Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
天災で大混乱となった首都圏の話など3
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome52&Firefox48&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS6の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

天災で大混乱となった首都圏の話など3 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2011年3月26日 11:36 ]     

Category  04-B. ひとりごと      BBS


水曜日には、葛飾区にある金町浄水場の水道水から放射性ヨウ素131が検出されるなど…
とうとう水までも被害を受けてしまった東京。。。


蛇口を捻って出てきた水を飲むなんて…
他国を思うと、「冗談でしょう?」という話が本当だったこの国も、とうとう日常生活において、他国と同じようにミネラルウォーターが必須という国になってしまいそうですね。


来るべきときは来たと言えるのかもしれません。
とりあえず、今不安なことは、「水俣病のときのように、気が付いたときには取り返しのつかない状況となってしまうこと」です。あれは酷いものでした…。どうしても穿った見方をしたくもなります。国の隠蔽体質や放射性物質の性質や沸点を考えると、野菜の摂取は勿論のこと、お米を焚くことや味噌汁を飲むことも避けるべきなのではないかと思えて仕方がないのですが…。


真剣に考えると苦しいので、気にしないように見せかけているだけなのに…
国を背負っている方々は、その通り素直に信じていることに対して、非常に腹が立ちます。


「悔しい、ただ悔しい…」としか言えません。。。


ところで、水の件も含め、この度の巨大地震と大津波によって引き起こされた原発の事故により…
「たぶん、そうなるだろうな…」と悪い方向に考えていたことの多くは的中し、毎日少しずつ真実が明らかになっている印象を受けます。それに伴い、被災地の方々と首都圏に住む自分たちは、先のことが全く予想がつかない日々が続くことが確定したとも言えるのですが、それでも東京電力の清水正孝社長はずっと雲隠れ。国のトップとして、行動力が言動が問われるはずの菅直人首相も、昨日少しだけ登場したものの、ホボ雲隠れ。


一方で、福島第一原発で毎日必死に戦っている方々は…
懐中電灯を灯しながらの作業で、睡眠は椅子の上で毎日数時間。食事はカロリーメイト」という状態で頑張っているという記事をどこかで読みました。個人的には、結果に関わらず、この方々に対しては…「国民栄誉賞は勿論のこと、世界が願っている方向に事が運んだならば、ノーベル平和賞を授与したって良い」とさえ思っておりますが、こんな過酷な労働はあり得ないですよ。上層部は、彼らに対して戦前の北海道におけるタコ部屋労働以上のことを課して、毎日ノウノウと過ごす状態を改善しない限り、結果は良い方向に出る訳がないような…。


東日本の国民は、ある種の戦争に巻き込まれていることは…
もはや紛れもない事実と言えましょう。政府や東電はあまりにも楽観的過ぎて、悪いシナリオを考えないために、「一刻も早く知りたい情報の発表があまりにも遅くて、先々の生活に不安を感じている…」のですから。


こんな状態でありながら、国を背負っている方々が…
福島第一原発で作業に従事されている方々を顧みていないというのは妙な話ですよ。


実は、この間の3連休も実感させられました…。
各種予約を1ヶ月以上前に済ませていたこともあり、夫婦で山陰へ行って来たのですが、あちらのコンビニでも節電をやっておりました。国民レベルにおいては、「気持ちが1つなんだ…」ということを知りました。しかし、「国会議員の方はどうも違うのかな?」ということも知ってしまったのです。米子空港から羽田空港へ向かう飛行機の話なのですが、実は自分の左隣には、民主党の田中美絵子議員が座っていたのです(※場所が場所だっただけに、たぶん殆どの方が気が付いていなかったと思います)。


「国会議員もエコノミーに座るんだ?」ということをこの目で確かめさせてもらいましたが…
そんなことはどうでも良い話。気になったことは、「こんな時期に、与党の国会議員が何故山陰にいたのか?」ということです。色々な理由があるにせよ、「皆生温泉あたりでノンビリモードだったのか?」と捉えられても仕方ないし、「民主党では、この時点でも依然として被災地の情報を他人事のように捉えている節がある」ということは確かでしょう。国民感情としては合点がいかない話です。。。


個人的な意見でしかありませんが…
自分たちが目の当たりにしたくてもすることができない真実を、国民の代表として触れ、被災地へ生活物資を届け、直接励ましてくるのが国会議員としての責務であるはずです。また、それこそが、「国民の生活が第一」を標榜する党としてのあり方であるはずです…。


自ら2tトラックを運転して、いわき市の避難所に支援物資を届けた…
エガちゃん(江頭2:50)のような、“行動力がある人が頼り”の綱渡り状態なんて、フザけるにしても程があります。

<Postscript>

三陸鉄道が復興支援列車の運転を開始したそうですね。
被災地の復興のキッカケとなって欲しい限りです。ブログもこれから定期的にチェックしようと思います★


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

§この記事のメインカテゴリは、「04-B. ひとりごと」です。


From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails