Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
見慣れたはずの風景
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

見慣れたはずの風景 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2011年1月29日 22:28 ]     

Category  03-J. その他 旅話  *  05-A. 自作小説/エッセイ系      BBS


7、8年前の話だろうか。
あなたのホームページを通して、故郷の写真を見ることができました。久々に懐かしい思い出に浸ることができて嬉しかったです」という感じのメールを海外在住の見知らぬ日本人から頂戴したことがある。


どんな写真だったかというと…
旭川市内にある橋の上から、名なしの山を写したもの。曇り空の日に撮ったせいだろうか。客観的に見ると、「平凡な風景写真」という程度でしかないと思う。


メールを読んだときも驚きしかなかった。
プロのカメラマンが撮ったものではなく、素人が何気なく撮ったものに過ぎなかったのだから。


僕がこの写真を撮ったのは…
手に入れたばかりのデジタルカメラを片手に、北海道へ1人旅をした10年ほど前だ。


あのときは、千歳へ空路で北海道入りし、そこから夜行列車などで翌朝には根室へ移動。
そこから車の運転の練習も兼ねて、レンタカーであちこち立ち寄りながら海岸線沿いを進み、日本最北の街である稚内まで4泊5日。その興奮が冷めやらぬうちに、今度は列車で南へ一直線…。ペーパードライバーの身でありながら、よくもこんな旅程を組んだと思う。


ただ、これだけの距離を自らの運転だけで移動すると、さすがに気分が良い。
稚内からの列車移動の方が思っていたよりもむしろ退屈だったくらいだ。


…それでも僕は3時間以上列車に乗り続け、旭川の街へ辿り着いた。
駅の外へ出てみると、目の前には真っ直ぐ伸びた歩行者専用のメインストリート。街の雰囲気が大学時代を過ごした八王子とどこか似ていた。


旭川は駅前を経由するバス路線が少なかったこともあり…
懐かしさのようなものも少し感じながら、僕はその道を歩き、バスが頻繁に往来する大通りへ向かった。


バスの行き先を眺めてみると、よく分からないところばかり。
どこからどのバスが出ているのか、サッパリ分からない。


暫くバスを眺めた後、僕は地図を広げ、どこへ行こうかと軽く調べた。
この街には井上靖三浦綾子の文学館がある。どちらへ行こうか迷ったが、僕は駅からの距離も遠くなさそうな後者を選び、停留所へやってきたバスに乗り込んだ。


ところが、そのバスは10分ほど経つと、妙な道を辿り始めた。
循環バスだったせいかもしれない。とりあえず、乗り続けてみたところ、窓の向こうにはどこかホッとさせられる山並みと川が映っていた。


僕が大学時代に過ごした八王子にも似たような風景がある。
駅から甲州街道を日野方面へ向かうと浅川を跨ぐ橋があるのだが、そこから見える風景をそのとき思い出した。


思わず、そこで立ち止まってみたくなり、次の停留所でバスから降りた。
そして、学生時代に見慣れたはずの風景を旅の思い出としてカメラに収めた。それが例の写真だった。


あのときのカメラを初代とすると、僕が今使用しているものは三代目となる。
初代のものと比べると、機能や性能も向上し、至近距離からの撮影や手ブレにも強くなった。出来上がった写真を見ると、一目で画質が上がっていることを実感する。


ただ、あのメールを頂戴して以来、カメラの質云々よりも…
写真が持つ「記録」という側面を強く意識するようになったと思う。目の前に映っている、その風景を見たいと思っている人は僕の他にもどこかにいるのかもしれないと…。


気がつけば、旅先などで撮ってきた写真を友人たちに見せることが僕の楽しみの1つとなっている。

<Postscript>

写真”をテーマにして、実際にあったことを書いてみました。

旅程も簡単にサラリと書いておきました(※一部、事実とは異なる点もあります)が…
この旅をしたのは2002年の8月中旬頃。あのときは、北海道で台風が停滞してしまったので、天気とも自分は戦っていたんですよね…。

今となると、色々な思い出が懐かしく感じます。
知床の羅臼へ行ったときは、8月なのにストーブにお世話になったり…あとは、この旅の途中で利用したふるさと銀河線は廃線となって姿を消し、旭川駅周辺も再開発中とのこと(※旅人泣かせのバス乗り場もようやく改善が図られる模様)。

ちなみに、作品内で取り上げた橋はどこかと申しますと…
旭川は平成大橋、八王子は大和田橋となります。ご参考迄。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「05-A. 自作小説/エッセイ系」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails