート展」が再現されておりました。“和紙”と“あかり”で組み合わせられた世界は幻想的で温かいですね。「展覧会が開催されている時期に、夜のうだつの街並みを見てみたい」と思わせてくれました。


上有知湊01 上有知湊02 上有知湊03

上有知湊04 上有知湊05

長良川へ向かうために…
自転車で坂を一気に下ると、この場所が水運物流の要所だったことを伝えてくれる船着場跡の石畳や住吉型川湊灯台が残る上有知湊跡があります。

上記画像の通り、この辺りの水はとても綺麗で、魚も泳いでます(※泳ぎたかったなぁ…)。
あちこちで漁も行われており、美濃のことを知らずとも、この風景を目にしてしまうと、「1度は訪れてみたい!」と思う方もいるのではないでしょうか。川沿い民家にしても、用水路(※曽代用水)が上手く活用されており、個人的にはこの景観にも心が和まされました。

美濃橋01 美濃橋02 美濃橋03

美濃橋04

上有知湊跡付近から上流方向を眺めると…
吊り橋が架かっております。こちらが1916年(大正5年)8月に完成した、国内に現存する最古の近代吊り橋である“美濃橋”です。吊り橋マニアとしては、現在の生活に密着した木製の橋に惹かれますが、この橋は床板が木製で応急措置の痕も残るなど魅力はタップリ。意味もなく、往復したり…堪能させてもらいました♪(;^^)


<其の弐へつづく(※画像数などの関係にて分割)>

<Postscript>

花いかだ01 花いかだ02 花いかだ03

10~13時台は、長良川鉄道の列車本数が少ない時間帯であるため…
上記画像の通り、この日のランチは美濃橋を渡った所にある花いかだで松花堂弁当を食べてきました。料理が美味しかったことは勿論ですが、店内も綺麗で長良川を眺めることができるなど、個人的にはオススメのお店です。ちなみに、美濃での滞在時間は3時間30分ほどでしたが、暑くなければ、「もう少しノンビリしても良かったかなぁ…」というのが本音です。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「03-F. 国内旅行記@東海」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails