Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 180

Notice: Undefined variable: objtype in /home/sites/heteml/users/n/e/w/new-can/web/blog/mt-dynamic.php on line 183
スリランカ旅行記 其の十一 ≪ピリマタラワ~象の孤児院など≫
Memory-01 Memory-02 Memory-03 Memory-04 Memory-05

From the author's New-Can

  • 当サイトは、IE11&Edge&Chrome58&Firefox53&OPERA31&Safari5…以上の環境で動作をなんとなく確認済です。全てのブラウザに対して、素人が完璧に対処することは至難の業です…。
  • スマートフォンでも、Android4.2/5.0&iOS10の環境で“必要最低限の動作は確認済”です。PCと同様のレイアウトで概ね閲覧可能ですが、解像度により一部非表示となるケースがあります。
  • 記事内で掲載されている一部画像は、ダブルクリックするとポップアップ画面経由で拡大されます。
  • 足跡を残す際は、画面左側にある“おきてがみ”機能も利用して下さい。
  • 白い頁が全面に出力されてしまった場合などは当方へ報告して下さい。メールフォームは、“検索&アーカイブメニュー頁の中央”に用意してあります。

スリランカ旅行記 其の十一 ≪ピリマタラワ~象の孤児院など≫ 

user-pic

Written  By  New-Can   [ 2011年6月26日 12:21 ]     

Category  03-I-03. 海外旅行記@スリランカ      BBS


<「スリランカ旅行記 其の十」からの続き>

ピリマタラワ01 ピリマタラワ02 ピリマタラワ03

ピリマタラワの市街地から北へ向かうと…
日本のように、山の斜面を活かして設けられた茶畑が目の前に広がります。茶畑の中に、南国特有の木が生えているのがスリランカらしいですよね。余談ですが、新婚旅行報告の葉書には、こちらで撮影した写真を利用しております…(;^^)

山道をもう少し奥へ進むと…
お茶工場がある」とのことだったのでので、内部を見学してみることにしました。

工場01 工場02 工場03

工場04 工場05 工場06

工場07 工場08 工場09

…あまりにも大雑把で恐縮ですが、工程毎に写真を撮ってみました。
ご覧の通り、大半は機械を利用しているのですが、未だに一部作業は人力のようです。ちなみに、内部は茶葉が醸し出す匂いが充満しており、見学すればそれを堪能することができるのですが…数十分いると、さすがに蒸し暑くて、簡単な内部見学で終わってしまいました。。。

標語01 標語02

左記画像の通り、工場内で…
「5S」の標語を見つけました。読んでみると、綴りが間違っている箇所もありますが、整理、整頓、清掃、清潔、躾…と書いてあります。スリランカも日本の影響を大きく受けているんですね。

風景01 風景02

ピリマタラワを発った後…
撮ったものが左記画像です。画像左は確か聖地で(…と聞きました)、画像右は初日からの念願としていたバナナ3色揃い踏み。初めて赤バナナも食べました♪(^▽^)/


最後に立ち寄った場所は、妻から旅先のリクエストを「スリランカ」と受ける前から…
自分が知っていた数少ない観光地の1つである、ピンナワラの象の孤児院です。キャンディから西へ30Kmほどいったところに位置するキャーガッラという街の北東にあります。

ピンナワラ01 ピンナワラ02

葉っぱを大量に積んだ…
車が自分の目の前を通りました。左記画像のような、親子の1食分の食料なのでしょうか。頭では分かっていても、目にするとさすがにビックリしますね。この量は…(;^^)

ピンナワラ03 ピンナワラ04 ピンナワラ05

こちらは孤児院ですので、色々なゾウが保護されております。
上段左は失明したゾウ、中央はゾウ同士でバトルして怪我を負ってしまったゾウ、右は地雷を踏んでしまい、膝下を失ってしまったゾウ…となります。長きに渡ったスリランカの内戦は、ゾウたちにとっても非常に厳しかったことを実感させられました。。。

ピンナワラ06 ピンナワラ07

先程とは異なり…
こちらはお目出度い?ゾウたちの様子となります。ちなみに、身体が大きいので、一見しただけでは判定しづらいでしょうが、画像左のゾウは妊娠中とのことです…(;^^)

ちなみに、ここで保護されているゾウたちは…
寺院やゾウ使いのもとに引き取られることになっているようですが、ピンナワラで生まれた親子くらいは一緒に長く生活させてあげたいところですね。

ピンナワラ08 ピンナワラ09

ピンナワラ10 ピンナワラ11

ピンナワラは観光地ですから…
左記画像の通り、お土産屋やホテルもあります。椅子にしても、建物の外観にしても…ゾウでイッパイです。

尚、上段左の絵は…
お土産の宣伝でもあるのですが、食糧に繊維が多い、草食動物のゾウだからこそ、可能なことでもあります。糞から紙へリサイクル…綺麗になるし、良いですね。ゾウさんペーパーを個人的なお土産として、キチント購入してきました♪w


水浴び01 水浴び02 水浴び03

上記画像の通り、こちらで保護されているゾウには川で水浴びする時間が設けられております。
1日2回、10時と14時から約2時間ずつ。自分たちは、15時チョット前に到着したこともあり、陽射しも強い時間…。とても気持ち良さそうに映ったのですが、1時間も川にいると、「さすがに飽きた…」というような仕種を見せるゾウもいました…(;^^)

水浴び04 水浴び05 水浴び06

水浴び07 水浴び08

ただ、動物園とは異なり…
十分なスペースを与えられているせいか、鼻を使ってジャレあう姿も見られます。カワイイですね。一方で、下段は怪我してしまうキッカケ?でもあるため、少しドキドキしました…。

水浴び09 水浴び10

時間が経つにつれて…
岸から眺めるだけでは物足りなくなってきたので、自分の方からゾウへ近づいてみることにしました。すると、人懐こいゾウが1匹やってきました。

餌やり01 餌やり02 餌やり03

上記画像の通り、スリランカ来訪記念として…
念願だった?餌やりを体験してきました。ゾウも空腹だったのでしょうか。凄い食欲振りで手や顔など、とにかくペロペロとナメられましたが、良い思い出です。気持ち良かったです…(;^^)。ただ、このような体験をしようとすると、対価が発生するのがスリランカ…。ここでも餌やりがしやすい位置で2人待ち構えてます…。外国人に対して、かなりボッタくる国ですから、同じような体験をしたい方は予め余分なお金を準備しておきましょう。。。


水浴び帰り01 水浴び帰り02 水浴び帰り03

水浴び帰り04

…その後、土産物屋で買い物をしていたところ、、、
災害発生時に耳にするような、けたたましいサイレンの音が聞こえました。「どうしたのだろう?」と思って外へ出てみると、今迄川で水浴びしていたゾウが檻へ戻る時間の合図でした。ここにいるゾウは比較的人間慣れしているとは思うのですが、ご覧の通り、歩道を占領してしまうほど、身体は大きく、屈強ですからね…(;^^)

ピンナワラといえば、子ゾウがミルクを美味しそうに飲む姿を見ることができることで有名です。
9時過ぎ、13時過ぎ、17時頃からの…1日3回、行われているのですが、折角の機会ですし、ここまで来たら見ておきたいところです。そこで、川から園内に戻ったゾウたちを見ながら時間を潰してました。

生後数ヶ月のゾウ01 生後数ヶ月のゾウ02 生後数ヶ月のゾウ03

生後数ヶ月のゾウ04

すると、「お客が少なかった」こともあってか、、、
飼育員の方に、「こっちへ来なよ!」と言われました。後を付いて行ってみたところ、「生後1ヶ月くらい」と言われているゾウがおりました。自分たちに対して、こんなにも愛くるしい表情を見せておりますが、両親はこの子を守るために列車に轢かれてしまったとのこと…。尚、画像の通り、これくらいの時期だと、まだミルクは飲めないようです。結構貴重な画像かもしれませんね。

子ゾウ01 子ゾウ02

上のゾウが成長すると…
左記画像のようにミルクを飲むようになります。鼻の上げ方やその表情の通り、実に美味しそうに飲んでます。これが見たくて、こちらへ立ち寄ったので、「待ってて良かったな…」と思いました。


今回を含め、11回に渡り、書き綴ってきたスリランカ旅行記(※新婚旅行記)でしたが…
如何でしたでしょうか。当旅行記を記載中に、「世界の車窓から」などのTV番組でスリランカを取り上げておりましたが、この国が旅先として魅力があることは確かで、今後観光客が増える可能性があることを自分たちは確信しております。

一方で、時間の関係もあり、コロンボやヌワラ・エリヤをはじめ…
今回の旅行中に廻ることができなかった街は多々ありました。正直な話、観光地の取捨選択が非常に難しかったことは確かです。スリランカを旅先として検討する際、誰もが実感することだと思いますので、こちらに記載されていることが少しでも参考になりましたら、嬉しい限りです。

最後になりますが、今迄自分は色々な国を旅してきましたが…
スリランカで初めて見たものや体験したこと、多々ありました。日本も含め、島国には独特の文化が残りますね。そのことを改めて実感させられた旅でもありました。

<Postscript>

ピリマタラワ01 ピリマタラワ02 ピリマタラワ03

復路便でも、スリランカ航空の機内食を撮ってみました。
この辺りの国を旅すると毎度のことなのですが、実はこの頃にはお腹が少し疲れを感じていて、「これを食べるのがやっと…」という状態で、味はあまり覚えておりません…(;^^)。余談ですが、成田空港から新宿迄…行きとはアクセスルートを変えて、成田エクスプレスを利用しました。今迄とは車両が変わったんですよね。そういえば。


- Entry Site -

にほんブログ村  BlogPeople  ブログ王

AlphaPolis  人気blogランキング  info-blogrank(article)  ブログ掲示板神奈川県

Thank you so much to read My Blog. I hope it's a fine day for you. See ya!

 

From the Same Category...

From the Same Date in a Different Year...

§記載者が過去を振り返りたくなったときのために掲載しております…m(__)m


Related Posts with Thumbnails